白髪サプリメントランキング!原因や予防・改善方法は?

白髪になる原因とは?予防・改善方法を解説!

白髪を一本見つけてしまうと、思わず抜いていませんか。その一瞬だけでも白髪がなくなると安心してしまいますが、白髪は加齢と共に必ず増えてしまいます。

白髪が出来る原因は、髪の毛を黒くする為に必要なメラニン色素を作っている毛根にある細胞(メラノサイト)の機能低下です。髪の毛が白くなってしまうのではなく、髪を黒くする細胞の機能が低下することによって白髪が生えてくるのです。

メラノサイトの機能が低下するのは、次のような原因が主になります。

加齢によるもの

老化により、メラノサイトの機能は衰えてしまいます。また更年期の女性では、女性ホルモンエストロゲンが減少しホルモンバランスが崩れ、血行が悪くなる事も白髪の一因となります。

更年期障害におすすめのサプリメント5選!ホットフラッシュに効く?

紫外線からのダメージ

紫外線を浴び続けると、細胞を酸化させてしまう活性酸素が作られます。活性酸素は、細胞にダメージを与え正常に機能が出来ないようにしてしまうのです。

毛根の血流不足によるもの

血液によって栄養は体の隅々まで運ばれています。しかし貧血や生活習慣病などが原因で血液の粘性が高いと血流が悪くなり、栄養や酸素が毛根まで届かなくなっているのです。

血流が悪くなる要因として、喫煙やアルコールの多飲なども挙げられます。またストレスでも自律神経が乱れてしまい、交感神経が優位に立つ事で血管が収縮し血流が悪くなってしまいます。

ストレスにおすすめの市販サプリメント3選!DHCやファンケルは?

睡眠不足によるもの

メラニンが作られるのは、睡眠中です。睡眠中は新陳代謝が行われ、メラノサイトの働きも活発になります。しかし、睡眠不足になるとメラノサイトは十分な働きが出来ないままになってしまいます。

食生活の偏り

ダイエットをしていたり偏食があったりすると、栄養が足りない状態になっているかもしれません。細胞に栄養が届かなければ、細胞は正常に機能出来なくなってしまいます。

白髪の予防と改善方法

白髪に気が付いたら早めに対処することで改善することも出来ます。髪の毛は抜けてから次の成長期となるまで3か月が必要です。毎日行えるような簡単な白髪の予防方法を紹介していきます。

紫外線を浴びない

白髪を予防するためには、紫外線をなるべく浴びないようにする必要があります。外出時には、帽子をかぶる、女性なら日傘をさして紫外線から頭皮を守りましょう。

頭皮のマッサージをする

頭皮の血行を良くすることも重要です。ブラッシングは血行を良くする為、力を入れすぎないようにして、前頭部などは同じ分け目にならないよう分け目を変えながらブラッシングします。

また入浴前にオリーブオイルなどを頭皮につけ、両手ではじくようにしながら頭皮マッサージを行なった後にシャンプーをするのも効果的です。

睡眠を十分に取る

睡眠中にメラノサイトは働きます。午後10時から午前2時に新陳代謝が活発になるとされる為、その時間に眠れると効果が期待できます。眠る前のスマホやパソコンは、睡眠障害の元になる為控えましょう。

白髪に有効な成分を摂る

白髪に良いとされる成分は次のようなもので、多く含まれる食品も合わせてご紹介します。

  • タンパク質:髪の毛はケラチンというタンパク質でほぼ作られている。魚、肉、乳製品など
  • チロシン:メラニン色素の材料になる成分。大豆製品、チーズなど
  • カルシウム:メラノサイトを活性化させる作用がある。乳製品、大豆製品、小魚など
  • 亜鉛:メラニン色素の生成に必要。牡蠣、うなぎなど
  • ビオチン:メラノサイトを活性化させる作用がある。レバー、ナッツ類など
  • イソフラボン:女性ホルモンのバランスを整える。大豆製品など
  • アントシアニン:頭皮の細胞に対する抗酸化作用が期待できる。黒ゴマなど
  • ゴマリグナン:腸内細菌によって分解されることで、女性ホルモンのバランスを整える。亜麻仁油や黒ゴマなど
  • グルタチオン:抗酸化作用が高く、細胞の機能低下を防ぐ。タンパク質、特に鶏肉や大豆に豊富

白髪に有効か分かっていない成分もある

一般的に髪に良いと言われる成分の中には、まだ効果が不明確な成分、有効と断言できない成分もあります。

その1つにシリカが挙げられ、確かに体にとって必要な微量元素の1つではあるものの、どのくらい摂取すればよいのか、本当に髪に効果的なのかどうかは分かっていません。

もう1つ注目を集めている成分が、ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンです。

頭皮に関連するものでは、成人男性の薄毛に多いAGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)への効果が分かっています。

東京医科歯科大学の研究によると
試験管で人工的に用意した細胞や実験用のマウスに対して、スルフォラファンはDHT(ジヒドロテストステロン)を分解する酵素の量を増やす働きがある

しかし現時点ではまだ、ヒトに対する効果は分かっていません。

白髪を増やさないために摂らない方が良い成分はある?

