シミそばかす市販サプリメントの人気ランキング!効果口コミはどう?

そもそもシミの原因とは?どんな種類がある?

シミについて、少しおさらいしてみましょう。

シミの原因とは?

シミとは、皮膚の中にメラニンが蓄積されて沈着し、地肌に比べて濃く見える部分のことです。シミの主な原因は紫外線ですが、たばこやストレスにも因果関係があります。

シミにはどんな種類がある?

シミにもさまざまな種類があり、そばかすもその1つであることはご存じでしょうか。

出来る原因などにより、次の4つの種類に分かれます。

日光黒子(にっこうこくし)

日光性黒子、老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)とも呼ばれており、一番多くみられるシミ。顔以外にも、露出の高い手、腕、背などにもあらわれる。中年期以降に増加し、主に紫外線が原因とされている。

雀卵斑(じゃくらんはん)

そばかすとも呼ばれている。頬や鼻の周りに直径数ミリ以下の小さな丸い斑点が多く出る。遺伝性が強く、思春期に特に目立つ。

肝斑(かんぱん)

女性ホルモンが関係して発症し、女性の顔に多くみられる。30~40代がピークで、高齢女性ではほとんどみられない。やや大きめの薄褐色で、頬骨に沿って左右対称にあらわれるのが特徴。

炎症後色素沈着

化粧品によるかぶれ、やけど、ニキビなどの炎症が原因で生じるシミ。

シミとそばかすはどう違うの?

シミとそばかすの違いは、後天的にできるものか、または遺伝的にできるものか、という点にあります。

見た目だけでは判断が付かないことも多く、そばかすとシミが同じ場所に出来ていることもあります。

そばかすができやすい人は、紫外線に当たるとすぐに皮膚が自らの身を守るためにメラニン色素を作ってしまうような、敏感な肌を持つ人です。

そのため日焼け止めを塗らずに遊んだり、外で運動したり、紫外線に当たる機会が多い思春期に特に増えてしまいがちです。

一方シミは、紫外線に繰り返し当たることや、加齢に伴って増えていきます。

大人になると「そばかすが減る」と言われますが、実際にはシミが増えてそばかすが目立たなくなっているだけであり、先天的にそばかすができやすい人はシミもできやすいと言えます。

シミ・そばかすに効果のある成分とは?減らすことはできるの?

シミ・そばかすの原因として、紫外線が挙げられます。

そこでメラニンの生成を抑え、紫外線によるシミ・そばかすの予防や改善が重要になってきます。

外側のケアは美白がポイント

外側からのケアとしては、まず化粧品は「美白」成分の入ったものを利用しましょう。

日焼けした肌を本来の状態に戻すことでシミやそばかすが薄くなるばかりか、シミやそばかすをできにくくする効果も期待できます。

UV乳液や帽子、日傘などの紫外線対策ももちろん大切です。

ただし、美白ケアをし過ぎても、シミの原因になってしまいます。

そもそもシミは紫外線から肌を守るためのメラニンの動きが元となっているため、ある程度のメラニンが均一に肌全体にあるほうが、紫外線ダメージを防ぎやすくなります。

また人間の体内では、日光に当たることをきっかけにビタミンDを始め、身体に必要な様々な成分が作られます。

そのため、美容点滴を何度も繰り返し受ける、肌を絶対に日光に当てないようUVカットを徹底的に続けるなど、過度な美白ケアは避け、日光に当たる機会を持つようにしましょう。

内側のケアは栄養とストレスがポイント

そして外側のケアと併せて、内側からのケアもいっしょに行いましょう。

内側のケアとしては、食事やサプリメントなどの食品を利用して、美肌に効果的な栄養素を摂取することです。

美白に効果的な栄養素として、まずはビタミンCビタミンEは必須です。それに加えてセラミドリコピン、メチオニン(体内でL-システイン代謝)、β-カロテン、エラグ酸を同時に摂取することで、さらに強力的に働きかけてくれます。

そしてストレスを減らす、良質な睡眠をとる、冷えを改善して血の巡りをよくすることも大事です。

血行を悪化させるたばこの喫煙・受動喫煙にも十分気を付けてください。

皮膚科でのシミの治療方法とは?

