貧血におすすめのサプリメントランキング!効果のある成分や食品は?

貧血になる原因や症状とは?対策も解説します!

貧血とは文字通り血が少なくなってしまい、体に酸素や栄養が行き渡らない状態ですが、病気の名前ではありません。貧血は生理などの原因で女性に多く見られますが、男性にも起こり得るものです。

貧血が起こる原因

貧血の原因として、血液を作る為に必要な栄養が摂れていない、需要が多くて不足している、何かの原因で血液が失われている、などが挙げられます。それぞれの原因について詳しく解説します。

血液を作る為の栄養が摂れていない

ダイエットや偏食などで血液を作る為に必要な栄養素が摂れていないと、貧血が起こる可能性があります。また胃や腸など消化器官に病変があれば、栄養を上手く吸収できない状態になっている場合もあります。

妊娠や授乳で需要が多く不足している

妊娠や授乳中は、お母さんの血液が赤ちゃんの栄養になります。自分と赤ちゃんの2人分必要となり、通常の摂取量では血液が足らなくなり貧血になってしまいます。

血液が失われている

バランスの良い食事をしていれば正常な生理で貧血は起こりません。しかし過多月経など、通常よりも多い出血が続くと貧血が起こります。

またスポーツ貧血といって、激しいスポーツで大量に汗をかく事や酸素を多く使う事、ジョギングなどで足が地面に着く時に赤血球が壊れる事などで貧血になる場合があります。

病気によって貧血が起こっている

胃や腸などの消化器官の病気による継続的な出血が起こり、血液が失われている場合があります。また、再生不良性貧血や白血病、多発性骨髄腫などの病気でも造血機能に障害が起こり貧血となります。

貧血の症状

貧血になると次のような症状が起きてきます

  • 動悸
  • 息切れ
  • 倦怠感
  • 頭重感
  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 顔色や唇、爪の色が悪くなる
  • うつ症状が出る

男性と女性のそれぞれでありがちな貧血は?

男性と女性、それぞれで特に多くみられるのが「鉄欠乏性貧血」です。しかしその原因には、それぞれ違った傾向がみられます。

女性にありがちな貧血

女性は上記に挙げられた貧血の原因の多くが当てはまるため、男性より貧血になりやすいのが特徴です。

そのほとんどは鉄欠乏性貧血であり、女性は生理で血液を失う機会が男性より多いことから、鉄が不足しやすいのです。

男性に多い貧血

男性の場合は、女性と違い生理はありません。しかし男性も慢性的に鉄分が不足した結果、鉄欠乏性貧血になることがあります。

たとえばもともと食が細かったり、経済的理由から食事を節制していたり、偏った食生活を続けていたり、そうした原因から栄養不足になる場合があります。

またランニングなどスポーツを毎日のように行う人の中には、汗をたくさんかいたことで鉄分が失われ、その結果貧血になることもあります。

運動部で毎日トレーニングを重ねている中高生の中には、体が成長過程でたくさんの鉄分を必要としているのに、食事で補えていない場合に鉄不足による鉄欠乏性貧血を起こすこともあるようです。

筋肉を作る過程で鉄分も必要とされるため、筋トレをよく行う人も貧血になることがあるようです。

鉄欠乏性貧血とは?

さて、ここまで挙げられてきた「鉄欠乏性貧血」ですが、これは鉄分が不足することで起きる貧血です。

私たちの血液には赤血球がたくさん含まれており、その中にはヘモグロビンという酸素を運搬する役目を持つ存在がいます。

ヘモグロビンを構成する重要な素材の1つが鉄分です。鉄分はある程度は体に蓄えられますが、赤血球は毎日のように作られます。食事から摂った鉄分が不足した場合、蓄えてある鉄分が使われます。

しかしこの蓄えも無くなると、十分な量のヘモグロビンを作ることができず、酸素を体へ運ぶこと難しくなり、体中が酸欠状態になります。

慢性的に酸素の量が足りなくなる状態で、血流自体に問題はありません。

しかし心臓は一生懸命この酸欠を改善しようといつもより働くため「動悸」や「息切れ」が起きやすくなります。

酸素が足りないため疲れやすくなり、が酸欠状態になるとめまいも起きます。これが鉄欠乏性貧血です。

貧血の対策

貧血の対策は、バランスの良い食事をする事です。また妊娠や授乳中、過多月経などの時は、不足する分をサプリメントで補う事も良いでしょう。

「少し貧血のようだ」などと貧血は簡単に考えてしまいがちですが、病気が隠れている場合もあります。特に女性の場合、体に異常があっても生理によるものだと思い込んでいる場合があります

しかし長く続く貧血を放置する事は危険な為、一度受診する事をおすすめします。

貧血に効果のある成分や食品とは?