白髪を気にされる場合は、血液の粘度を高める原因にもなりがちなアルコールや過剰な脂質・糖分の摂取、塩分の摂りすぎは避けた方が良いでしょう。

どれも血流悪化を招き、寝ているとき以外は常に高い位置にある頭に十分な酸素を運べなくなる原因となります。

一番大切にしてほしいのは、脂質・糖分、塩分を過剰に摂らない、という点です。こうした成分の摂取を完全に止めるべきというわけではありません。

たとえば適切な量の脂質は体のエネルギー源となり、自然なうるおいの保持やホルモンの材料など体の機能を保つために不可欠です。

糖質や塩分も同様で、私たちの体が生きていく上では欠かすことのできない存在の1つです。糖質やタンパク質を制限しなくてはならない病気ではない限り、適切に摂ることが大切です。

しかし食べ過ぎれば脂肪として体内に蓄積され、別の病気を誘発する原因にもなりかねません。

特に脂質が多い揚げ物や脂身が豊富な肉類などが好きでたくさん食べる人は、少しずつ量を減らして頭皮の血流をよくしていきましょう。

子供の白髪が目立つときはどうすればいい?

子供の白髪が目立つときは、まず白髪がパラパラとまばらに1本ずつ生えているのか、それとも一部だけ、あるいは数カ所にまとまって生えているか確認してみましょう。

白髪がまばらに生えている場合は体質や遺伝が原因

白髪がまばらに生えている場合は、体質や食生活、紫外線による頭皮への刺激、時には遺伝が原因です。

元々の体質や遺伝によって、白髪が生えやすい子供もいます。目立つ場合はハサミを使って、根元から切り取るのがおすすめです。

無理に抜いてしまうと頭皮を痛めてしまい、髪の根元が傷ついて次に生えてくる髪が弱く細い髪になる場合があります。

またダイエットや偏食により、髪のもととなるタンパク質や髪を黒くする酵素を助ける亜鉛が極端に不足している場合は白髪の原因になることもあります。

貧血が起きてしまうと、髪への栄養が欠ける場合もあるため、普段の食事でタンパク質や鉄分ビタミンB12葉酸、亜鉛が不足していないかチェックしてみると良いでしょう。

そして紫外線による頭皮へのダメージが強い場合は、髪を黒くするメラニン色素を作ってくれる細胞が傷ついてしまい、働きが衰えて新しい髪が黒くならず、白髪が生えてしまう場合があります。

人間にとって日光を浴びることは、の覚醒を促し、ビタミンDの産生を促進する効果などがあるため、全く害があるわけではありません。

紫外線を浴びすぎないように、紫外線が強くなるとされる午前10時から午後2時までの時間帯に外出するときは帽子をかぶる、時には日傘を活用することで、頭皮へのダメージを防ぎやすくなります。

ストレスも白髪の原因になることがある

子供も進学などで慣れない環境に置かれたり、勉強やスポーツで自分を追い込んでしまったり、人間関係に苦しんだり、様々なタイミングでストレスを感じています。

最初に白髪の原因として、毛根の血行不足を説明しましたが、ストレスがかかり続けると自律神経の働きが乱れてしまい、体が常に緊張した状態を作り出します。

すると筋肉や血管が収縮し、頭皮の血行不足が起きることで、本来は髪の根元にある色素細胞へたどり着くはずの栄養分が不足してしまい、黒い色素が髪へ行き渡らず生えてしまうことがあるのです。

このような仕組みでストレスを感じることによって黒い色素が髪へ行き渡らなくなり、白髪が生えてきてしまうのです。

家ではストレスを感じていないように見えても、それ以外の場所でストレスを感じていることもあります。

自律神経が乱れると、他にも頭痛耳鳴り、動悸、息切れ、胃の不快感、下痢便秘、生理不順、肩こり、体の痛みなど様々な症状が起きることもあります。

たとえ普段の様子では本人がストレスを感じているようには見えなくても、こうした様々な症状に悩んでいないか様子をみてみましょう。

家庭内はもちろん、学校や本人にしか分からない理由でストレスがかかっていることもあります。

本人が白髪を気にするようであれば、白髪染めで黒く染めたり、白髪の数が少ないようであれば1本ずつこまめにカットしたりして、白髪そのものがストレスにならないようにすることも大切です。

