I型コラーゲンサプリメントおすすめ2選!効果ない、太る副作用は?

コラーゲンにはどんな種類がある?I型、II型とは?

コラーゲンといえば肌に良いもの、というイメージを持つ方は多いでしょう。

実は、コラーゲンは私たちの体のあらゆるところに存在する、非常に重要な成分なのです。

人間にとって欠かせない3大栄養素は、炭水化物、たんぱく質、脂質です。

人の体を作るたんぱく質のうち、30%をコラーゲンが占めるといわれています。

肌だけでなく、骨、関節、軟骨、角膜、硝子体などの材料としてもコラーゲンは活躍しています。

コラーゲンがいかに大切なものかをお分かりいただけるでしょう。

コラーゲンと一口に言っても、その種類はさまざまです。

人間の体に存在するコラーゲンを分類すると、実に28種類にもなるといわれます。

ここでは、数多く存在するコラーゲンのうち、Ⅰ型及びⅡ型コラーゲンについて詳しく解説してゆきます。

I型コラーゲンとII型コラーゲンで効果はどう違う?

Ⅰ型、Ⅱ型コラーゲンは、どのような違いがあるのでしょう。

Ⅰ型コラーゲンは、私たちの体において、最も多く存在するコラーゲンです。

主に骨や皮膚を作る材料として働きます。

人間の皮膚を構成するコラーゲンのうち、90%をⅠ型コラーゲンが占める、といわれます。

一方、Ⅱ型コラーゲンは、関節や軟骨など、クッションの役割をする器官に多く存在するコラーゲンです。

コラーゲンはその種類によって働く場所が異なるということです。

肌の荒れ、たるみ、しわなどが気になる方、肌の若々しさを維持したい方には、Ⅰ型コラーゲンの摂取が適しているでしょう。

膝や肩、腰の痛みが気になる方には、Ⅱ型コラーゲンをおすすめします。

コラーゲンに副作用はある?太るって本当?

コラーゲンは、たんぱく質の元となる成分のひとつであり、たんぱく質を含むさまざまな食品に含まれているものです。

コラーゲンを含む食品は、比較的カロリーが高めなものが多いのです。

ウナギ、豚足、フカヒレ、その他、肉類や魚類などの中でもこってりとした印象の食品にコラーゲンも多いことに気づきます。

コラーゲンは、たんぱく質の一種です。

人の体は、たんぱく質からできているといっても過言ではありません。

たんぱく質を必要とする臓器は体中の至る所にありますので、それを含む食品を摂取したとしても、肌や髪など、欲しい場所だけにダイレクトに届くわけではありません。

コラーゲンを意識しすぎてむやみに高たんぱくの食品を摂取することは、カロリーオーバーにつながり、ひいては肥満にもつながる恐れがあります。

また、食材以外にも、サプリメントとしてコラーゲンを摂取する方は多いのではないでしょうか。

コラーゲンは先にもお伝えしたように、肉類や魚類などに豊富に含まれており、当然サプリメントもそれらを原料としています。

原料となる肉や魚に対してのアレルギーを持っている方は、サプリメントの摂取に際しては注意が必要です。

コラーゲンサプリメントの飲むタイミングとは?飲み方を解説!

コラーゲンサプリメントを意識して摂りたい時間帯をお伝えしましょう。

サプリメントは、吸収を促す時間に合わせて摂るのが最も効果的です。

関節の痛みがある方、肌の荒れなどの悩みがある方は、できれば毎食後などにまんべんなく取って頂きたいのですが、なかなかそれがかなわないという方も多いでしょう。

肌や関節など、体の修復、回復が活発になる時間帯は、多くの方が就寝している時間である、22~翌2時といわれます。

一日の中でまんべんなく摂取するのが難しいという方は、就寝前にコラーゲンサプリメントを摂取しておくことをおすすめします。

コラーゲンサプリメントの選び方、価格差の理由を解説!肉や魚等の原料に注目!