貧血は血液が足りていない状態です。血液を増やす為に効果があるとされるのは、次のような成分になります。

肉類や魚類、乳製品に多いタンパク質

タンパク質は体の組織を作っており、血液の中のヘモグロビンの材料にもなる成分です。また鉄分と一緒に摂る事で鉄分の吸収も良くなります。

タンパク質摂取におすすめのサプリメント2選!髪の毛への効果は?

貝類やレバーに多い鉄分

血液の元である赤血球を作る為に必要になる成分です。魚貝類や肉、レバーなどに含まれている鉄はヘム鉄といい、緑黄色野菜などに含まれる非ヘム鉄より吸収が良いとされています。

ヘム鉄サプリメントのおすすめ2選!副作用は?

ほうれん草やブロッコリーに多い葉酸

ビタミンB12と一緒に血液を作る働きがあります。また、妊娠初期に葉酸を多く摂取する事で、胎児の神経管閉鎖障害のリスクが少なく出来る事が分かっています。

葉酸サプリメントのおすすめ3選!効果や比較する方法は?

牡蠣や魚介類に多いビタミンB12

葉酸と一緒にヘモグロビンを生成している成分で、不足すれば悪性貧血になります。

魚介類を食べることが少ない人は、不足しがちな栄養素です。

ゴーヤや柑橘類に多いビタミンC

非ヘム鉄を吸収しやすくする成分です。加熱すると成分が壊れてしまう為、鉄分の肉や魚にレモンなどの果汁をかけるなどの利用の仕方で、出来るだけ加熱しないようにしましょう。

コンビニやドラッグストアで買えるものなら?

ただこうした生の食材は保存が難しかったり、帰宅してから調理の時間がなかったりすると、ついつい手を出せないでいる人も多いのではないでしょうか。

コンビニでおすすめな総菜の1つがレバニラです。鉄分はもちろんですが、レバーはビタミンB12や葉酸も含んでおり、なおかつ脂質も少ないため貧血予防におすすめです。

またほうれん草の和え物も良いでしょう。ほうれん草に含まれる鉄分は非ヘム鉄ですが、ビタミンCを含むレモン果汁入りの飲料などで吸収率を高めることが可能です。

アーモンドをはじめとするナッツ類やドライプルーンは、手軽に食べられるためおやつにもぴったりです。

またドラッグストアにも目を向けると、鉄分を含む飲料も数多く売られています。中でもおすすめなのが、次の雪印メグミルクの商品です。

たっぷり鉄分を摂りたいなら、雪印 メグミルク プルーンFe 1日分の鉄分のむヨーグルト

1本あたり6.8mgの鉄分に葉酸とビタミンB12も一緒に取れる、プルーン味の飲むヨーグルトです。

飲むヨーグルトの状態なので胃腸に負担もかかりにくく、食前や食後、空腹時と時間帯を選ばずに飲めます。

飲むタイプではなく、固形のヨーグルトタイプも販売されています。こちらは1個当たり10mgと1日の鉄分量をほとんどカバーできてしまうため、特に女性におすすめです。

口コミ
・美味しいので気軽に続けられる
・胃が痛くならないし鉄臭さもない
・おやつに置き換えても満足度が高い

貧血の方向けにサプリメントの選び方を解説します!

偏食などで鉄分が摂れていないと思う方は、不足分をサプリメントで補うのは良い事ですが、鉄は肝臓や心臓などに蓄積する為、過剰摂取になると肝硬変や心不全などを起こす危険があり注意が必要です。

労働基準局の1日推奨量は男性で7~7.7mg、生理がある女性で10.5~11mg、生理がない女性では6~6.5mg、妊婦の場合は初期と授乳期で8.5~9mg、中期、後期で21~21.5mgとなっています。

