ニキビ・肌荒れにおすすめのサプリメント3選!ビタミンが効果あり?

大人ニキビの原因は?思春期ニキビとは違う!

ニキビは思春期のものというイメージもあるかもしれませんが、実は大人になってからのニキビも多く、約75%の人が大人ニキビを経験しています。別名“吹き出もの”です。

一見同じようなニキビですが、原因や発生個所などに大きな違いがあります。まずは、大人ニキビと思春期ニキビについて解説していきましょう。

大人ニキビの特徴

大人ニキビの多くは、ターンオーバー(肌の再生)の乱れ・肌バリア機能の低下・メイクなどによる毛穴の詰まりなどによって発症し、治りは遅く、繰り返し発症するのが特徴です。

これらには生活習慣が大きく関与しており、食生活の乱れ・睡眠不足・ストレスなどが要因になります。また、ホルモンバランスも関与しており、体調が良くない時や女性の場合生理前などに発症するケースが多くなります。

大人ニキビは、頬や口周りなどのフェイスライン(Uゾーン)に発症することが多いですが、乾燥によってバリア機能が低下した箇所、首や胸元などにも発症することもあります。

口周りに出来るニキビの原因

口周りのニキビは、体調が非常に反映されやすく、皮脂汚れが貯まった白いニキビができ始め、次第に赤く炎症を起こします。

顔全体にではなく、口周りだけに起きやすく、特に体調が悪いときに良くみられるニキビです。

原因は様々ですが疲労やストレス、また風邪などで体の抵抗力が弱くなっているときや、胃腸の調子が優れずに便秘下痢を起こし、腸内環境が荒れた場合に起きやすくなります。

そのため、飲み会などで大量に食べたり飲んだりすることが続いたせいで、便秘や下痢を引き起こしているときに起きやすいという側面もあります。

また原因として、男性ホルモンの量が多くなった場合にも起きやすく、ホルモンバランスの乱れが起きやすい生理痛が重い人や冷え性を抱えている人にもありがちです。

そのため生理痛が重くて薬を手放せない、頭痛薬が手放せない、という人は、その痛み止めの薬が胃腸を荒らしてしまい、結果として口周りのニキビができていることもあります。

口周りのニキビの予防・対策として、まず体の冷えの改善が挙げられます。

原因でも説明したように、冷え性を抱えている人にもありがちなニキビであり、同時に体の冷えは女性ホルモンのバランスを崩す原因にもなります。

コーヒーや紅茶好きという人も多いかもしれませんが、カフェインが多い飲み物は肝臓に負担をかけやすく、体の冷えの原因にもつながります。

できれば白湯やルイボスティーなどノンカフェインの飲料、味噌汁を食事に1杯添えるなど、体を温める工夫をしてみましょう。体を定期的に動かすことも効果的です。

また毎日入浴するだけでも、かなり体の冷えを予防できます。冷えの原因は長年の生活習慣にも由来しますから、少しずつ改善することで、口周りのニキビを予防しやすくなります。

思春期ニキビの特徴

思春期ニキビの多くは、皮脂の過剰分泌によるものになります。

第二次成長期(13~18歳頃)に分泌が増加する男性ホルモンが、皮脂腺を刺激し皮脂分泌が過剰になり、その皮脂が毛穴に詰まることによって毛穴に増殖したアクネ菌が原因で引き起こされる炎症が思春期ニキビの正体です。

男女問わず思春期には多くの人が経験する思春期ニキビですが、第二次成長期が過ぎ皮脂分泌が正常に戻れば、発症は自然に治まっていくことが多くなります。

額から鼻にかけて発症することとが多くなります。顔の他の部分に比べ、毛穴の量が多く、皮脂分泌が特に活発な部分であるためです。

生理前のニキビは違うの?

生理前にニキビができる、肌が荒れやすい、という人も多いのではないでしょうか。

生理直前の週は、女性の体はニキビができやすい状態になり、むくみや眠気の増加、精神面では憂鬱感やイライラ感を感じやすくなります。

その原因となるのが「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンです。特に後者の「プロゲステロン」は、肌荒れと深く関わります。

