乳酸菌サプリメントは下痢に効く?酵素や葉酸の効果は?

下痢になる原因とは?食事対策などの予防、改善方法を解説!

下痢とは、通常より水分の多い形のない便をいいます。腹痛を伴うことも多く、できれば避けたいものですね。

下痢を起こすのは、暴飲暴食による消化不良やお腹の冷え、アルコールや香辛料などの刺激物の摂り過ぎ、食中毒や風邪など細菌、ウイルスの感染、乳糖不耐症、食物アレルギー、さらに過剰なストレスも原因となります。

発熱を伴わない下痢の場合は、食べ過ぎや飲み過ぎが原因であることが多く、食中毒や風邪が原因の場合は、腹痛とともに発熱、嘔吐といった症状も見られることが多いです。

下痢を予防するために気をつけたいこと

下痢を予防するには、食べ過ぎたり飲み過ぎたりせず、冷たい食べ物や飲み物の摂り過ぎも控えるようにしましょう。

また、ストレスは、慢性的な下痢の原因になりやすく、ストレスをためないようにリラックスできる時間を作り、睡眠をしっかりとることも大切です。

下痢になってしまったら?

もしも下痢になってしまった場合は、まずは胃腸を休めるようにしましょう。

その際、脱水を起こさないように水分補給はしっかり行う必要があります。

冷たい飲み物は避け、湯冷ましやぬるめの麦茶、番茶などを少しずつ飲むようにしましょう。電解質の補給もできる経口補水液がおすすめです。

食事が摂れるようになったら、おかゆやくたくたに煮たうどん、野菜スープ、すりおろしたりんごなど消化の良い物から始めましょう。

たんぱく質の摂取は、脂肪分の多いものは避け、白身魚や鶏のささみ、卵の料理がよいでしょう。

また、長期にわたり下痢や腹痛、血便が続く場合、潰瘍性大腸炎や大腸がんなど病気が原因であることもあります。このような症状がみられる場合は早期に医療機関を受診し検査を行いましょう。

下痢に効く成分とは?乳酸菌が大切?酵素や葉酸はどう?

下痢の原因にはさまざまなものがありますが、そもそも下痢になりやすい人は、腸内環境が悪くなっていたり消化酵素が不足している可能性があります。

腸内環境を整える乳酸菌やビフィズス菌

腸内では、体に良い働きをする善玉菌、体に良くない働きをする悪玉菌、そのどちらにも属さない日和見菌といった腸内細菌が常に勢力争いを繰り広げています。

腸内環境を整えるために、善玉菌の代表である乳酸菌やビフィズス菌が有効です。乳酸菌やビフィズス菌が作り出す乳酸や酢酸は腸内を弱酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌の増えやすい環境を整えます。

善玉菌が増え、腸内環境が整うと腸管の蠕動運動も整い、下痢が改善されます。

消化を助ける消化酵素

何らかの影響でアミラーゼやリパーゼなどの消化酵素の分泌が不足すると消化不良の食物が腸を刺激して下痢を起こしやすくなります。

そのため、消化酵素を補うことで下痢が改善される場合があります。

酵素サプリメントのおすすめ2選!その効果とは?

血行を良くし、自律神経の働きを整える葉酸

下痢の原因として、体の冷えがあります。葉酸には、血行を良くする働きがあり、体の冷えの改善に役立ちます。

また、葉酸は自律神経の働きを整えるともいわれており、ストレスによる自律神経の乱れを整え、下痢になりやすい状況を改善します。

葉酸サプリメントのおすすめ3選!効果や比較する方法は?

サプリメントと整腸剤の違いとは?

