肝臓のためのサプリメント4選!効果や選び方、悪い影響があるのか解説!

肝臓の役割とは?

肝臓は、心臓の重さが大きくても300g程度なのに対し、1kg以上もある体の中で一番大きな臓器です。場所はみぞおちよりも少し右側にあり、肋骨の中にほとんど隠れてしまっています。

肝臓には70%近くを切除しても元に戻る事が出来る、驚くほどの再生能力がありますが、それは重要な役割を持っている為だとも言えます。

肝臓の役割は、500種類以上もあると言われていますが、主なものは次の通りです。

  • 胆汁を作る
    脂肪の消化や吸収に必要な胆汁を、1日に700mlから1000ml作っています。
  • 栄養素の分解や合成を行う(代謝)
    ブドウ糖をグリコーゲンに変えて貯める糖質代謝、血しょうたんぱく質であるアルブミン、フィブリノゲンなどを合成するたんぱく質代謝、脂肪酸の合成や分解、コレステロールなどを合成する脂肪代謝があります。
  • 有害な物質を無害にする(解毒)
    たんぱく質は分解されると、毒性があるアンモニアが出来ますが、これを無毒な尿素に変えます。二日酔いなどの原因になるアセトアルデヒドも、無害の二酸化炭素と水に分解されます。また、体に入ってきた細菌や毒素、薬なども無害な状態にまで分解します。

肝臓は一部にダメージが出ても、それを他の部分でカバーでき、我慢強く働いてくれる臓器です。
しかし、それはある程度のダメージを受けていても症状が現れにくいという事でもあります。

肝臓は”沈黙の臓器”と言われますが、症状が出た頃にはかなり機能が低下していると考えられます。そして著しく悪化すると、元のように機能が回復するのは難しくなってしまうのです。

そもそもサプリメントは肝臓に悪い影響があるって本当?

肝臓にとって悪い影響とは、どんな時に起こるのでしょうか。肝臓の機能が低下する時というのは、肝炎のウイルス、飲酒、栄養の摂り過ぎ、薬剤などが原因で起こるとされます。

肝炎のウイルスや飲酒、薬剤などは、先ほど説明した解毒に当てはまります。解毒しなければいけないものが多すぎると、肝臓に負担がかかってしまうという事です。

サプリメントは天然成分と合成成分で作られたものがあります。

合成成分とは、化学的に作られたもので、高純度、高用量で栄養素を摂れますが、丸々栄養素が効くかというとそうはならず、逆に体にとって異物と捉えられる可能性が高くなります。

また添加物が多いサプリメントも異物と捉えられやすく、合成成分や添加物が多いサプリメントは、薬と同じように解毒しようとする為、肝臓の機能を低下させてしまう要因になるかもしれません。

その他、サプリメントが肝臓に悪い影響を与える可能性があるのは、栄養を摂り過ぎた場合です。体から排出されにくい栄養素を過剰に摂ると、肝臓に蓄積され分解機能に負担をかけてしまうのです。

ダイエットむくみ対策などで飲まれるメリロートの成分であるクマリンや、お酒の前に飲むウコンで肝障害が起きたという報告があり、検証結果があります。

ダイエットサプリメントのおすすめランキング!効果や副作用は?

クマリンは、配合量自体が国際基準を大きく上回り、1日の目安量を飲んだだけでも過剰になってしまったもので、ウコンはすでに肝機能障害を持った人が摂り、鉄分の分解が進まず肝臓に蓄積して起こったものです。

配合が多ければ良いというものではありません。また元々持病がある方などは、成分などをよく見て、病気に影響がないか確認してから飲んでください。

医師が処方する薬や国が認めた特定保健用食品でも、体質などから肝障害を起こす事もあります。サプリメントだから悪いとは言えず、添加物や合成成分、過剰摂取に注意すれば、肝臓に悪影響は出にくいものだと言えます。

肝臓に効くサプリメントの選び方を解説!

