グミサプリメントのおすすめ3選!効果は?アメリカなど海外で人気?

グミサプリメントとは?アメリカなど海外で人気って本当?

グミサプリメントとは、その名前の通りサプリメントの成分をお菓子のグミとして摂れるようにした製品のことです。

水なしで飲めるほか、味も美味しく見た目も可愛いものが豊富で、近年注目を集めています。

サプリメントが広く活用されるアメリカでは、グミサプリメントの市場規模の拡大は著しく、2015年の時点で700億円を超えています。

また食べやすさや見た目の可愛らしさが子供の興味を引くことから、海外では子供向け商品が多いことも特徴の1つです。

実は日本でも、グミサプリメントと同様に水なしで飲める甘い味の医薬品が、長く発売されています。

河合製薬株式会社が発売する「カワイ肝油ドロップ」はゼリー状ドロップ剤であり、肝油の主成分であるビタミンAビタミンDを基本に、種類に応じてビタミンCカルシウムが含まれています。

子供の栄養の偏りなどが問題視される中、お菓子であるグミなら食べてくれることも多く、通常のサプリメントに比べると子供向けの商品も豊富です。

グミサプリメントとは?アメリカで人気って本当?

グミサプリメントは効果ある?メリット、デメリットを解説!

グミサプリメントは見た目も味も正にグミであり、サプリメントとして効果を発揮してくれるか気になるところです。

成分上はカプセルタイプや錠剤タイプと同じように栄養素が含まれており、その量もきちんと表記しているものがほとんどです。

サプリメントが食品であることを踏まえると、グミサプリメントも同様に自分に足りない栄養素を補給する目的で摂るなら、他のサプリメントと同様に食事面をサポートしてくれると考えられます。

しかしサプリメント自体、本当に効果があるのか、量が適切なのか、医薬品とは違ってきちんと分かっていないことも多く、効果の有無ははっきりと分かっていません。

また健康でバランスの取れた食生活を送る人が、栄養補給の目的でサプリメントを摂っても、ほとんど効果がないとされます。

したがって、自分にとってグミサプリメントはメリットがあるものかどうかきちんと判断し、その上で使うことが大切と言えます。

グミサプリメントのメリットは?

グミサプリメントのメリットは「続けやすさ」と「おやつの代わりになる」ということです。

サプリメントは薬とは違い栄養を補うことが大きな目的であるため、効果が分かりにくい、あるいは効果が出るまで時間がかかることがほとんどです。

そのため臭いや飲みにくさ以外にも、ちょっとしたことで飲むのをやめてしまい、続けられない人も多くいます。

しかしグミサプリメントは味や食感が工夫されており、続けやすくなっています。色や見た目もカラフルで、目で楽しめるのも他のサプリメントにはあまりない特徴です。

また甘くて味の種類が豊富なため、ダイエット中などカロリーをコントロールしつつ栄養を補給したいときに活用できます。

サプリメントだからこそ「お菓子を食べてしまった」という罪悪感も少なくなり、ダイエット中のストレス軽減にも役立ちます。

グミサプリメントのデメリットは?

グミサプリメントには「カロリーの高さ」と「添加物が気になる人は使いづらい」「特定原材料等27品目のアレルギーが含有されることがある」という3つのデメリットがあります。

まず、グミサプリメントという形状だからこそ、カロリーがどうしても高くなってしまいます。

たとえば養命酒製造の「グミ×サプリ」は、1日分あたり52kcalです。UHA味覚糖の「グミサプリ 鉄&葉酸」はおよそ16kcalと、養命酒製造に比べると低めです。

しかし原材料を見るとどちらも、砂糖や水飴、コラーゲンなどが最初に表記されています。

原材料はたくさん使用されている順に表記する決まりがあるため、砂糖など糖分が多いことが分かります。

同じく10mgの鉄分が補給できるDHCの「ヘム鉄」は、1日分当たり2.8kcal、炭水化物は0.06gです。

味や香り、食感、食べやすさではグミサプリメントの方が優秀ですが、たくさんの栄養素をグミサプリメントで補おうとすることはカロリーの面から見てあまりおすすめできません。

またグミサプリメントの場合は美味しさを維持するために保存料や着色料、香料など添加物が使われていることもよくあります。

もちろん体に影響のないものばかりですが、できるだけ無添加にこだわりたい、香料も種類にこだわりたい、と考える人にとっては、選択肢が少ないかもしれません。

またグミという形にする過程でゼラチンを使うほか、カプセルや錠剤タイプに比べるとアレルギー物質に触れる製造設備で作られることもあります。

そのためアレルギーがある人にとっては、選択しづらいと言えるでしょう。

どのくらいなら食べてもOKか知りたい!

