酵素サプリメントのおすすめ2選!その効果とは?

そもそも酵素とは?

酵素とは体の中で合成され、消化や代謝などの化学合成の触媒となるタンパク質の1種です。他の栄養素と異なり、分解や運搬などの役目を担っています。

栄養素を「材料」とすれば酵素は「物を作る人」に当たります。どんなものでも、材料を用意しただけでは完成しないように、栄養を摂取しても酵素が無ければ消化や代謝は行われません。

そして酵素は働く役割がそれぞれ決まっており、およそ13,000種類以上もあると言われています。

酵素には人間の体内にもともと存在する体内酵素(消化酵素と代謝酵素)のほかに、人間以外の生物に存在する体外酵素に大別されます。

特に重要なのは、消化や吸収、代謝に関わる体内酵素であり、これらは人間の体の中で継続して作られ続けています。

酵素にはどのような効果がある?

酵素の大きな役目の1つが、食べたものを消化することです。でんぷんやタンパク質、脂質それぞれを分解する酵素が存在しており、日々働いています。これを消化酵素と呼びます。

また吸収された栄養をエネルギーに変え、人間が活動できるようにする働きには代謝酵素がかかわっています。

このほかに、体を成長させる働き、調節機能、風邪など病気にならないよう免疫機能を正しく反応させる働きがあります。

体の中で起こるありとあらゆる反応に関係するため、たとえば加齢とともに酵素を作り出す能力が衰えると、消化や代謝能力が低下してしまいます。

特に食べ過ぎや過剰に食物繊維を摂るなど栄養が偏ると、消化酵素がどんどん消費されてしまい、エネルギーを作るための代謝酵素も不足していきます。

この2つの酵素のバランスをとることで、病気や老化を防ぎやすくなるとされています。

しかしそんな大切な酵素ですから、人間の体の中では必要な量をしっかり作る仕組みがもともと備わっています。

従って酵素を体内に摂り入れるのではなく、酵素を増やすような体作りや食べ方に気をつけることが、大切なポイントとなります。

酵素サプリメントの飲み方と適切なタイミングとは?

食品由来の酵素サプリメントを活用して消化を助けてもらうということについては、まだまだ議論の余地が多く、必ず効くとは言い難いのが現状です。

もし酵素サプリメントを飲むのであれば、消化器官に負担をかけない飲み方をすることがベストです。

酵素が丁度よく働ける温度は、35度から40度です。また酵素は基本、pHが中性にあたる位置で最もよく働きます。

そのためできれば常温の水かぬるま湯で、食事をする前に飲むか、1日2粒以上飲むのなら食前と食後に分けて飲むようにしましょう。

酵素サプリメントに副作用はあるの?

サプリメントというと、副作用があるかどうかが心配になる人も多いでしょう。

酵素サプリメントの場合、原材料は生の野菜やフルーツなど、食材がメインとなっています。そして酵素自体も、タンパク質が原料の物質です。

もしこれらの原材料にアレルギーがあった場合、酵素サプリメントではあっても、そのアレルギー反応が出てしまう可能性はゼロではありません。

またドリンクタイプの酵素サプリメントの場合、効果を期待して飲みすぎてしまうと、食物繊維が豊富なドリンクも多いので下痢や便秘を引き起こす場合もあります。

生酵素と呼ばれるサプリメントの場合、粗悪なものは下痢便秘の原因にもなりかねません。

実際、酵素サプリメント(酵素食品)に関する健康被害の相談は、国民生活センターに数多く寄せられています。

2017年度の発表によると、健康食品に関する危害情報は1,847件で、そのうち酵素食品は15.4%を占める284件が報告されています。

飲もう、と決めたら、酵素サプリメントは内容や原材料、販売会社、製造元、解約規定などを厳しくチェックするのがおすすめです。

妊娠中・授乳中にも飲んで大丈夫?