プロゲステロンが多く分泌されるのは、ちょうど排卵が起きてから次の生理が起きる直前まで分泌されます。つまり、生理前に分泌量が多くなる女性ホルモンです。

このプロゲステロンは皮脂の分泌量を活発にする作用を持っており、同時に体温を上げる作用も発揮します。

すると思春期の場合も大人の場合も、いつもより皮脂量が多くなるためニキビや肌荒れが起きやすくなるのです。

生理前ニキビの対策・予防

まず肌がいつもよりべたつくことを意識しつつ、洗顔やスキンケアをより慎重に行いましょう。

余分な皮脂をしっかり落としつつ、洗顔後はニキビ用のスキンケア用品で保湿を十分に行い、万が一ニキビができても白ニキビのうちに対応して、炎症を防ぐことが大切です。

白ニキビから炎症を起こして赤く膿んできたら、まずは炎症を抑えることを優先し、保湿しすぎないようにしましょう。

炎症が収まらない状態で保湿を繰り返すと、かえってニキビが酷くなってしまいます。

ついついニキビには触りがちですが、これも我慢しましょう。は短めにして、肌へむやみに触れないことで炎症を予防できます。

髪が顔周りに良く触れるようであれば、肌が敏感になる生理前の間だけでも顔に触れないよう髪形を変えてみると、肌への刺激を抑えることに繋がります。

またメイクをする場合は、ベースメイクに注意しましょう。生理前の間だけでも敏感肌向けの低刺激パウダーファンデーションを使うことで、皮脂を吸着しつつ肌への負担を和らげることができます。

薬用ファンデーションやミネラルファンデーションを選ぶことも、選択肢の1つです。

自分でできる肌荒れ改善・大人ニキビ対策とは?ビタミンが効果あり?

では、肌荒れや大人ニキビ対策にどのようなことをすればいいのでしょうか。行うべき対策・摂取すべき栄養素などを解説していきましょう。

スキンケア

乾燥は大人の肌荒れ・ニキビの天敵であるため、保水は十分に行う必要があります。また、紫外線も肌へのダメージの要因であるため、紫外線対策も大切な予防策になります。

しっかりとした睡眠とストレス発散

ターンオーバーは睡眠時に行われるため、十分な睡眠は肌の再生に繋がります。ストレスはホルモンバランスの乱れの要因にもなるので溜めないよう発散を心がけましょう。

摂取を心がけるべき栄養素

バランスの良い食事が基本ですが、アミノ酸・ビタミン類・亜鉛などは特に不足しないように摂取を心がけましょう。

アミノ酸は、肌の細胞を作るのに必要な土台ともいえる栄養素で、肌の保水力・再生力に大きく関わってきます。過度な偏食やダイエットなどによる不足に注意しましょう。

ビタミン類の中でもビタミンA・B群・C・Eが重要です。これらは抗酸化作用・血行促進・ホルモンバランスの調節・肌細胞の活性化などに作用を有しており、肌のターンオーバー・保護に必要不可欠な栄養素になります。

亜鉛も抗酸化作用・新陳代謝向上作用があり、肌のダメージ軽減や再生促進に欠かせない栄養素です。亜鉛は不足しがちな栄養素でもあるため、摂取を心がけましょう。

コラーゲンを取り過ぎるとニキビができやすくなる?

肌のハリや潤いに必要不可欠な成分コラーゲン。肌細胞の活性化や保水作用があり、肌荒れや大人ニキビの予防効果が期待できますが、摂りすぎは逆効果になります。

コラーゲンには、皮脂を分泌させる作用があることが分かっており、これは思春期ニキビの発症機序と同じです。ニキビが発症しやすい環境になってしまう恐れもあるため、過剰摂取に注意しましょう。

コラーゲンを取り過ぎるとニキビができやすくなる?

サプリポートはニキビや肌荒れ対策など美容目的のサプリメント利用者にアンケートを実施しました!

サプリポートでは611人にサプリメントに関するアンケートを実施しました。特に利用者している方が多い美容サプリメントに関しては、より詳しい質問項目を設けて利用実態を詳しくうかがいましたので、その回答の一部をご紹介します。

アンケートの詳細をご覧になりたい方は以下の記事をご覧ください。

美白サプリメントのおすすめランキング!美容効果のある成分とは?

美容サプリメントの利用目的とは?

主な利用目的として、ニキビや肌荒れの他、美白、シミ、シワやほうれい線への対策を挙げられる方が多くいました。

・大人ニキビができはじめ、痕がシミのように残るので、大人ニキビができるのを防ぎたかったため
・肌荒れするのを防ぐため
・最近肌のハリが気になってきて、寝不足の時や疲れているときに老けて見えるから

【口コミ】美容サプリメントを利用してからの変化とは?

ニキビや肌荒れへの変化をはじめ、肌色や質に使用感を感じている回答が多くみられました。

・ニキビなど肌荒れがしにくくなった。また肌色がワントーン明るくなった
・肌荒れが減りました。飲みだしてからはあまり気づきませんでしたが、お試しサプリを辞めて2週間で肌が荒れてきたので効果があったんだなーと実感したので、続けて利用をしています
・肌の質がよくなり化粧のノリが良くなった

ドラッグストアや薬局で買えるサプリメントが知りたい!