基本は、グミサプリメントごと決められている1日当たりの推奨摂取量を守るようにしましょう。

1種類のグミサプリメントであれば、推奨摂取量を守るよう心がければ毎日食べても問題はありません。

しかし、グミサプリメントを複数使うのであれば、1日分を手のひらに全部まとめてのせてみましょう。

手のひらのおよそ半分の面積を超えるほど食べる予定になっている人は、グミサプリメントの利用を見直した方が良いでしょう。

成分によっては1度に大量に食べることで腹痛や下痢吐き気などを起こす場合があります。それが長期的に続くと、思わぬ病気の原因になるかもしれません。

またダイエット中の方は、食べ過ぎによるカロリーオーバーに繋がる可能性があります。

たとえばUHA味覚糖のグミサプリは1日分なら17kcal、糖質も2.6gとそう多くはありません。噛んで食べるため、ダイエットに向いています。

しかし「1袋ついつい全部食べてしまった」となると、10日分のグミサプリなら170kcal、ご飯100g分に相当します。

ご飯の量を減らしていても、グミを1袋食べていたら毎日ご飯100gを余計に食べていることになってしまうのです。量を調整するか、成分をよりまとめて摂れるグミサプリメントに切り替えてみましょう。

グミサプリメントはどんな人におすすめ?

グミサプリメントは「サプリメントの味や臭いが気になって続けられない」「おやつをもっと栄養があるものにしたい」と考える人におすすめです。

子供向けのグミサプリメントも販売されているため、内容をしっかりチェックしたうえで栄養補給に活用できます。

美肌を目指したい人におすすめ

グミサプリメントは通常のサプリメントと異なり、水分をたっぷり含んでいます。そのため水なしでどこでも飲めて、しかもしっかり噛みながら食べられるため、顔周りの血行促進にも効果的です。

またグミを食べる際によく噛んだり、味わったりして楽しみながら食べることで、リラックス効果も得られます。

グミに欠かせないゼラチンそのものもコラーゲンの1種であるため、グミを食べれば自然とコラーゲンが補給できるのもメリットです。

美肌を目指す目的で補給する場合は、肌のコラーゲン生成を助けるビタミンCや、原料となるコラーゲンをさらにプラスして補えるグミを選ぶと良いでしょう。

乳酸菌入りのグミサプリメントも人気

カンロ株式会社が発売する「ピュレグミ」とキリンがコラボした「ピュレサプリグミ iMUSE プラズマ乳酸菌」が2019年に発売されました。

こちらの商品に使われるプラズマ乳酸菌とは、キリンが開発した免疫細胞を活性化する効果をもつ新しい乳酸菌です。

乳酸菌に重きを置いているため、ビタミンCは1袋当たり60mg、コラーゲンは4,000mgと少なめですが、ヨーグルトのように冷蔵庫に保存する必要もなく、気軽に乳酸菌が摂れるのがメリットと言えます。

またグミサプリメントの中では比較的安価なのもポイントと言えるでしょう。

このほかにも、乳酸菌入りのグミサプリメントにはUHA味覚糖の「グミサプリ トリプル乳酸菌」や、子供向けにはユニマットリケンの「子ども肝油&乳酸菌ドロップグミ」が挙げられます。

グミでも乳酸菌って補給できるの?