体形キープや体調管理のために妊娠中授乳中にも酵素サプリメントを続けたい、と考える人もいるかもしれません。

サプリメント全般にも言えることですが、妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫かどうか、という点において、病気の治療に使われる薬のような試験が行われていないことがほとんどです。

つまり、飲んだ時にどんな危険性があるのか、どんな効果があるのか、分かっていないことがほとんどなのです。

たしかにサプリメントは日本国内産であれば、食品の範囲です。

食品でも食べ過ぎればもちろん害になりますし、成分をぎゅっと凝縮したサプリメントは、より一層、成分として過剰摂取になる可能性があります。

たとえばビタミンAでも摂りすぎると骨がもろくなってしまう、肝臓に障害が起きる、といった副作用をもたらします。

妊娠中や授乳中は、サプリメントを活用するのなら妊娠中・授乳中に飲むこと前提としたサプリメントを選び、きちんと医師へ飲んでも良いか質問することが大切です。

酵素サプリメントが効く人と効かない人の違いとは?

酵素サプリメントに限らず、サプリメントは足りない栄養素を補う役目を持っています。

普段からきちんと食事バランスを気にかけている人、カロリー数を腹八分目にキープしている人、小食という人は体の中の酵素が十分に働いている人が多いのです。

こうした人は、酵素サプリメントが効きにくいと言われています。

同じ理由でまだ若い10~20代で酵素サプリメントを飲み始めても、十分な量の酵素が作り出されていることから、代謝効果を高めることは難しいと考えられます。

酵素サプリメントを飲むことに対し効果を実感できるのは、酵素の働きが衰えてくる30代以降が多いとされています。

しかしこれもまた、確実性は全くありません。

何故なら酵素はタンパク質であり、摂取した際に消化器官で吸収され、そのまま単なるタンパク質として処理されてしまうためです。

海外と日本の酵素サプリメントは違う?

海外と日本では、サプリメントに対する法律や扱い自体が違うのはよく言われることです。

海外では動物由来などの酵素のみが含有されており、消化不良を改善することで、食事の際に胃腸に負担をかけにくくする効果があります。

酵素の名前もすべて表記されているものが多いので、酵素ごとにもつ働きをそれぞれ期待することができます。これが、日本の酵素サプリメントとの大きな違いです。

日本でも、この海外の酵素サプリメントに使われている成分で作られた製品はもちろんあります。

たとえば、パンクレアチンやリパクレオン、ベリチームといった内服薬は消化酵素製剤と呼ばれ、消化異常症状の改善に効果があるとされています。

しかしそれらはすべて「医薬品」の扱いであり、日本においてサプリメントに「酵素」を配合することはできません。

では日本で販売されている酵素サプリメントが何かというと、簡単に言えば「発酵食品」です。漬物やヨーグルトと同じようなものです。

そのため「お通じを良くする」という効果が期待できるので、お通じが貯まっていて下腹部がポッコリしている人や、消化不良が原因とする体重増加に悩む人にとってはダイエット効果が期待できます。

しかし、もともと皮下脂肪がたっぷりついているタイプの人や、血液のめぐりが悪くなりむくみによって太っている場合は、酵素サプリメントにおけるダイエットの効果はあまり期待できません。

ダイエットサプリメントのおすすめランキング!効果や副作用は?

ファンケルやポーラ、ベルタなど、大手が発売する酵素サプリメントもこれは同様です。

そのため国産の酵素サプリメントの場合は、どれも発酵食品として捉えた方が良いでしょう。

酵素ダイエットって何?ファスティング(断食)について知りたい

こうした酵素にかかわるとして、酵素ダイエットというものがあります。酵素ファスティングとも呼ばれており、女性たちから手軽なダイエット方法として注目されています。

そもそもファスティングは断食という意味を持ちます。断食と言うと、修行の1つとして食べ物を断つイメージがありますが、ダイエットの場合はそうではありません。

1週間ほどかけてゆっくり食事の数を控えめにしていき、実際のファスティング期間の間は3食をすべて酵素ドリンクに置き換えることで、1日当たりの摂取カロリーを減らしていきます。

必要な栄養素を酵素ドリンクから補給しながら、内臓を休めることで、もともと持っている消化のエネルギーをフル活用することで、体内脂肪を燃やすのが目的です。

脂肪自体を減らせるほか、体内の余分な水分や腸内環境の改善効果が期待できるとして、注目度の高いダイエットです。

しかし摂取カロリーががくんと減ってしまい、体調がすぐれない状態になること、授乳中や妊娠中には赤ちゃんへの栄養が不足してしまうことなど、危険も多いのが事実です。

そのため体調が安定している日に行い、トライする場合はファスティングの専門家や、ダイエットに関する相談にのってくれる医師などに相談してから行うことが大前提です。

このファスティングで痩せた場合も、酵素ドリンクを飲んだから痩せたわけではなく、食事量を減らして痩せただけで、酵素ドリンクやサプリメントを飲んだからといって、痩せるわけではありません。

酵素サプリメントで太るというのは本当か知りたい!