また鉄剤は吸収が悪い為、吸収が良いヘム鉄の配合でないサプリメントは、吸収が良くなるビタミンCも併せて配合されている製品を選びましょう。

飲むタイミングや飲み方を知りたい

飲むタイミングは食後が良い、とされています。食後の方が副作用が出にくく、吸収されやすいためです。

飲むときは吸収率を下げてしまうタンニンを含む緑茶やコーヒーは可能な限り避けて、水やぬるま湯、あるいはほうじ茶(タンニンが少ない)で飲みましょう。

また一部の抗生物質を含む薬についてはその薬の吸収自体を鉄分が阻害してしまい、胃酸を抑える制酸剤は反対に鉄分の吸収を阻害します。

もちろん鉄分が不足していないのに、鉄分を過剰に摂りすぎるのも禁物です。

薬によっては効果が変わってしまうこともあるため、内服治療の人は鉄分サプリメントを飲んでも良いかどうか、必ず担当医に相談しましょう。

また妊娠中や授乳中の場合も、鉄分は欠かせない栄養素の1つですが、サプリメントは妊娠中に内服しても影響がないかどうか検証されていないことも多いため、こちらも医師に相談することが大切です。

継続すべき期間ってある?

鉄分サプリメントについては、一概に継続すべき期間はありませんが、市販薬の場合は1か月継続しても症状に変わりがなければ病院を受診するように推奨されています。

鉄分サプリメントも目的を持って飲むことが大切であり、普段の生活で鉄分をしっかり摂れるようになり、貧血症状がなければ飲むのをやめるのも1つの方法です。

鉄分は体内に蓄えられ、少しずつヘモグロビンの材料として消費されます。反対に過剰摂取すると、鉄分が体内に溜まりすぎてしまうことがあります。

ヘム鉄の方が吸収率が良いって本当?

ヘム鉄は動物性タンパク質と二価鉄の複合体であり、簡単に言うと動物性タンパク質と同じように体にそのままの形で吸収することができるため、およそ15~30%ほどの吸収率です。

対するホウレン草やブロッコリーなどに多い鉄分は、そのままの形では体内に取り込むことができず、吸収率は5%にも満たないとされます。

しかし、ビタミンCや動物性タンパク質などを一緒に摂ると吸収率がアップします。

ファイチやマスチゲンとはどう違うの?

市販薬には貧血改善薬や鉄剤も販売されています。鉄分を摂るという意味では、サプリメントもそう変わらないように思う人も多いかもしれません。

医薬品であるファイチやマスチゲンは、飲んだ時に体に鉄分が吸収されるように製造されているほか、どの程度の期間、1日あたり何錠が安全か、きちんと実験が行われています。

摂取したことでヘモグロビンがきちんと増えるのかどうかについても、試験が行われているため、鉄欠乏性貧血に効果がある薬であることは大きな特徴です。

1錠当たりの鉄分の含有量については、ファイチもマスチゲンも、それぞれ10mgが含まれています。

一方でサプリメントは、含有する鉄分の吸収率やその効果については、食品であるため試験や実験を行う義務は課せられていません。

市販薬より含有量の多いサプリメントもありますが、本当にそれが体内にちゃんと吸収されるのか、貧血症状が本当に解消されるのか、保証があるわけではないのです。

しかしサプリメントにも、メリットはあります。手軽さもそうですが、成分的に効き目の優しいものを使っているため、副作用が起こりにくいのです。

市販のサプリメントの多くは、吸収率の良いヘム鉄が使われています。市販薬は非ヘム鉄が使われていることが多いのですが、副作用が出やすいのは非ヘム鉄の方です。

副作用としては吐き気がしたり、胃がむかむかとしたり、便秘下痢が起きたりする場合があります。

効果を重視するなら市販薬の方がおすすめですが、もし試してみて副作用が重いようなら、ヘム鉄が使われているサプリメントを使うのも1つの方法です。

しかし基本的には、本当に貧血かどうか、1度検査したうえで使用を検討することをおすすめします。

鉄欠乏性貧血など貧血の場合もあれば、全く違う病気が隠れている可能性もあるためです。

サプリポートは鉄分サプリメント利用者にアンケートを実施しました。

サプリポートでは611人にサプリメントに関するアンケートを実施しました。中でも鉄分サプリメントは貧血目的の方をはじめとして特に利用者が多いサプリメントの一つです。そのため、鉄分サプリメントでは2つの記述式質問を設け、利用実態を詳しく調査しました。ここでは回答の一部をご紹介します。

アンケートの詳細をご覧になりたい方は以下の記事をご覧ください。

鉄分サプリメントのおすすめ3選!効果や副作用とは?

鉄分サプリメントの利用目的とは?

