テストステロンサプリメントのおすすめ2選!効果・副作用を解説!

そもそもテストステロンとは?その効果を解説!

テストステロンはコレステロールを原料に作られる男性ホルモンで、男性の場合はその95%が睾丸、残りの約5%ほどが副腎で作られています。

筋肉や骨の組織を強固にするほか、性機能の正常化、判断力や認知力に大きな影響を与えます。

いわゆる「男らしい」と言われるスパッとした決断力や頼りがいのある性格の源も、テストステロンと言われています。

一方、女性の場合は男性の10%以下しか作られていないとされます。

テストステロンは女性にも良い効果があるって本当?

女性に対するテストステロンの効果として、更年期に入ってからの筋力を維持し、認知力や判断力をサポートする効果が期待できます。

更年期に入ると女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、代わりに男性ホルモンの割合も増えてくるためです。

現在テストステロンが治療として効果的とされるのは、HSDD(性的欲求低下障害)のみとされています。

テストステロンを増やす方法をまとめました!

テストステロンを増やすために必要なのは「運動」「日光浴」「栄養バランスの摂れた食事」「十分な睡眠」「ストレス解消」です。

そもそもテストステロンは体の中でコレステロールを原料に作られますが、それには肝臓元気であり、なおかつコレステロールが作られても高コレステロール血症などにならない健康を維持することが大切です。

そのためには運動や栄養バランスのとれた食事、そして十分な睡眠が欠かせません。特に睡眠不足が1週間以上続くと、テストステロン値が減少します。

また筋トレを続けると、テストステロンを増やすだけでなく、テストステロンを受け取る受容体が増えるため、より筋肉が増えやすくなり、テストステロンの量も維持しやすくなります。

テストステロンを増やす成分はある?エビデンスもご紹介!

テストステロンを増やす効果が期待できる成分について、いくつかご紹介します。

マメ科の植物、テストフェン

運動はテストステロンを増やすためにも欠かせないことであり、テストフェンはそのトレーニングの後押しになる成分です。

学術誌Journal of Sport and Health Scienceによると
2016年に行われた研究では、フェヌグリーク由来のテストフェンのサプリメントを1日2回、60名の男性に提供し、決められたトレーニングを行った結果、血液中の遊離テストステロンが高まった

亜鉛

亜鉛は貝類などの食品に含まれていますが、男性の1日あたりの目標摂取量は成人で10mgと多めのため、不規則な食生活の人は不足している可能性が高い微量栄養素の1つです。

学術誌Biological Trace Element Researchによると
血中テストステロンの量と、毛髪の組織に含まれる亜鉛やの量は比例しており、亜鉛の栄養素量が少ない人はテストステロンの合成も少ない可能性がある

アリシン

タマネギやニンニクに豊富な栄養素で、毛細血管を広げて体の血行を良くするほか、疲労物質を体内で分解し疲労回復や体力増強効果がある栄養素の1つです。

また体内でエネルギーを生み出す時に欠かせないビタミンB1の吸収も高めてくれるため、滋養強壮作用を高める効果もあります。

テストステロンを下げてしまうのは?

血糖値が上昇しすぎると、テストステロンが減少することが分かっています。

血糖値を上げやすいのは、糖質を豊富に含み、なおかつ吸収されやすい食品です。

たとえば菓子パンをほとんど噛まずに食べる、栄養ドリンクを毎日飲むなど、血糖値を急激に上げる行動はテストステロンのためには控えた方がよさそうです。

テストステロンを増やす成分はある?エビデンスもご紹介!

テストステロンサプリメントの選び方を解説!

テストステロンサプリメントを選ぶときに注意したいのは、次の3つです。

  • テストステロンを摂取できると宣伝するサプリメントは避ける
  • 成分量や原材料がはっきりと分かるものを選ぶ
  • まずは運動や食生活の改善、睡眠時間の確保から始める

まず、テストステロンサプリメントと呼ばれるサプリメントは、あくまでもテストステロンそのものを摂取するのではなく、テストステロンを増やす可能性がある成分を使用したものです。

栄養素は体内に入った後、必要な箇所に運ばれて消費されるため、確実にテストステロンを増やしてくれるとは限りません。

したがって、テストステロンサプリメントを使用した場合も、運動や食生活の改善、睡眠時間の確保といったテストステロンを増やすための基本的な行動をとることを忘れないように心がけましょう。

海外のテストステロンサプリメントの特徴とは?

海外ではテストステロンを増やす効果があるサプリメントとして、テストステロンブースターと呼ばれるサプリメントなど、様々なサプリメントがあります。

また成分量も日本より多かったり、価格帯が安かったりと、継続して摂取する際にはお得になる面もあるのが特徴といえます。

テストステロンブースターとして販売されているサプリメントに、テストステロンを増やすような効果はほとんど期待できないのではないかという指摘もあります。

医学雑誌The Journal of Urologyによると
Google検索を用いて調べた上位50種類のサプリメントに含まれる成分を調べたところ、有効な効果の可能性がある商品は12%のみであった。その中でも成分そのものにおいて、厳密にテストステロン増加に対して有効性が示されたのは、フェヌグリークとシラジットのみだった

ここで問題視されているのは、効果がない可能性だけでなく、人体へ有害な影響を及ぼす可能性があるサプリメントも多く含まれている点です。

また海外での摂取基準に合わせて作られているため、日本人が使用するにはビタミンやミネラルといった成分量が多すぎる危険性があります。

もちろん日本産のサプリメントであっても、必ずしも全ての成分が明らかになっているとは限りません。

テストステロンサプリメントだけでなく、自分自身にとって有害な成分が入っている可能性を忘れずに選ぶことが大切です。

ドーピング対策が必要な人は注意

海外産のサプリメントの中には、ドーピングにかかってしまうような成分を含むものも存在します。

そのため、基本的には避けるか、もしくはアンチ・ドーピングの第三者機関による認定を受けているメーカーのものを選ぶようにしましょう。

テストステロンサプリメントのおすすめ2選!

テストステロンの原料となる成分を含んだ、毎日の生活をサポートしてくれるサプリメントを2つ紹介します。

中高年におすすめ、ファンケル 効年(こうねん)

古くからマレーシアで用いられてきたハーブのトンカットアリ、男性の活力に効果があるとされる山芋のほか、不足しがちな亜鉛10mgとビタミンD25μgを配合したサプリメントです。

男性向けの成分を抑えながら、不足しがちな亜鉛やビタミンDを補いたい方におすすめです。

口コミ
・実感まで少し時間は必要
・栄養補給もかねて使えるサプリメント
・ビタミンDの不足を補いたかったので

日本産マカに興味がある方に、TENGAヘルスケア 活力

ヒスジンやアルギニンといった栄養素がより豊富に含まれる日本産マカや、性欲などに効果があるとされるテストフェンが配合されたサプリメントです。

公式でも3カ月以上がおすすめとされ、定期購入コースもありますが、1袋からの購入も可能です。

口コミ
・飲むときの臭いや味はかなりきついので好みが分かれそう
・寝起きがすっきりする