たかがシミといえど、一度できてしまったらなかなか解消するのは難しいものです。悪化の一途を防ぐべく専門家の力を借りに医療機関を受診する方も多いもの。皮膚科ではどのような治療が行われるのでしょうか。

シミの判断:素肌の診察

まずは化粧を落としてすっぴんになり、専門医による素肌の診察から始まります。また生活状況などの問診も行われます。

シミの評価:スキントーン・カラースケール

シミの明度や色相を判定するツール「スキントーン・カラースケール」を使用し、シミの改善度を定量的に評価します。

シミの評価:ロボスキンアナライザー

肌の画像や写真を記録して比較評価を行うお手伝いをしてくれる、再現性を確保した画像を撮影できる解析装置です。

治療開始

治療法は内服薬のほか、美白外用剤、レーザー治療、光治療、ケミカルピーリング、ビタミンC誘導体イオン導入などがあります。

例えばシミが「肝斑」だった場合、まずはトラネキサム酸による内服薬治療を開始します。治療効果があらわれるのは約4~5週間後になります。

紫外線以外の要因のシミなどを合併していることもあるため、いくつかの治療法を併用することもあります。

また普段の生活習慣の改善も併せて必要になってきます。

シミのレーザー治療や光治療は痛くないの?

レーザー治療や光治療と聞くと、脱毛をイメージする人も多いのではないでしょうか。

レーザー治療や光治療の際、人によっては痛みを感じることがあります。

痛みの強さは「輪ゴムで弾かれる程度」や「少しチクチクする」など、ごく軽いものと言われます。

この痛みの原因は、レーザーや光がメラニンを破壊する際に発生する熱です。

一般的に光治療の方が痛みが少なく、かつ、短い感覚で繰り返し受けられます。

レーザー治療は治療後にシミにかさぶたが出来上がるため、光を吸収しないように美白剤を繰り返し塗り、かさぶたが落ちるのを待たなくてはなりません。しかし範囲が広く大きな茶色から黒のシミにも対応してくれます。

効果としては、光治療が肌質を整える側面が強く、レーザー治療はそばかすやくすみをとりニキビを改善する効果が期待できます。

痛みが心配な人は、美容外科や皮膚科であれば皮膚表面に麻酔をかけるクリームを処方してもらえるため、そちらを検討してみましょう。

シミのケミカルピーリングって何?

ケミカルピーリングとは、肌に薬剤を直接塗ることで、古い角質を取り除く治療法です。

古い角質を落とすことで細胞の活性化を促し、肌のターンオーバーの正常化、シミやくすみの改善効果が得られます。

使われる薬剤はグリコール酸やサリチル酸、乳酸など、対象者のシミの程度や肌質に応じて濃度や組み合わせを変えて使用されます。

特に多いのが、日本人の肌に合いやすいグリコール酸です。

参考 ケミカルピーリング皮膚科Q&A

注意点として、古い角質を落とすという効果のため濃いシミには即効性がなく、通常は数ヶ月から年単位かかります。

また治療後は角質層が剥がれ、紫外線の影響を受けやすくなるため、日焼け止めが欠かせません。

皮膚科でのシミの治療方法とは?

シミが気になる方向けにサプリメントの選び方を解説!

内側のケアにサプリメントを用いる時は、栄養成分に注目して選びましょう。

まず、栄養成分ごとの働きや効果を説明します。

なお多く含まれる食品については、日本食品標準成分表2015年版(七訂)より引用しました。

参考 日本食品標準成分表2015年版(七訂)について文部科学省

皮膚や血管の老化を防ぐビタミンC

強力な抗酸化作用を持ちます。また、メラニンの生成を阻害します。

ビタミンCが多く含まれる食材

多く含まれる身近な食材としては、パプリカやキウイフルーツ、レモン、菜の花、ブロッコリー、パセリ、牛や豚のレバー、ロースハム等が挙げられます。

数値だけで見ると、生のアセロラには100gあたり1,700mgものビタミンCが含まれており、次いでケールを用いた青汁が1,100mgと続きます。

日本人の成人1日当たりの推奨量は100mgですが、野菜やフルーツの摂取が少ない人には不足しがちです。

また喫煙者は非喫煙者に比べるとビタミンCの代謝が1日あたり約35mg多いため、より多く摂取する必要があると考えられていますが、美白を目指すのであれば喫煙は控えた方が良いでしょう。

