免疫力を高めたい方におすすめのサプリメントとは?

そもそも免疫とは?免疫細胞って何者?

免疫とは、体内に侵入してきた病原菌を撃退するための体のシステムのことを言います。私たちの周りに病原菌は沢山いますが、風邪やウイルスにかからないのは免疫が働いているからです。

免疫細胞とは、病原体を撃退する細胞のことを言います。白血球とリンパ球が有名です。白血球は、樹状細胞やマクロファージ、リンパ球には、T細胞やB細胞があります。これらの免疫細胞がうまく連携して病原菌から体を守ってくれています。

免疫力を高めるポイントとは?食事や生活習慣が大事!

免疫力を高めるためには、バランスの取れた食事を取ることが基本です。特に主食、主菜、副菜の3つを揃えるとバランスの良い食事になります。

たんぱく質は免疫細胞の材料になるため、不足すると免疫細胞がうまく働かなくなります。たんぱく質から免疫細胞になるためには、エネルギーが必要です。糖質も不足しないようにすることが大切です。

その他に睡眠や運動なども体調を整えて免疫を高めるために必要です。継続した運動により基礎体温が上昇し、免疫力があがります。

免疫力を高めるポイントとは?食事や生活習慣が大事!

足りない成分はサプリメントで補いましょう!

忙しくて食事が取れない場合や体調管理がうまくいかない時は、サプリメントを活用しましょう。

野菜や海藻類が不足している時は、ビタミンやミネラルが不足しやすので、マルチビタミンなどのサプリメントが良いです。

サプリポートでは免疫力に関するアンケートを実施しました!

2019年11月、サプリポートは全国の男女400人に免疫力に関するアンケートを実施しました。

ここでは、免疫力低下による症状、免疫力向上のために行っている対策、利用している方が多いサプリメントについてご紹介します。

アンケート全体の結果が知りたい方は以下の記事をご覧ください。
400人に免疫力を上げる方法・サプリメントの効果を聞きました!

注意
なお、アンケートの内容は個人の体験談であり、それぞれの対策を推奨するものではございません。

免疫力低下によって実感した症状

免疫力が低下した際には、風邪にかかりやすくなったりうつされやすくなったりなど、些細な原因で体調を崩してしまう、といった体験談が多く寄せられました。

口内炎やヘルペスなどの特定の症状が現れやすくなるという方もいらっしゃいました。

・風邪をひきやすくなり、鼻腔やのどの痛みを感じることが多くなります
・疲労が溜まる時期だと、普段は移らない風邪やインフルエンザに感染します
・ストレスやホルモンバランスの乱れがあると睡眠不足となり、風邪をひきやすくなります
・20代のときは体調崩すことはありませんでしたが30代になって毎年体調を崩します
・普段はかからないような病気(溶連菌、ヘルペス)などに連続して罹ったり、それらの症状が悪化したりします
・忙しい日が続いてなかなか疲れが取れない時には、目にひどいものもらいが出来てなかなか治らないことがあります

免疫力向上に最も効果を感じる対策とその後の変化

最も効果を感じた免疫力向上のための対策1

睡眠、食事、運動といった基本的な生活習慣の改善が、免疫力向上に役立つと感じる人が多くなっています。

免疫力向上のための対策によって感じた変化についても回答していただきましたので、その一部をご紹介します。

・夜更かしばかりしていた頃は風邪を引くことが多かったが、十分な睡眠を取るようにしてから体調不良になることが少なくなった
・外食を控えバランスのよい食事を摂るように心がけたことで、体調がよくなってここ数年は風邪を引いていない
・週に何回か運動をすることで、体調が悪くなることが減った
・サプリメントでビタミンCと亜鉛を摂るようになってからは、常に感じていた疲労感の改善されました
・インフルエンザが流行るじきにはm部屋を24時間空気清浄、加湿することで、インフルエンザにかかりにくくなりました

サプリメントによる免疫力向上の実感

サプリメントの摂取による免疫力の向上の効果

サプリメントを利用している方の約65%が「サプリメントによって免疫力向上を実感した」と回答しました。今回のアンケートで利用している方が多い成分は各種ビタミン(50名)、ミネラル(16名)利用している方が多いメーカーはDHC(27名)、アサヒ・ディアナチュラ(5名)となりました。

免疫力を高めたい方におすすめのサプリメント!ユーグレナや乳酸菌が効果的?

免疫力を高めるサプリメントとしては、ヘルスエイドビフィーナSがおすすめです。

腸内の有用菌であるビフィズス菌やその他の乳酸菌を含み、有用菌の餌となるオリゴ糖や食物繊維を含んでいるので乳酸菌の効果が期待でき、免疫機能の向上に繋がります。

乳酸菌とは、糖質を分解して乳酸を作る菌の総称を言います。腸内細菌の分類の善玉菌と言われてます。

腸内細菌にも沢山種類があります。乳酸を作って腸内環境を整えてくれるも菌や他の乳酸菌の働きをサポートしてくれる菌(善玉菌)、逆に腸内のたんぱく質を腐敗させ老化やの原因になる物質を作る菌(悪玉菌)など様々です。

ビフィズス菌や乳酸菌は、腸内環境を整えるとよく耳にすると思います。

乳酸菌は、NK細胞の活性化、抗体を作る働きを強める効果があります。他にもサイトカインという物質の調整をする働きをします。

NK細胞は体内に入ってきた病原菌を排除します。抗体は病原菌を弱らせます。サイトカインは、免疫細胞を活性化して病原体の侵入で起こる炎症作用を抑える働きをします。

サイトカインは炎症性と抗炎症性とあります。2つのバランスが崩れて炎症性が多くなると症状が体に現れてきます。

炎症性サイトカインは、免疫細胞同士が病原体の情報を共有するための物質です。病原体が体内に侵入した時に働くマクロファージやB細胞といった免疫細胞を活性化してくれます。

例えば、傷口から侵入した病原体が体内に入るとマクロファージと戦います。すると、細胞はサイトカインを放出して血液中の好中球が傷口に集まるように情報を流します。

情報をもとに傷口に集まった好中球は、病原体に感染した細胞を食べて綺麗にしてくれます。これにより炎症を抑えてくれています。

このように、免疫機能に大きく関わっているのが乳酸菌なのです。

 

また、ユーグレナも免疫力を高めるサプリメントとして有効です。ユーグレナは別名ミドリムシとも言われます。

ユーグレナは59種類の栄養素を持っており、ビタミンやミネラルの補給に向いています。

一般的な植物とは違い細胞膜を持っていません。その為、栄養素の吸収が約93%と優れています。一般的な植物より栄養素をより吸収できる為、健康維持には優れていると言えます。

ユーグレナの特徴としてパラミロンという成分が含まれていることです。不溶性の食物繊維と同じ働きをするので、腸内の不要な老廃物を掃除してくれます。腸内環境を改善し、免疫機能を高めてくれる働きがあります。

一般的な植物は約40%程度です。これは、人間が食物繊維を分解すためのセルラーゼ(分解酵素)を持っていないからです。食物繊維が腸内の環境を整える働きがあるのはこの為です。