乳酸菌というとヨーグルトなど食品のイメージも多く、グミでも補給できるか気になっている方も多いのではないでしょうか。

乳酸菌自体の補給は、グミでも可能です。乳酸菌サプリメントがあるように、たとえ乳酸菌そのものが死んでいても得られる効果があるため、乳酸菌をグミで補給しても問題ありません。

しかしヨーグルトやキムチ、チーズのように、乳酸菌が豊富に含まれる食材も身近にたくさんあります。

乳酸菌入りのグミサプリメントもそれらの1つとして考え、摂りすぎないようにしましょう。

大容量!コストコで買えるグミサプリメント

コストコで販売されているグミサプリメントにはいくつか種類があり、子供向けのグミサプリメントであるリル・クリターズの「ガミーバイツ」が特に人気です。

2~3歳の子であれば1日に1個、4歳以上は1日2個でビタミンAやビタミンB群をはじめとする様々なビタミンが補給できます。

またコストコではUHA味覚糖のグミサプリの大容量バージョンが販売されているので、継続して摂りたい人におすすめです。

サプリメントであることを忘れずに活用しよう

グミサプリメントは一見するとお菓子ですが、サプリメントであることに変わりはありません。

いくら美味しいグミだからと言って、食べ過ぎには注意が必要ですし、1日当たりの成分量に注意することも重要です。

またたくさん食べたからと言って、病気が治るわけではありません。病院へ通院治療中の人や内服治療中の人は、医師へ相談してから使用しましょう。

グミという見た目に惑わされず、自分に必要な成分を選ぶことが大切です。

グミサプリメントのおすすめ3選!

グミサプリメントはまだまだ国産の商品は少ないものの、少しずつ増えています。その中から、まずは大人向けにおすすめのグミサプリメントを、3つ紹介します。

少量試したい人に、DHC サプリdeグミ マルチビタミン

「グミサプリメントってどんな味?」と気になっている人におすすめなのが、コンビニなどでも発売されているDHCの「サプリdeグミ」シリーズです。

1袋7日分で価格も300円前後と、気軽に試せる値段です。商品によって異なりますが、カロリーも比較的少なく、1日2粒でOKと手軽です。

口コミ
・サプリメントへの抵抗感がなくなるのでおすすめ
・味がおいしい

自分に合う商品を選びたい人に、UHA味覚糖 UHAグミサプリ 鉄&葉酸

国産のグミサプリの中でも種類が豊富なのが、UHA味覚糖のUHAグミサプリシリーズです。中でも鉄&葉酸は人気があり、通販限定ですが1日あたり25.2円で購入できる商品もあります。

成分量は鉄10mg、葉酸240μgと、月経中の女性の1日当たりの推定平均必要量もカバーできます。

口コミ
・食べ始めてからふらつきがなくなった
・ありがちな鉄臭さがなくて食べやすい

様々な味わいが楽しめる、カンロ ピュレグミ インナーサポート

美肌を目指したい人におすすめなのが、コラーゲンも一緒に取れて、様々な成分が一度に味わえるカンロの「ピュレグミ インナーサポート」です。

ピーチヨーグルト味、アサイーブルーベリー味、ソイマンゴー味と3種類あり、1袋に1日分のビタミンCを配合しており、ちょっとしたおやつとして最適です。

1日に推奨される量は13粒で、全て食べるとコラーゲンが約1,500mg補給できます。

口コミ
・ゆっくり舐めて溶かすとフルーツの味が楽しめる
・味を変えて楽しめる
・鉄分も補給できるので、気分的にも楽しい

子供におすすめのグミサプリメント2選!

誤飲や窒息を防ぐためにも、きちんと物を噛んで食べられる2歳以降の子供であることが大前提です。

またアレルギーが起きる可能性も考えて、初めて食べるときはしっかり見守るようにしましょう。

牛乳が苦手な子に、UHA味覚糖 UHAグミサプリ KIDS SPORTS

カルシウム200mg、鉄2mg、ビタミンB6が0.8mg、ビタミンD3μgに、母乳に含まれる成分であるα-GPC(グリセロフォスファチジルコリン)を10mg補給できるサプリメントです。

子供の年齢によって変わるものの、それぞれの栄養素の1日あたりの推定平均必要量の半分前後が補えます。

口コミ
・錠剤が苦手な子なので助かっている
・味の好みが分かれるため、食べてくれないこともあります

乳成分不使用、スクスクのっぽくん カルシウムグミBCAA

トウモロコシを使用した植物由来のカルシウムが使用されており、乳成分を含んでいないため、牛乳アレルギーの人でも摂取できる点や、子供向けに保存料などが不使用となっている点が特徴です。

推定年齢は6歳以上となっていますが、3~5歳の子でもしっかり噛めるようなら食べることができます。

口コミ
・おやつ感覚で食べてくれる
・乳アレルギーがあっても摂れるのが嬉しい