強い抗酸化力をもつビタミンE

肌のターンオーバーに働きかけて新陳代謝を促します。

ビタミンEが多く含まれる食材

油に溶ける性質を持つビタミンEは、主にオリーブ油やコーン油、ひまわり油などの植物性の油やアーモンドなど油分に豊富に含まれます。

またブロッコリーやほうれん草といった緑黄色野菜、卵黄、焼きのりも多く含む食品の1つです。

意外なところではソーセージやハムなど加工食品や油脂類を多く使うパンのの1つであるデニッシュに、ビタミンEが酸化防止の目的で使用されていることがあります。

1日当たりの平均的な摂取量をクリアするには、こうしたオイルを食事に使ったり、ナッツ類をおやつやサラダに取り入れて食べるのがおすすめです。

成人における1日当たりの目安量は男性が6.5AI、女性が6.0AIですが、サプリメントを併用することは控えた方が良いでしょう。

長期的に必要以上の量を継続して摂取することで、出血リスクや卒中リスクの増大を招く恐れがあります。

保湿作用があるセラミド

保湿作用があります。紫外線や雑菌などの外部刺激か肌を守ります。

セラミドが多く含まれる食材

セラミドの元となる「グルコシルセラミド」は、米や米麹に豊富に含まれます。

しかし米や米麴だけを摂取すればよい、というわけではなく、肌細胞の原料となるタンパク質やその合成の手助けとなるビタミンB、C、ミネラルも意識して摂取しましょう。

グルコシルセラミドを普段の食事に取り入れる場合は、米麴を使用した甘酒が飲みやすくおすすめです。

強い抗酸化力をもつリコピン

メラニンの生成に関係するチロシナーゼの働きを抑え、肌の抵抗力をサポートする働きがあります。またしわの予防効果もあります。

リコピンが多く含まれる食材

リコピンを豊富に含む食材には、代表的なものでトマトやスイカ、フルーツならピンクグレープフルーツやあんずが挙げられます。

日常的に手軽に摂るのであれば、トマトがおすすめです。

1日当たりの摂取量は15~20mgで、これは200mlのトマトジュース1本で足りる量です。

生のトマトからも摂取できますが、その場合は15mgを摂取するのにおよそ500g食べなくてはなりません。

加熱や粉砕といった工程を経てトマトの細胞壁が壊れた状態の方が吸収率が高く、少量で済みます。

トマトジュースが苦手という方は、ピューレやケチャップを使用するのも良いでしょう。

また夏の間ならむくみ予防にも効果のある、スイカがおすすめです。リコピン含有量がトマトのおよそ1.5倍と豊富で、1日当たり100~200gで十分な量のリコピンを補えます。

メラニン抑制作用のある必須脂肪酸メチオニン

体内でL-システインに合成されます。代謝をサポートし、メラニンの抑制・排出を促します。

L-システインが多く含まれる食材

メチオニンは必須アミノ酸の1種であり、鶏肉や牛肉などほとんどの動物性たんぱく質、野菜であればホウレンソウやグリーンピース、トウモロコシに多く含まれます。

また米にも豊富に含まれますが、大豆製品にはメチオニンが少ないのが特徴です。

全部で9種類ある必須アミノ酸はお互いに深く関わりを持つため、バランスよく摂取するのがおすすめです。

たとえば動物性タンパク質の豚肉とほうれん草を組み合わせたものを、白米と一緒に食べるのも良いでしょう。

摂取が難しい場合は、タンパク質を手軽にとれるプロテインやプロテインを多く含む栄養補助食品を併用するのもおすすめです。

紫外線の害から皮膚や目を守るβ-カロテン

皮膚の新陳代謝をサポートします。強力な抗酸化力により、メラニンの沈着を抑え肌の炎症をケアします。体内で必要に応じてビタミンAに変換されます。

β-カロテンが多く含まれる食材

β-カロテンはモロヘイヤやほうれん草、にんじんに豊富に含まれます。

ただしビタミンAに変換され物質のため、1日当たりの必要量は決まっていません。

ビタミンAは1日当たり成人男性なら800~900μgRAE、女性なら650~700μgRAEです。また、授乳中の女性は一日当たりの量に450μgRAE追加して摂取することが推奨されています。