やはり貧血の症状を感じたり、検査で貧血との診断結果が出たりしたことがきっかけで摂取を始める方が多いようです。妊活中や生理中の貧血対策として摂取している方もいらっしゃいます。

・貧血、低血圧の症状があるため
・健康診断の血液検査で貧血だったから
・妊娠中での貧血予防のため
・生理中の全身の倦怠感や立ちくらみ・集中力低下を改善するため
・鉄分は食事では摂取しにくいから

【口コミ】鉄分サプリメントを利用してからの変化とは?

他のサプリメントと比較しても、貧血の症状を抱えていた方が鉄分サプリメントを利用した場合は特に変化を感じやすいようです。

・貧血の症状が軽減した
・健康診断での数値が改善した
・生理時の貧血が前よりもマシになってきた
・妊娠中は貧血になりやすいと言われているが特に貧血の症状はなく過ごせています
・疲れやすさはなくなりました

貧血におすすめのサプリメントランキング!

貧血には、鉄分や葉酸など造血作用がある成分が配合されたサプリメントがおすすめです。口コミなども併せてご紹介していきます。

貧血におすすめのサプリメントランキング!

貧血には、鉄分や葉酸など造血作用がある成分が配合されたサプリメントがおすすめです。口コミなども併せてご紹介していきます。

第1位 貧血症状で生活に支障がある方に アサヒグループ食品 ディアナチュラ鉄・葉酸

1日の目安1粒で鉄分は12mgと葉酸200μg、吸収が良いヘム鉄ではない為併せてビタミンCも80mg配合されています。鉄分12mgが 摂れる為、鉄欠乏性貧血や過多月経などの症状がある方におすすめです。

口コミ
・20年ほどの貧血だったが効果があったようで、血液検査が正常になった
・毎回貧血検査で引っ掛かっていたのが飲みだしてから改善された
・飲んでいると息切れなどの貧血の症状が改善される

ディアナチュラ 鉄・葉酸 60粒
ディアナチュラ

第2位 軽い貧血の方に DHC ヘム鉄

1日の目安2粒で、吸収が良いヘム鉄が10mg摂れます。また葉酸も70μg含まれており、妊婦さん以外の方に丁度良い含有量です。

口コミ
・鉄欠乏性貧血と診断され病院処方された鉄剤を飲み終えた後切り替えたが、血液検査も問題ない
・長年立ちくらみに悩まされていたが、これを飲み始め2週間で全く起こらなくなった
・血液検査で引っ掛かって服用を開始。副作用もなく立ちくらみもなくなり血液検査も良くなった

第3位 妊婦さんにおすすめ ビーンスタークマム 葉酸と鉄これ1粒

1日の目安1粒で鉄分13mg、葉酸400μg、ビタミンも6種類配合されています。チュアブルタイプで美味しくお菓子感覚で食べる事が出来る上、鉄分が13mgと多い為妊婦さんにおすすめです。

口コミ
つわりが酷くて錠剤を飲むのも辛かったが、これは1錠でよく味も美味しくて食べられた
・現在妊娠9カ月で、妊娠してから飲み続けているが血液検査で貧血に引っ掛からない
・妊娠中に貧血になり助産師さんに勧められた

第4位 貧血予防におすすめ 小林製薬 ヘム鉄・葉酸・ビタミンB12

1日の目安は3粒で吸収の良いヘム鉄が6.5mg、葉酸200μgが配合されています。食事からの不足分が補え、過剰にならない含有量となっています。

口コミ
・血液検査の結果が良いので改善されているようだ
・子供が貧血の為買ってみたが、2か月飲んで改善されたようだ
・体のだるさや頭痛、階段を上った時の心臓のドキドキや息切れもなくなり体が軽くなった

小林製薬 ヘム鉄・葉酸・ビタミンB12(90粒)

アメリカの貧血サプリメントを知りたい

サプリメント大国とも言われるアメリカのメーカーが発売するサプリメントは、大容量で安価、かつ日本とは違い薬と食品の中間に位置づけられることから、日本でも愛用する人も多いのが特徴です。

ただアメリカのサプリメントの多くは、成分含有量が日本のものより多いことがほとんどです。過剰摂取にならないよう、自分自身の目で成分をチェックしましょう。

そんなアメリカの鉄分サプリメントについて、人気のあるものを調べてみました。

胃腸に優しい、ソースナチュラルズ アドバンスドフェロケル27mg

キレート加工された胃腸に優しい鉄27mgを中心に、ビタミンCや葉酸、ビタミンB12、カルシウムを一緒に補給できるサプリメントです。

鉄分以外の栄養素も不足しがちな人におすすめのサプリメントです。

口コミ
・健康診断の結果が良くなった
・胃が痛くならない