糖尿病におすすめの市販サプリメントランキング!禁忌の成分は何?

そもそも糖尿病とはどんな病気?

よく知られているのは、文字通り「尿の中に糖が混じる病気」なのですが、厳密には「血液の中の糖(血糖値)が多くなりすぎる病気」と言ったほうがより正確です。

糖尿病になると、血糖をコントロールする「インスリン」というホルモンの分泌が少なくなります。そうなると、本来であればエネルギーや体脂肪に変化したりするはずの「糖」が、血液中に溜まってしまいます。

糖尿病が進行すると、血管や神経が弱くなります。目や手足の先などに多い細い血管や神経がダメージを受けるため、失明や手足の壊死を起こすこともあるのです。

自分でできる糖尿病対策とは?

糖尿病の予防に大切なのは、バランスのよい食事と運動の習慣です。

食事面で大切なのは、糖質(ごはん、パン、麺、お菓子など)を食べすぎないこと。そして、野菜などの食物繊維を十分に摂取することが重要です。

摂取した糖質は、運動で消費することで糖尿病を予防することができます。

最近では、糖尿病や血糖値対策のサプリメントもあります。食事や運動と合わせて使えば、さらに効率よく対策ができるでしょう。

糖尿病になったらサプリメントはどうすればいいの?

もし万が一糖尿病になったら、これまで飲んでいたサプリメントであっても、必ず糖尿病の治療に関わる医師や看護師に相談しましょう。

何故ならサプリメントの中には、今後使う糖尿病の治療薬の効果を妨げる、あるいは増強するものも含まれるためです。

参考 サプリメント類の使用状況とその問題点J-STAGE

たとえば糖の吸収を穏やかにする難消化性デキストリンを含むサプリメントは、治療薬の1つα-グリコシターゼ阻害薬と同じような作用を示します。

両方とも使用することで、予定された血糖値より低くなりすぎてしまい、を動かすのに必要な栄養が行き届かなくなるかもしれません。

また体調不良が起きた場合、サプリメントで健康被害が起きたのか、それとも糖尿病やその他の病気が原因なのか分からなくなってしまいます。

糖尿病と診断された場合は、普段から飲んでいるサプリメントは一旦ストップして、必ず治療を受ける病院のスタッフに相談してから使用しましょう。

糖尿病になったらしてはいけないことはある?

糖尿病になったら、まず血糖値を上げやすいパンやうどんなど粉を使った食品、糖分を多く含む甘いお菓子を大量に食べることは控えましょう。

暴飲暴食にならないよう、ストレスを溜めない工夫も必要です。

また薬を自己判断で飲むのをやめたり、治療を諦めたりすることも避けましょう。治療時に不安なことがあれば、必ず医療機関に相談したうえで、その後の対応を検討することをおすすめします。

市販薬に注意しよう

糖尿病になった方は日常生活において、市販薬にも注意が必要です。

たとえば風邪薬に良く配合されているプソイドエフェドリンやメチルエフェドリンなどは、交感神経を刺激する作用があり、鼻詰まりを治療する効果を持っています。

しかしこの交感神経を刺激する作用が肝臓でのグリコーゲンの分解を促進してしまい、血糖値の上昇を招きます。

参考 糖尿病と薬の服用ドクターズプラザ

また葛根湯に用いられるマオウ(麻黄)という漢方薬にも、同様の効果があるため、漢方薬だから安心というわけにはいきません。

ほかにも胃薬に含まれる炭水化物消化酵素(ジアスターゼ)が、内服している薬によっては作用を打ち消してしまい、糖尿病の治療に影響する恐れがあります。

糖尿病の方が市販薬を利用した結果、副作用が発生した例として後遺症の発症や死亡も確認されています。

市販薬を購入する際は必ずその薬局やドラッグストアの薬剤師に相談し、糖尿病の人が飲んでも問題ない薬かどうか調べてもらいましょう。

血糖値が気になる人向けの商品に注意!

市販の商品には「血糖値が気になる人向け」と書いてある特定保健用食品などが多く販売されています。

しかしこうした特定保健用食品を糖尿病で治療中の方が使うと、反対に血糖値を下げ過ぎてしまう可能性があります。

自己判断で取り入れず、必ず糖尿病の治療に関わる医師や看護師へ相談してから取り入れるようにしましょう。

低血糖症状に注意しよう

人間の体にとって血糖値が正常であるということは脳にきちんと栄養が届き、脳が活動するための環境が整っているということです。

しかし低血糖状態になると、脳細胞が正常に働けなくなり、発汗や手足の震え、不安感、吐き気などが生じます。

ますます血糖値が下がると意識障害や、突然の意識消失による転倒等も発生します。

ただし低血糖症状の予兆は人によって手が震える人もいれば、急に不安になる人、吐き気が起きる人もおり、個人差があります。

初期対応ができるように、疑わしい症状があった場合にどうすればよいか、自分の日常生活に合う対処が出来るように、あらかじめ医療機関で相談しておくと良いでしょう。

自分でできる糖尿病対策とは?

糖尿病対策になる成分とは?

糖尿病対策のサプリメントには、大きく分けて3つの種類があります。

1つ目は、糖の消化・吸収を抑えるタイプ。食物繊維の一種である「イヌリン」や「軟消化性デキストリン」といった成分が、このタイプです。

2つ目は、糖を分解する酵素の働きを抑えて、吸収を遅らせるタイプ。「サラシア」や「桑葉」はこの種類の成分です。

3つ目は、インスリンの働きを促すタイプ。体内環境を整える「乳酸菌」や、ゴーヤに含まれる「チャランチン」などが注目されています。

体質によって合う・合わないがありますので、成分を見て選ぶのがいいでしょう。

魚やDHAも効果があるって本当?