過剰摂取のリスクが生じる耐用上限量は1日当たり2700μgRAEとされており、これはレバー30gで軽々と上回る量です。

この量を1ヵ月くらい継続しないと身体への害は及びませんが、気になる方はβカロテンを野菜から摂取するのがおすすめです。

食事より、サプリメントとして摂取するβ-カロテンは体内でビタミンAになる量が多いため、気が付かないうちに過剰摂取になる恐れがあります。

美白効果のあるエラグ酸

メラニンの生成を抑制し、紫外線やストレスによるダメージを緩和します。アンチエイジング効果が期待できます。

エラグ酸が多く含まれる食材

ブラックベリーやラズベリー、イチゴ、クランベリーなどのベリー類や、くるみやペカンといったナッツ類、ざくろなどフルーツに豊富に含まれます。

ナッツ類は抗酸化作用を持つビタミンEも豊富に含まれるため、食事の中で手軽に補いたい場合はおすすめです。

摂取目安についてはまだ研究が進んでいる段階であり、サプリメントで補う場合は商品ごとの1日当たりの摂取量を守るように心がけましょう。

以上の栄養素をできるだけ毎日過不足なく補うことができると、さらに強力な効果が期待できます。ふだんのお食事以外に加えて、サプリメントや栄養補助ドリンクなどもオススメです。

食事やサプリメントは比較的価格が低いこともあり、毎日の継続が可能です。そして内側からケアをすることで、紫外線などのダメージに強いお肌をつくることができます。

また美白・美肌であることで薄化粧になるので肌荒れを防ぐことにもつながります。そして化粧品の消耗度合いが減るので、長期的にも美容代のコスト削減ができますね。

ただし、個人の体質やものによっては効果がすぐにあらわれにくいこと、知識不足による過剰摂取の心配などの懸念があります。

シミそばかす市販サプリメントの人気ランキング!

今回は適量を守っていれば過剰摂取の問題もなく、安全性も高いサプリメントをご紹介いたします。

第1位 シミ・そばかす対策有効成分46種を配合! pupu リティア

他社ではみられない「核酸(RNA・DNA)」までも配合した驚異的なサプリメントです。

「核酸」とは、動植物のすべての細胞に含まれる有機化合物で、遺伝をつかさどっています。新陳代謝を活発にし、老化を防ぐ働きがあります。また細胞を修復する作用があるので、皮膚を美しく保ちます。

北海道産の天然ものニシンから抽出されたDNA核酸、国産無農薬玄米から抽出されたRNA核酸を配合しています。

また「L-シスチン」やポリフェノールの王様「レスベラトロール」など、トータル46種類ものお肌に嬉しい有効成分が凝縮されています。

徹底した品質管理、放射能・残留農薬検査をクリアした原料のみを使用し、無添加の高品質で安全性の高いサプリメントです。

口コミ
・旦那や友人に「最近きれいになったね」と言われた
・シミそばかすに悩んでいましたが、使い始めていくうちに目立たなくなりました

pupustore
¥3,980 (2019/10/14 16:59:32時点 Amazon調べ-詳細)

第2位 美肌成分配合 エーザイ 美 チョコラ コラーゲン

日本の医薬品メーカーであるエーザイの安全性も高く、高品質な商品です。

通常のコラーゲンに比べて非常に分子量が小さい低分子コラーゲンを使用しています。吸収までの時間が短いうえ、消化吸収率を高めることができます。また、皮膚の角質層への浸透効果も期待されます。

低分子コラーゲンのほか美容面に効果テキメンな成分、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸ナイアシンが配合されています。

口コミ
・すごく良いです!!口コミ通りです!!
・足裏だけでなく身体全体が潤っていて、今は肌が絶好調です

チョコラBB
¥1,360 (2019/10/13 22:43:34時点 Amazon調べ-詳細)

第3位 独自の美白成分配合 資生堂 ザ・コラーゲン<ドリンク>V

国内化粧品シェア第1位を誇っている大手資生堂の商品です。資生堂独自の美容特許成分(コケモモ・アムラ果実)を配合しています。

美容サポート成分として低分子フィッシュコラーゲンの他、皮膚などの水分保持や弾力性の維持などに有効なヒアルロン酸、皮膚の保湿作用のほかに外的刺激から皮膚を守るバリア機能を保つセラミド、ストレス緩和に有効なGABAなど全10種類もの成分が含まれています。