下痢に効く成分を調べていくと、サプリメントにも整腸剤にも乳酸菌やビフィズス菌、消化酵素など同じような成分が含まれていることに気づくと思います。

サプリメントと整腸剤の大きな違いは、「食品衛生法」で規定される食品であるか、「医薬品・医療機器等法」で規定される医薬品・指定医薬部外品であるかの違いです。

健康食品は、食事だけでは不足しがちな栄養を補助する食品です。

食品であるサプリメントは、効能効果を明記することはできません(特定保健用食品、機能性表示食品では一部の効能効果の表示が認められています)。

医薬品・指定医薬部外品は、病気の予防や治療のためや不快感の緩和のために用いられるもので、その効能効果を表示することが国から許可されています。

サプリメントを使用しようか、整腸剤を使用しようか迷った場合は、すでに下痢の症状があり治療目的であれば整腸剤を、日ごろの健康の維持、増進目的であればサプリメントという使い分けができるのではないでしょうか。

サプリメントと整腸剤の違いとは?

下痢の方向けにサプリメントの選び方を解説!

細菌やウイルスの感染などではないストレスや生活習慣が原因の下痢は、腸内環境を改善して腸の働きを整えることで、下痢を予防したり改善することができると考えられます。

腸内環境を整えるサプリメントとして乳酸菌サプリメントがあります。

効果的にサプリメントを選ぶためには下記のようなポイントがあります。

効果には個人差がある、自分に合ったサプリメントを選ぼう

乳酸菌サプリメントと一口にいってもさまざまな種類の乳酸菌やビフィズス菌が使用されています。

腸内細菌の構成菌は人により異なり、合う菌、合わない菌があることを知っておきましょう。

2~3週間を目安に続けてみて、自分に合っているか判断するとよいでしょう。

生きた菌が腸まで届くサプリメントを選ぼう

乳酸菌は、死菌でも腸内の善玉菌のえさとなり、善玉菌を育てるために有益な働きをしますが、せっかく摂取するのであれば、生きたまま腸まで届いて活躍してほしいものです。

生きた菌を腸まで届ける工夫のあるサプリメントを選ぶと良いでしょう。

継続して飲めるサプリメントを選ぼう

乳酸菌サプリメントは毎日飲み続けることで腸内環境を整えます。サプリメントには、カプセルタイプや錠剤タイプ、顆粒タイプとさまざまな剤形があり、大きさにも違いがあります。

毎日苦なく飲み続けるには、自分の飲みやすい剤形や大きさのサプリメントを選ぶことも大切です。

下痢におすすめのサプリメント3選!

下痢におすすめのサプリメントをご紹介します。

酸や酸素に強いビフィズス菌を配合、森下仁丹 ヘルスエイド・ビフィーナS

森下仁丹のヘルスエイド・ビフィーナSは、顆粒タイプのサプリメントです。

比較的酸や酸素に強いビフィズス菌BB536を含み、さらに胃酸から菌を守るカプセル構造になっていて、より生きたまま腸まで届きやすくしています。

ビフィズス菌BB536は、健康な乳児から発見されたヒトの腸にすむ種類のビフィズス菌です。その他、ガセリ菌、アシドフィルス菌を含んでいます。

森下仁丹
¥3,856 (2019/10/14 12:32:38時点 Amazon調べ-詳細)

ビフィズス菌BB536を150億個配合、森永乳業 森永ビヒダスBB536

森永乳業のビヒダスBB536は、比較的酸や酸素に強く腸に生きたまま届きやすいといわれるビフィズス菌BB536を使用したサプリメントです。

1日の目安摂取量2カプセルにヒトに適しているといわれるビフィズス菌BB536が150億個配合されています。

森永乳業
¥3,670 (2019/10/13 22:36:36時点 Amazon調べ-詳細)

16種類もの乳酸菌を使用、健康いきいき倶楽部 乳酸菌革命

乳酸革命は、16種類もの乳酸菌を使用したサプリメントです。
酸に強い有胞子乳酸菌と耐酸性カプセル使用で生きたまま腸まで届きやすく工夫されています。

配合されている乳酸菌の種類が多く、自分の腸内環境にマッチした乳酸菌が含まれている可能性がアップしますので、他のサプリメントで効果がみられなかったという人におすすめです。