ルテインサプリメントのおすすめ3選!効果、副作用は?

そもそもルテインとは?その効果を解説!

ルテインは、カロテノイドと呼ばれる天然色素の一種で、野菜や植物に含まれる成分です。体内では生合成することができず、摂取する必要がある栄養素になります。

ルテインは、強力な抗酸化作用を有しており、活性酸素の発生を抑制する働きをしており、様々な効果が期待できます。

目の保護作用

ルテインは、目の中の水晶体や黄斑部に特に多く分布しています。太陽光の紫外線やパソコン・スマホのブルーライトなどの有害な光を遮断する作用があり、“天然のサングラス”とも呼ばれています。

目を保護することで、眼精疲労予防・ドライアイ予防の効果が期待できます。また、抗酸化作用もあるので、それら症状の改善効果も期待できます。

目の疾患予防

有害な光や目の使い過ぎ、また老化やストレスなどで発生した活性酸素は、目の細胞を酸化させ、目の疾患・目の悩みの原因になります。

強力な抗酸化作用により、白内障・加齢黄斑変性症・飛蚊症・網膜剥離などの目の疾患の発症を予防する効果が期待できます。また、老眼などのピント調節機能が低下する症状の予防・改善効果も期待できます。

加齢黄斑変性におすすめのサプリメント4選!症状や予防法を解説!

美容・美肌効果

活性酸素は、肌の細胞を酸化させ、シミ・シワ・乾燥肌の原因になります。ルテインの抗酸化作用と紫外線遮断作用により、それら肌の悩みの予防効果が期待できます。

生活習慣病予防・がん予防

活性酸素は、細胞にダメージを与え、血管などの劣化や細胞のガン化の原因になります。

人がかかる病気の90%は活性酸素が原因と言われており、強力な抗酸化作用を有するルテインは、病気予防に効果大です。

ルテインを豊富に含む食品とは?

ルテインは植物の色素成分であるため、野菜に多く含まれています。特に緑黄色野菜であるほうれん草・ケール・パセリ・ブロッコリーに豊富に含まれています。

ほうれん草には、100g当たり5mgと高い含有量があり、また、食卓でも一般的な食材であるため、最もルテインを摂取しやすい食品になります。

また、ルテインは非常に熱に強く、壊れにくいという性質があります。焼き物や煮物などでも影響なく摂取できる栄養素であるため、調理法に気を使う心配もありません。

ルテインに副作用はある?摂取基準はどれくらい?

厚生労働省によるとルテインの摂取推進量は1日6~10mgになっています。これは、あくまでも目の健康を維持するための最低必要量で、すでに目の悩みや疾患を抱えている場合には、1日20mgを推進しています。

また、FAO(国連食糧農業機関)やWHO(世界保健機関)によって定められた許容摂取量・上限量は、体重1kg当たり2mgとされており、体重50kgの人の場合は100mgと、かなりの摂取が可能になります。

副作用は、長期の摂取で、皮膚が黄色に変色する柑皮症が発症したとの報告がされていますが、これはサプリメントによる異常な過剰摂取によるものと考えられており、基本的に適量であれば副作用はありません。

体外に排出されやすい性質であるため、肝機能や腎機能に悪影響を及ぼす心配もなく、妊娠中授乳中でも気にせずに摂取できます。

ルテインサプリメントの摂取のタイミングは?飲み方を解説

ルテインは脂溶性の栄養素になります。脂溶性成分は水に溶けにくく、油に溶けやすい性質であるため、油と一緒に摂取することで吸収率が増す特徴があります。

よって、食後に摂取するのが最も効率的といえます。また、脂質が少ない朝食に摂取するよりは、脂質の多い昼食・夕食後の摂取の方がさらに効果的といえます。

ルテインサプリメントの選び方を解説!

しっかりと緑黄色野菜を摂っていれば、ルテイン不足になることはありません。しかし、効果的な摂取量を補うには食事だけでは難しく、効率的に摂取するには、やはりサプリメントの利用が不可欠です。

ルテインサプリメントの選び方のポイントを解説していきましょう。

ルテインの含有量

摂取の目的によっても必要量は違いますが、最低でも摂取推進量は確保したいところです。1日目安量が、10mg以上の商品を選ぶとよいでしょう。

許容摂取量以内であれば問題なく摂取できるので、効果を実感したい場合は、含有量の多いものを選ぶのも一つです。

その他配合成分

ルテインサプリメントは、目の機能改善や疲労回復が目的であり、そのためルテイン以外の様々な有効成分が含まれているものが多くなります。

例えば、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニン、ルテインの吸収率を高めるゼアキサンチン、網膜神経細胞の保護効果があるクロセチン、抗酸化作用のあるアスタキサンチン・カシスエキス・メグスリノキエキスになります。