肝臓に効果があると謳われているサプリメントは多いですが、その中で良いサプリメントの選び方をご紹介します。

肝臓に良い栄養素が配合されている

肝臓に良いとされる栄養素は、オルニチン、タウリン、スルフォラファンなどです。オルニチンは肝臓の働きをサポートしてくれ、タウリンは、胆汁の分泌を促したり、肝細胞の再生を高め、肝臓の負担を軽減します。

スルフォラファンは、東海大学医学部付属東京病院とカゴメとの共同研究で、1日30mgの摂取で肝臓の解毒作用や炎症を抑える作用を高め、肝臓の機能を改善する事がわかった成分です。

オルニチンサプリメントのおすすめランキング!効果や副作用は?

タウリンサプリメントのおすすめ4選!効果や注意点は?

スルフォラファンサプリメントのおすすめ3選!成分や選び方を解説!

無添加で合成成分が少ない

原材料が表示されているものを選びましょう。成分や含有量なども確認すべき項目です。無添加である事が好ましく、合成成分で出来ていない物を選ぶ方が肝臓に負担をかけない良いサプリメントになります。

天然成分が原材料の場合、例えばビタミンならビタミンを抽出した原材料が書かれており、合成成分の場合は、ビタミン〇というように栄養素そのままが記載されています。

信頼のできるメーカーである

製造販売元がしっかりわかるものを選んでください。どんな工場で製造されているかなどもわかれば安心です。

輸入製品でも良いものはありますが、問い合わせが出来ない、注意事項が読めない、内容成分がわからないなどで困る事も多いようです。また日本の規格に合っていない場合もあり、過剰摂取などに注意が必要です。

おすすめの肝臓に効くサプリメント4選!

これまでに解説してきた選び方を踏まえて、肝臓に効くおすすめサプリメントを4つご紹介します。

商品名 小林製薬
肝臓エキスオルニチン
やずや
にんにくしじみ
自然食研
しじみ習慣
カゴメ
スルフォラファン
参考価格 1,136円 2,160円 3,997円 3,890円
内容量 120粒(30日分) 31日分 60粒(30日分) 93粒(31日分)
1日あたりの摂取量 4粒 2球 2粒 3粒
1日あたりの価格 37.9円 69.7円 133.2円 125.5円
注目ポイント オルニチン
900mg
オルニチン
190mg
累計販売個数
666万個という実績
スルフォラファン
30mg
詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

小林製薬 肝臓エキスオルニチン

とうもろこしから抽出されたオルニチンが1日目安4粒で、900mg配合されています。オルニチンの1日摂取目安量は400~1000mgなので過剰にもならず安心です。

天然のオルニチンが高配合されており、また無添加でおすすめできます。

小林製薬の栄養補助食品
¥1,147 (2019/08/26 13:05:35時点 Amazon調べ-詳細)

やずや にんにくしじみ

植物由来のオルニチンで安心して飲めます。しじみで換算すると500個分配合されており、1日の目安2球でオルニチン190mgの配合となっています。

また、肝臓の働きをサポートしてくれるアリシンがにんにくには含まれており、タウリンの含有量が多い牡蠣エキスも配合されているので、肝臓良いサプリメントです。

やずや
¥2,160 (2019/08/26 13:05:36時点 Amazon調べ-詳細)

自然食研 しじみ習慣

オルニチンやタウリン、亜鉛などが含まれるシジミを煮だして作られた商品です。全材料がHPで紹介されており、天然成分で添加物も少なく安心して飲めます。1日2粒が目安です。

¥7,996 (2019/08/26 09:11:08時点 Amazon調べ-詳細)

カゴメ スルフォラファン

ブロッコリースプラウトから作られたスルフォラファンが、1日3粒で必要量の30mg配合されています。肝機能が改善されたとする研究を行ったメーカーであり、サプリメントで実証されている為、効果が期待できます。

また原材料も天然成分が多く安心して飲む事ができ、おすすめです。

カゴメ
¥4,580 (2019/08/26 13:05:36時点 Amazon調べ-詳細)