コラーゲンサプリメントと一言で言っても、その価格はさまざまです。

この価格差の理由は、原材料の品質に由来しているといえるのです。

コラーゲンの吸収率の良さで比較すると、動物由来よりも魚由来の方が優れています。

参考 コラーゲンサプリメント選択のための3つのポイント石井クリニック

動物性のコラーゲンの原材料の多くは、豚の皮です。

フィッシュコラーゲンの原料は、魚の皮そしてうろこです。

低価格のコラーゲンサプリメントの原材料は、低価格で入手できる豚の皮、そして魚のうろこです。

魚の皮とうろこは同じⅠ型コラーゲンの原料ですが、そのコラーゲンの質はかなり異なるようです。

抽出のために薬剤を使ううろこは、使わない魚の皮に比べ、コラーゲンの質が低下するのです。

その他にも、抽出に使用した薬剤の残留の恐れもあるのです。

毎日摂取するサプリメントですから、余分なものは摂りたくないでしょう。

やはり原材料にこだわることは大切です。

参考 コラーゲンサプリメントの種類と素材価格を知ろう石井クリニック

I型コラーゲン市販サプリメントおすすめ2選!

コラーゲンには、美肌効果が期待できるⅠ型、関節痛などの緩和が期待できるⅡ型があることは先に述べました。

Ⅱ型はパッケージに明記されているものの、Ⅰ型に関しては明記がないため、肌のつや、弾力などのうたい文句のあるものを選んでいただくのが良いでしょう。

ここでは、Ⅰ型コラーゲンサプリメントのおすすめ商品を2つご紹介しましょう。

肌のカサカサ、衰えが気になる方へ!DHC コラーゲン

サプリメントメーカーとしておなじみのDHCから発売されているコラーゲンサプリメントです。

魚由来のコラーゲンペプチドに加え、美肌サポート成分であるビタミンB1、B2を含みます。

一日6粒を目安に摂取します。

口コミ
・内容量と価格のバランスが良い
・飲んだ次の日から肌がモチモチになった
・飲み続けていると髪の質が維持できている気がする
・10年以上続けている。体調が良い

高級はがくれすっぽんのみを使用!ていねい通販 すっぽん小町

コラーゲン補給できる食材として浮かぶものの一つがすっぽんではないでしょうか。

はがくれすっぽん粉末とビタミンEほか、EPA含有魚油アミノ酸などを含み、美肌効果に加え疲労回復も期待できるコラーゲンサプリメントです。

一日2粒を目安に摂取します。

口コミ
・朝の目覚めがすっきりしてきた
・臭いや味も気にならず、続けやすい
・化粧乗りがよくなり血行も促進された気がする
・肌につやが出たと周囲に言われるようになった

II型コラーゲン市販サプリメントおすすめ2選!

年齢と共に減少する軟骨成分や関節のクッションの機能の再生を助けるのがⅡ型コラーゲンです。

Ⅱ型コラーゲンを使用したサプリメントにはパッケージにⅡ型の記載があるため、選ぶ際に迷わずに済むでしょう。

ここでは、Ⅱ型コラーゲンサプリメントのおすすめを2つご紹介します。

ふしぶしのお悩みに!DHC Ⅱ型コラーゲン&プロテオグリカン

年齢に伴い、体の節々が気になる方は多いことでしょう。

DHCⅡ型コラーゲン&プロテオグリカンは、関節や軟骨の元であるⅡ型コラーゲンに加え、軟骨の弾力の元となるプロテオグリカン、密度を高めるCBPなどを含み、減ってきた関節や軟骨の回復をサポートします。

一日3粒を目安に摂取します。

口コミ
・飲み始めて日が浅いので効果ははっきりとわからないが、飲みやすく良い
・飲み始めて10日くらいで膝の痛みが和らいできた気がする
グルコサミンを飲んでいたが軟骨にはコラーゲンとプロテオグリカンが良いと聞き変えてみた
・飲んでいると痛みが緩和されるような気がする

しなやかな日常生活のために!ディアナチュラ グルコサミンwithⅡ型コラーゲン

加齢や激しい運動によって減少してゆくグルコサミンと、軟骨成分である鶏由来のⅡ型コラーゲンが摂れるサプリメントです。

品質と安全にこだわり、原料受け入れから出荷まで一貫した体制で製造しています。

一日6粒を目安に摂取します。

口コミ
・2ヶ月ほど飲用したら、ジョギング中に痛みが襲ってきていた膝が痛まなくなった
・飲み続けたら関節の違和感がなくなった
・半信半疑で飲み始めたが膝の痛みが緩和し、今ではやめられない商品となった

Ⅰ型、Ⅱ型共に、飲み続けることで効果を実感できたという声が多く見られます。

原材料や製造方法などを良く確かめ、自分で納得できる商品を見つけ、ある程度の期間は継続して飲用をしてみましょう。