栄養バランスを補う食事が難しい場合は、サプリメントも選択肢の1つに入れてみましょう。

上記のビタミンA・B群・C・Eを基本とし、一番注目したいのは皮膚ビタミンとも呼ばれるビタミンB2とB6です。

ビタミンB2は脂質の代謝に必須であり、不足するとニキビの原因ともなる皮脂量のコントロールが乱れてしまい、肌が弱りやすくなります。

ビタミンB6は体の中でアミノ酸を構成し、適切なタンパク質を作り出し、細胞を増やすのに欠かせません。不足すると肌のターンオーバーが乱れやすくなり、精神面でも気持ちが高ぶりやすくなります。

したがってこの2つのビタミンを含めて補える、マルチビタミンタイプのサプリメントや、ビタミンB群を補給できるサプリメントを使うのがおすすめです。

なおビタミンB2は体内に吸収されたのち、一部が尿中に排出されることで尿が一時的に黄色くなります。体の正常な働きによるものなので、特に心配はいりません。

ドラッグストアで気軽に購入できるサプリメントを3つ紹介します。

亜鉛も一緒に補える、ディアナチュラ ストロング39アミノマルチビタミン&ミネラル

18種類のアミノ酸と12種類のビタミン、9種類のミネラルが補給できますが、特にビタミンB群と亜鉛を従来製品より豊富に含有しているため、肌の調子を整えたい人におすすめのサプリメントです。

1日あたり3粒が目安ですから、毎食後に1粒ずつ飲んだり、お腹の調子が気になるなら1粒だけにしたり、自分で調節しやすいのも特徴です。

口コミ
・臭いがちょっと気になるけど肌の調子がすごく良い
・体質的に口内炎になりやすかったけど飲んでから落ち着いてきた
・たまにニキビができるけど普段の肌荒れは全くなくなった

お値段にこだわるなら、DHC ビタミンBミックス

お得に購入したい、と考える人におすすめのDHCのビタミンサプリメントです。

ただ注意したい点として、1日当たりの基準摂取量を上回る量が含まれており、1日当たりの目安量を守って飲むことがとても重要になります。

たとえばビタミンB6の場合、1日分で30mg含まれており、これは成人女性の耐容上限量である45mg、男性の場合の耐容上限量である50~60mgに迫る量です。

他にもサプリメントを飲んでいる人は過剰摂取に注意し、必要なら1日当たり2粒のところを1粒にするなど、調整しましょう。

口コミ
・ニキビが気になり始め、飲んでいたらかなり改善されました
・ニキビが全くできなくなった
・疲れてご飯が取れないときにもこれなら便利

適度に補いたい人に、大塚製薬 ネイチャーメイド B-コンプレックス

DHCのビタミンBミックスに比べると配合量がより少ないものの、ビタミンB群を過不足なく補うことができるため、過剰摂取が心配な人におすすめです。

1粒で1日当たりの推奨摂取量をきちんと補えるため、肌荒れ前や疲労感が強い時などに栄養をプラスする目的で活用するのがおすすめです。

口コミ
・夏場の手荒れやアトピーが楽になりました
・ちょっと臭いはありますが口元のニキビが減りました
疲労回復にもぴったり

肌荒れ・ニキビにおすすめのサプリメント3選!

では、肌荒れ・ニキビに効果が期待できるおすすめサプリメントを紹介していきましょう。

肌荒れ・ニキビにおすすめのサプリメント

身体の内側からキレイに ファンファレ きらりのおめぐ実

乱れたバランスを整え、美の土台を作るビフィズス菌・オリゴ糖・食物繊維、高い抗酸化作用を有するクロセチン・ポリフェノール、不足しがちなビタミン類が豊富に含まれています。

肌のダメージを軽減させ、再生を促すために必要な栄養素がしっかりと配合されており、美肌効果はもちろん、大人の肌荒れ・ニキビ予防に効果が高いサプリメントになります。

国内のGMP認定工場で、また成分には自然由来にこだわって製造されており、品質・安全性ともに高い商品になります。購入者の満足度は97%で、リピート率も高くなっています。

口コミ
・使用前と後では肌質が全然違います。大人ニキビも小さくなり、できなくなりました
・肌荒れ・ニキビの改善効果はもちろんですが、お通じも良くなり、身体の内側から変わっていくのを実感しています

体の内側からスキンケア、きらりのおめぐ実

きらりのおめぐ実の口コミ、効果、副作用とは?