ですがこのファスティング、反対に太ってしまった、という意見もあるのが確かです。

酵素サプリメントを飲んだから大丈夫、と安心してたくさん食べてしまったり、ファスティング後に暴飲暴食してしまいリバウンドを起こすのが主な原因です。

一方で、酵素を太るために活用していることもあります。消化酵素を直接摂ることで、タンパク質など栄養素を消化・吸収しやすくする方法で、太るプログラムに取り組む人もいます。

ただ日本ではこうした酵素を含むサプリメントが販売されていないため、海外から輸入することになります。

 

酵素サプリメントと生酵素サプリメントの違いって?

酵素サプリメントと生酵素サプリメントの違いは、製造段階で加熱処理を行ったかどうかによるものです。

酵素はそもそも、タンパク質で合成された存在なので、熱に非常に弱くおよそ48度以上の熱でその働きを失ってしまいます。

酵素サプリメントの場合、製造段階で消毒などを含め、加熱されてしまうことで酵素が変質しているものもあると考えられます。

また生酵素サプリメントの場合は、非加熱製法や低温処理がなされたサプリメントで、酵素の働きをそのまま摂り入れられる可能性もあります。

酵素はタンパク質で構成されているため、生酵素サプリメントでも酵素サプリメントでも、摂取時にアミノ酸へ分解されてしまいます。

「生の酵素をたっぷりとれる!」「酵素を100種類配合!」など、酵素に関して誇張表現をしているサプリメントは、避けた方が無難でしょう。

ドリンクタイプとサプリメントタイプの違いは?

酵素サプリメントというと、いわゆるタブレットやソフトカプセルに入っているタイプと、ドリンクタイプの2種類があります。

酵素ドリンクはハーブや植物、果物等々が元となりますが、そのままだと発酵する可能性もあるので、加熱処理されていることが大半です。

またあくまでも食品であり、分類としては清涼飲料水なので、植物やハーブの苦みを消すために糖類がたくさん含まれています。

酵素が限られた環境でしか生きていけないのは先に述べた通りなので、ほとんどのものは加熱処理を通過した過程で酵素は失われていると考えられます。

一方でタブレットやソフトカプセルに含まれる酵素は大丈夫かと言われたら、加熱処理を受けている可能性も高いため、こちらも酵素の働きが失われている可能性があります。

しいて言えば、継続して手軽に飲むならタブレットやソフトカプセルタイプ、ファスティングなど飲むことでおやつ替わりにするなら酵素ドリンクがおすすめです。

酵素サプリメントのおすすめ2選!

ここでは、できる限り誇張表現がなく、消化にも負担がすくない2つの酵素サプリメントを紹介します。

無料で8日間お試し可能、万田酵素株式会社 万田酵素

酵素サプリメントではなく、発酵食品という捉え方で販売されている、ペースト状の酵素サプリメントです。

味噌や納豆といった発酵食品と同様に、3年3か月以上の長期期間の発酵と熟成を経て、植物性の原材料のみを使用しています。

摂り続けることでじっくりと効果が出てくるものであり、何より消化に負担が少ないと考えられます。

口コミ
・胃もたれなどがせず、心地よく活動できます
・8日間無料お試しを使って、それ以来続けています

ドリンクタイプ、エリカ健康道場 優光泉

植物性の発酵飲料で、旬の国産野菜を中心に使用し、発酵熟成を経て作られるドリンクです。

ファスティング(断食)向けの飲料ではありますが、返金保証も非常にしっかりしており、通販が不安という人でも注文しやすくなっています。

野菜の栄養分などを濃縮抽出しておらず、原液そのままの味を楽しめます。

口コミ
・飲み始めてから代謝が良くなったのか、サイズダウンに成功しました
・断食に挑戦することになり、そのオトモとして活躍してくれました
・野菜と聞いて身構えていましたが、味も美味しくて飲みやすかったです