低カロリーノンカフェインタイプのおいしいドリンク剤です。

口コミ
・効果抜群です。2か月間続けていくうちにお肌の毛穴が小さくなり、つるつるでめっちゃきれいになりました
・お化粧のノリも、肌の印象も断然違います

資生堂
¥8,779 (2019/10/14 08:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

第4位 明るく透明感のある美しさを ファンケル ホワイトフォース

毎日の透明感対策に作られた、大手サプリメントメーカーファンケルの手掛けている商品です。

特許を取得した透明感をサポートする成分ヒドロキシチロソールとL-シスチンをはじめ、紫外線の蓄積をケアするアンチョークエキス、くもりの定着を防ぐビタミンC・ナイアシンも同時に摂取できます。

口コミ
・良さを実感できます。透明感が増しました
・飲み始めて1年以上。店舗での美容チェックは予想以上に良いです

ファンケル
¥1,935 (2019/10/13 22:43:34時点 Amazon調べ-詳細)

第5位 独自の美白成分配合 DHC はとむぎエキス

こちらも大手サプリメントメーカーDHCの商品です。お肌の改善を含めた美容関連商品の多いなかで、とくにお肌の透明感をうたったサプリメントです。

はとむぎの皮をむいた種子が原料の「ヨクイニン」は、植物由来の生薬です。身体の内側から肌に働きかけ、老廃物の排出をスムーズにし、肌の水分代謝を促進して栄養の循環を促して衰えたお肌のターンオーバーを整えるといわれています。

またヨクイニンはお肌の透明感に効果を発揮するだけでなく、30代から増えてくるぶつぶつイボにも効果的ともいわれています。

そしてヨクイニンだけでなく、若々しい美しさをサポートするビタミンEも配合されています。

口コミ
・老人性の顔のイボが消え、しみが薄くなった
・これを飲んでいる間、顔色がワントーンアップした

DHC(ディー・エイチ・シー)
¥533 (2019/10/13 22:43:35時点 Amazon調べ-詳細)

第6位 アメリカ発 メガフード ウーマンズワンデイリー

こちらの商品はAmazonや楽天での取り扱いがない海外の商品です。まずは、海外サプリメント通販サイトiHerbでのお得な購入方法をご案内します。

iHerbでのお得な購入方法

アメリカのサプリメントメーカーのマルチビタミン&ミネラルサプリメントになります。100%天然由来のオーガニックサプリメントです。ビタミンC、ビタミンA、葉酸など女性に嬉しい成分が配合されています。

口コミ
・美白だけでなく、健康維持にもよい
・肌の調子がよくなった

効果抜群!シミ・そばかすが気になる方向け医薬品

医薬品は治療や予防に使用されることを目的とされ、厚生労働省に承認・認可されて販売されます。詳しくは、医薬品には予防や治療に対する効果と、表示含量に対する正確さが保証されています。

そしてサプリメントは、あくまでも食品の1つなので医薬品ほど厳しい品質基準は設けられていません。サプリメントの品質や効果に対しては自己責任が大きくなってきます。

さて、どんな商品があるかみていきましょう。

しみ(肝斑に限る)改善薬  第一三共ヘルスケア トランシーノⅡ〈第1類医薬品〉

製薬会社による商品ですが、薬剤師による適正使用の確認が必要な医薬品となります。そのため、効果もサプリメントとは段違いです。使用上の注意にも充分注意が必要です。

トラネキサム酸750mg、L-システイン240mg、ビタミンC300mg、ビタミンB6 6mg等、たくさんの美容成分が配合されています。効果も立証されている医薬品なので、口コミもかなりよい評価を得ている理由がわかります。

口コミ
・1ヶ月間服用で透明感がでました
・友人に勧められ、本当に効きます

内側からの抗酸化ケアと代謝アップに エスエス製薬 ハイチオールCプラス〈第3類医薬品〉

こちらも製薬会社の手掛ける医薬品です。とても知名度の高い商品ですね。第3類医薬品は第1や第2類医薬品よりも効果は弱めですが、その分副作用も低めです。薬剤師のよる適正使用の確認は不要です。

成人一日最大量のL-システイン240mgと抗酸化作用のビタミンCを500mg配合。しみやそばかすに効果を発揮する成分がたくさん配合されています。

口コミ
・薬剤師の友人に勧められて購入。それなりに効果を実感、調子もよい
・白人並みの白さを保っています