現時点では、糖尿病に対しDHAのサプリメントが必ずしも効果を発揮するとは言えないという調査結果が、オックスフォード大学をはじめとする研究チームより報告されています。

参考 ASCEND: A Study of Cardiovascular Events iN Diabetes: Characteristics of a randomized trial of aspirin and of omega-3 fatty acid supplementation in 15,480 people with diabetesScienceDirect

一方で魚そのものについては、国立がん研究センターなどが実施した研究より、男性は魚介類の摂取が多いほど糖尿病発祥のリスクが低下する傾向が見られました。

参考 Fish intake and type 2 diabetes in Japanese men and women: the Japan Public Health Center–based Prospective StudyOXFORD ACADEMIC

40歳から75歳の5万2,680人を対象に調査したこの研究では、1週間当たり最大で男性なら172g、女性なら163gの魚を食べていました。

こちらの調査では、魚をたくさん食べる群とそうでない群で比較すると、糖尿病のリスクが27%低下することが分かっています。

そのため魚の成分やDHAの補給を検討するなら、サプリメントよりも生魚や脂質の豊富なイワシやアジ、サバ、サンマ、サケなどを食べるように心掛けた方が良いでしょう。

マグネシウムが糖尿病予防に効果的?

マグネシウムと糖尿病の関係性については、マグネシウムがインスリンの働きを良くすることで糖尿病予防に繋がる可能性がある、とアメリカやヨーロッパなどの研究では報告されています。

しかし国立研究開発法人である国立がん研究センターによると、日本を含むアジアで行われた研究では、全体的に見ると糖尿病発祥とマグネシウム摂取において優位な関係は認められませんでした。

男性においては、わずかではあるもののマグネシウムの摂取が十分だと糖尿病予防の可能性があると分かっています。しかし確実にリスクが低くなるとは限らない点に注意しましょう。

マグネシウムを豊富に含む食材として、蕎麦の実やバナナ、海苔など海藻類、大豆、麦など雑穀、いちじく、納豆、とうもろこし、しいたけ、魚介類、おくらやごぼうなど様々です。

特に海藻類は食物繊維も豊富で低カロリーなため、糖尿病予防におすすめと言えるでしょう。

また普段からこうした食品群を摂る機会が少ない方は、サプリメントも1つの方法として検討するのも良いでしょう。

参考 マグネシウム摂取と糖尿病との関連について国立がん研究センター

糖尿病におすすめの市販サプリメントランキング!

口コミでも有名な、おすすめの糖尿病対策サプリメントを紹介します。食生活や運動の習慣の見直しと合わせて、気になる血糖値をケアしていきましょう。

軟消化性デキストリン配合の特定保健用食品、大塚製薬 賢者の食卓

食物繊維の一種である「軟消化性デキストリン」を含む、特定保健用食品です。飲み物などに溶かして、食事と一緒に摂取します。

難消化性デキストリンは、糖の消化や吸収を邪魔することで、血糖値の上昇をおだやかにすることが期待されます。糖尿病のケアだけではなく、お腹がすきにくくなったという口コミもあります。

食物繊維は普段の食事でも不足しやすいので、積極的に摂取したい成分です。

口コミ
・空腹時の血糖値が1カ月で170から127に下がった
・個包装なので出張先でもすぐ飲めて便利
・お通じもよくなったし体重も減った

サラシアで糖の吸収をおだやかに、小林製薬 サラシア100

「サラシア」という植物から抽出される成分「ネオコタラノール」を配合し、糖を分解する酵素である「α-グルコシダーゼ」の働きを抑える特定保健用食品です。

食事の前後に摂取することで、糖の吸収をおだやかにし、血糖値の急上昇を防いでくれると言われています。「1回1粒」という手軽さで、続けやすいという声も。

口コミ
・HbA1cが安定してきた
・炭水化物をもともとたくさん食べる人には向いているかも

青汁に有効成分を配合、ミナト製薬 くわde青汁

桑の葉から作られる青汁に、抹茶や乳酸菌、各種ビタミンなどを配合した健康食品です。難消化性デキストリンを含んでいるため、糖の吸収を遅くして、血糖値の上昇を抑えることも期待できます。

ビタミンも含まれているので、忙しくて野菜が不足している方の中には、朝食のサラダ代わりに飲んでいるという方もいらっしゃいます。

口コミ
・くせがなくて飲みやすい
・体重が少しずつ減っており体が軽くなってきた

注目のチャランチン、DHC 甘バランス

桑の葉エキスや、苦瓜抽出エキスなどを配合したサプリメントです。苦瓜のエキスには注目の成分である「チャランチン」が含まれており、インスリンの働きを促すと言われています。

タレントの叶美香さんも使用しているということで知られているサプリメントです。一日3回の食事の前に摂取しましょう。

口コミ
・薬草のような匂いがして苦手な人は苦手だと思う
・食事の前に飲むようにしたら血糖値が上がりにくくなった

サプリメントを使用する際に注意したいのは「これさえ摂っていれば、あとは何もしなくてもいい」というわけではないという点です。

サプリメントはあくまで「補助」ですので、食事の内容や運動の習慣を見直しつつ、さらに効率的な対策のために活用することを心がけましょう。