製薬会社の肌サプリ サン・クラルテ製薬 緑の知恵

抗炎症作用を有するシソの葉エキス、抗酸化作用を有するポリフェノール、高い保水効果がある米セラミド・その他にビタミン類・大豆イソフラボンなど様々な栄養素が豊富に含まれています。

肌への直接的サポート効果はもちろん、ビタミン類・大豆イソフラボンなどによるホルモンバランスの調節効果もあり、大人ニキビ改善サプリメントとして浸透しています。

植物由来の成分を厳選し使用し、製薬会社ゆえの厳しい品質管理の下製造されており、品質・安全性ともに高い商品になります。

口コミ
・小さい粒で飲みやすいです。ニキビができても治りが早いような気がします
・季節の変わり目に繰り返していたニキビや肌荒れ。飲み始めてからは再発がなく、内側からのケアの大切さを改めて実感しました

安心のマルチサプリ アサヒ ディアナチュラ29アミノマルチビタミン&ミネラル

必須アミノ酸が8種類・ビタミンが12種類・ミネラルが9種類含まれており、ほとんどの配合成分の1日の必要摂取量をこれ1つで補うことができるマルチサプリメントです。

肌の健康やバリア機能、再生に必要な不足しがちな栄養素をしっかり摂取することで、ははだあれやニキビの予防・改善効果が期待でき、要因となるストレスや疲労の回復にも効果が期待できます。

もとろん肌効果に特化したサプリメントではないので、食事や生活習慣に不安がある方など、様々な目的で使用することができ、健康・美容に総合的に働きます。

原料は産地など厳選されたもののみ使用し、無着色・保存料無添加にこだわり、国内のGMP認定工場で製造されています。原材料の受入から製品出荷まで徹底した管理を行っており、品質・安全性の高い商品になります。

口コミ
・肌荒れはビタミン不足が原因と聞いて購入しました。品質にこだわっている知名度の高いメーカーで、安心して飲むことができます
・高品質なのに非常に低価格で、気軽に続けることができます

医薬品ならどれがニキビにおすすめ?

医薬品でも、ニキビ予防に活用できるものは様々です。なかでもおすすめのものを3つ紹介します。

ビタミンB群以外も豊富、皇漢堂製薬株式会社 ビタサプリB26L

ストレスやお酒の飲み過ぎ、脂肪分が多い食事をとった時などに不足しやすいビタミンB2とB6、皮膚の代謝に関わるビタミンCとアミノ酸であるL-システインを配合した第3類医薬品です。

特に口内炎やニキビ、肌荒れ、皮膚炎に効果を発揮するとされ、1日1回15歳以上の場合は2錠、7歳以上15歳未満の場合は1錠を内服します。

7歳以下の乳幼児には使えませんが、中高生でも安心して飲め、チョコラBBプラスと比べるとタンパク質の生成に欠かせないビタミンB6が多く配合され、ビタミンCも同時に摂れるのが特徴です。

口コミ
・300錠入りでコスパが良い
・形が飲みやすくてちょうど良い
・ニキビになりそうなとき以外にも疲れたときに効果がある

定番、エーザイ チョコラBBプラス

肌荒れやニキビ、目のかゆみなどの症状緩和に効果的として、人気の高い医薬品です。

ビタミンB2やビタミンB6、ビタミンB1、皮膚の健康維持に働くニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウムが一緒に補給できます。

またチョコラBBドリンクタイプや、ビタミンCをプラスしたチョコラBBピュアなどもあるため、錠剤タイプが苦手な人や、ビタミンCを一緒に取りたい人など、目的に応じて選べます。

5歳から15歳未満の子供向けにチョコラBBジュニアもあるため、思春期ニキビに悩む人は検討するのもおすすめです。

口コミ
・定番だけどトータルでバランスが良い
・わりとどこでも売っているからすぐ購入できる
・サプリメントより安心感がある

肌荒れやシミなど悩み別に選べる、エスエス製薬 ハイチオールBクリア

ハイチオールというとハイチオールCやハイチオールCホワイティアなど種類が様々です。

特に肌荒れや毛穴の目立つ肌荒れ、ニキビに対してはハイチオールBクリアがおすすめです。

ビタミンB群にプラスして、ビタミンCと肌の細胞の生まれ変わりにも効果を発揮するとされるアミノ酸L-システインが80mg配合されています。

口コミ
・顎のニキビが改善されました
・肌全体の毛穴が整ってつるんとしています
・大人になって初めてニキビが出たのですが飲み始めてから肌が綺麗になりました