まとまって白髪が生えている場合は皮膚科へ

まとまって白髪が生えている時は、尋常性白斑という皮膚の病気が原因となっている可能性があります。

これは皮膚を紫外線から守るためにメラニン色素を作ってくれる色素細胞(メラノサイト)が、何らかの理由で数が減ったり、消失したりすることで、肌が白く脱色してしまう病気です。

頭皮を含め体の様々な部位に起こり、範囲も広範囲であったり一部分だけ円形に白くなったりと様々で、乳幼児から高齢者まで幅広い年代で発症します。

頭皮に生じた場合、黒のメラニン色素がその部分では作られなくなるため、白髪がまとまって生えてくるのが特徴です。

生まれつきあるわけではなく、何らかの理由で発生する病気であり、子供の白髪の理由にもなります。

どのように起きるかはまだ分かっていませんが、自分の体が色素細胞をウイルスなどと勘違いして誤って攻撃している説や、神経の異常によるものとする説があります。

もし白髪がまとまって生えているのであれば、早い段階で皮膚科へ受診し、尋常性白斑か診断してもらうことをおすすめします。

甲状腺の病気や糖尿病など、内臓の病気と関連している可能性もあります。

尋常性白斑は全く治らないわけではなく、子供の体質や受けられる治療を考慮しつつ、さまざまな方法で治療を進めることで、少しずつ改善していきます。

適切な治療方法を見つけるためにも、医師への早めの相談が大切です。

白髪が気になる方向けサプリメントの選び方とは?

白髪に良いとされる成分が配合されたサプリメントか確認しましょう。しかし配合されている成分が書いてあっても、含有量が記載されていないサプリメントが多いのが現状です。

白髪に良い成分が少な過ぎても意味がありませんが、多いからといって良いサプリメントとは限りません。亜鉛やイソフラボンなどは過剰摂取になる可能性がある為、含有量の確認が必要です。

また男性には良いとされるノコギリヤシは、女性ホルモンのバランスを崩す可能性がある為、女性にはあまりおすすめ出来ません。男女が同じ成分を摂れば良いわけではないので、夫婦で飲む場合など注意しましょう。

ノコギリヤシサプリメントのおすすめ3選!効果、副作用は?

その他生活習慣病や貧血で血流が悪くなっている方は、まず血液をサラサラにしたり、血液を増やしたりする成分を摂取することで血流を改善してみましょう。若い方ならそれだけで効果があるかもしれません。

話題の「ブラックサプリ」は効果があるの?

「ブラックサプリ」は白髪に悩む人におすすめとされるサプリメントで、似たような名前のサプリメントもたくさんあります。

ただ、配合されている成分名については表記があるのですが、何がどのくらい入っているかは不明確なことがよくあります。

また白髪ができる原因は人によって異なり、上記に挙げられた老化現象によるメラノサイトの機能低下のケースもあれば、栄養不足や睡眠不足、ストレス、遺伝的疾患が原因の場合もあります。

それらすべての原因に対応できるサプリメントはなく、そういった医薬品も存在しません。

栄養不足が原因であれば効果がある可能性はゼロとは言い切れませんが、もしストレスや睡眠不足、あるいは疾患が原因であれば、別のアプローチが必要です。

ブラックサプリという名称を聞くと魅力があるように思えるサプリメントですが、安易に選ばずに、まずは白髪が増える原因を日常の生活習慣からできるだけ取り除くことも大切です。

また、サプリメントを選ぶ際は含まれている成分量や原材料名がはっきりと表記されているものを探しましょう。

成分によって副作用が起きる量が異なり、他の薬に影響を及ぼす可能性があるためです。

白髪サプリメントでシミは増える?

白髪サプリメントを使うとなると「色素細胞から黒いメラニンが増えるなら、シミが増えるかも?」と心配になる方もいるかもしれません。

しかし髪と肌におけるメラニンの生成方法は全く異なるので、白髪サプリメントを飲むことでシミが増える副作用の心配はしないでよいでしょう。

肌にシミができるのは、肌を守るために色素細胞が作り出したメラニンが、加齢や肌のターンオーバーの乱れにより適切に排出されず留まってしまうことが原因です。

一方で髪の色素細胞は、髪に良いとされる成分として紹介した「チロシン」というアミノ酸を原料に、亜鉛などのサポートを受けて髪を黒くしています。

頭皮の血行を促すことが白髪を改善する場合があるのは、チロシンや亜鉛など必要な栄養が色素細胞に届くことで、再びメラニンを適切に作り出せるようにしてくれるためです。

そのため白髪サプリメントを飲んだからといって、シミが増えてしまうわけではないのです。

美白サプリメントが白髪を増やす可能性はある?

美白サプリメントの摂りすぎが白髪に影響を及ぼすかどうかについては、摂取量をきちんと守りながら適切に飲む場合は無関係であり、影響を心配する必要はありません。

一方で因果関係も正確に判明していないため、過剰摂取した場合、万が一ではありますが白髪が増える可能性を完全に否定しきれません。

ただ実際に白髪への影響を懸念する口コミもいくつか見られてはおり、その理由としてL-システインが考えられます。

L-システインはアミノ酸の1種であり、メラニンの生成を抑制するほか、メラニン自体を無色化し、さらにメラニンの排出を促すため人気のある美白成分です。

この働きと白髪ができる理由を比べた時に「飲むと白髪が生えるかもしれない」という不安を抱える人が増えているのです。

確実に起きる副作用ではないこと、また因果関係もはっきりとしないことから、過剰に心配する必要はないものの「絶対に白髪のリスクを減らしたい!」という場合は避けるのもよいでしょう。

また美白効果については、ビタミンCビタミンEを適切に摂取した方が効果が高い、とも言われています。

より安全性の高さを重視するのであれば、美白効果についてはそうしたビタミンサプリメントを活用し、シミが増えるのを防ぐことがおすすめです。

白髪が気になる方におすすめのサプリメント!

白髪が気になる方へおすすめのサプリメントは、成分的にも含有量も問題ない製品です。口コミも併せてご参考ください。

男女どちらにもおすすめ エスロッソ グロースプロジェクトブラック

白髪に良いと言われている亜鉛・カルシウム・チロシン・イソフラボン・ビオチンなどを配合しており、配合量も過剰にならずおすすめです。男女関係なく飲め、1日の目安は6粒となっています。

ただ同じメーカーの育毛サプリメントのボストンと一緒に飲むとより効果的という口コミがありますが、ボストンにはノコギリヤシが含まれています。この白髪サプリメントは夫婦一緒に飲むことができますが、育毛サプリメントに関しては女性は女性用の商品を利用しましょう。

口コミ
・昔から白髪が気になっていたので購入した。2カ月を過ぎた頃から効果が出てきた
・恐ろしい速さで増えていた白髪が落ち着いた気がする
・女性が飲んでも問題がないとの事で夫婦で購入。少しずつ変化が感じられる
・半年使用した結果、気になっていた白髪がほとんど目立たなくなった

海外の白髪サプリメントが知りたい

海外産の白髪サプリメントの中から、iHerbなどを通して購入できるおすすめのサプリメントを紹介します。

まずはiHerbでのお得な購入方法をご紹介します。

iHerbでのお得な購入方法

栄養補給も兼ねたい方に、Country Life, Maxi-Hair, 2,000 mcg

毛髪や、肌が成長する過程で必要なマルチビタミンミネラルが配合されたサプリメントで、日頃の栄養不足が気になる方にもおすすめです。

特にメラノサイトを活性化させる効果があるビオチンが豊富なため、ビオチンを多めに摂りたい方にも向いています。

ただし日本産のサプリメントに比べると成分量が豊富なため、疾患の治療で薬を使っている方や、肝臓腎臓に負担をかけないよう食事制限を受けている方は、事前に医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

口コミ
・髪や爪の伸びる速度が早くなりました
・抜け毛が起きにくくなったが、タブレットが大きいので自分は飲みづらい
・髪にコシが出て、体調面でも気持ちよく起きられるようになった

DHCの白髪サプリメントは効果あり?

DHCからは白髪におすすめのサプリメントとして「ボリュームトップ」と「ミレットUP」が販売されています。

ただ白髪単独ではなく、脱毛にも効果がある成分が豊富で、どちらも女性が飲めるサプリメントです。

アレルギーのある人は要注意

「ボリュームトップ」のメインとなっているHTコンセントパウダーは、ジャガイモ粉末、菊芋粉末、メカブ粉末を合わせた成分のようです。

DHC独自の成分で、ジャガイモはビタミンCが豊富な食べ物の1つであり、菊芋はイヌリンという多糖類の1種とカリウムが豊富です。

またメカブは水溶性食物繊維のフコダインが豊富なため、腸内環境を整える効果が高いとされます。

ミレットUPに含まれるミレットエキスについては、サプリメントなどの形で飲むことに関する論文も少なく、アナフィラキシー症状が確認されています。

ボリュームトップも植物系の様々な成分が含まれているため、これまでに植物でのアレルギー経験がある人は、飲まないことをおすすめします。