ルテインと共に摂取することにより、相乗効果が期待でいるので、より目への効果を求める場合は、他成分のチェックも忘れずに行いましょう。

原料や品質を確認する

ルテインサプリメントの中には、人工的に作られたルテインを使用しているものもあり、目の炎症や痒み・咳症状・消化器症状といった副作用の報告もあります。

天然由来成分を使用しているもの、原料にこだわっているものなど、品質の高いものを選ぶようにしましょう。信頼のあるメーカーのものを選ぶと安心・安全です。

薬局・ドラッグストアで購入できるルテインサプリメントを解説

市販されているルテインサプリメントは、国内の大手メーカーの商品で、信頼性の高いサプリメントになります。実際に商品を手に取り確認できるといったメリットがあります。

また、ルテインサプリメントは高価なものが多いですが、市販のルテインサプリメントは比較的お求め安い値段の商品が多くなります。

手軽に始めたい人に DHC ルテイン

1日の目安量に、ルテインが16mg配合されています。加えて、同じく目に良い成分であるカシスエキス・メグスリノキエキス・クロセチンも配合されています。

20日分用と30日分用があり、初めての方から継続している方まで、様々な方に利用できるようになっています。

DHCの商品は、厳選された原料のみを使用し、国内のGMP認定工場で製造されているため、品質・安全性ともに高い商品になります。

口コミ
・飲み始めて2週間くらいで目がすっきりしてきました
・どこのドラッグストアでも買えるので、無くなっても焦りません。気づいたら飛蚊症が治っていました

信頼の品質 小林製薬 ルテイン

1日の目安量に、ルテインが10mg配合されています。加えて、ルテインの吸収率を高めるゼアキサンチンも配合されています。

小林製薬のサプリメントは、医薬品同様の品質管理の下、国内のGMP認定工場で製造されています。また、着色料・香料・保存料は無添加となっており、品質・安全性ともに高い商品になります。

口コミ
・他社と比較して値段も安く、信頼できるメーカーなので、飲み続けています
・錠剤が飲みやすい大きさで、高齢の母へ安心してプレゼントできます

手軽に高品質 アサヒ ディアナチュラ ルテイン+メグスリノキ

1日の目安量に、ルテインが12mg配合されています。加えて、同じく抗酸化作用を有するメグスリノキエキス・ビタミンEも配合されています。

ディアナチュラシリーズのサプリメントは、品質・安全性の高い原料のみを使用しており、着色料・香料・保存料は一切使用していません。また、国内のGMP・ISO14001を取得した工場で製造されており、安心して飲むことができます。

口コミ
・パソコン業務が多く、疲れ目やドライアイに悩んでいましたが、少しずつですが改善しているように感じます
・飛蚊症も軽減して嬉しいです。1日1回1錠で効いてくれるので助かります

海外のルテインサプリメントを解説

海外のルテインサプリメントは、国産のサプリメントと比較すると、内容量も多く価格も低価格な商品が多くなります。また、1錠当たりのルテイン配合量も多く、効果が高いものが多くなります。

海外製ということで躊躇しがちですが、サプリメント先進国アメリカの品質管理体制は非常に整っており、大手メーカーでは、臨床試験などを高頻度で行うなどしており、品質・安全性に問題はありません。

海外ルテインサプリ人気NO1 Doctor’s Best(ドクターズベスト) ベストルテイン

1日の目安量に、ルテインが20mg配合されています。加えて、ルテインの吸収率を高めるゼアキサンチンも配合されています。

ドクターズベストのルテインサプリメントは、フリールテインを使用しています。単にマリーゴールド花から抽出されたルテインとは違い、それを精製し純度を高めたルテインになり、吸収率も高いものになります。

ドクターズベストは、1990年に医師らによって設立されたアメリカのサプリメントメーカーで、科学的根拠に基づく研究を重ね、高い品質と安全性を求めることで知られており、アメリカでは人気のブランドになります。

口コミ
・1錠に20㎎配合はさすがです。国産のものよりも効いているように感じます
・白内障の初期で服用し始めました。もやもやした視界が改善しているように感じます

最高のコストパフォーマンス Swanson(スワンソン)社 ルテイン40mg

1日の目安量に、ルテインが40mg配合されています。ルテインの配合量の多さから、高い効果が実感できるサプリメントになります。

スワンソン社は、アメリカの歴史ある大手サプリメントメーカで、品質と安全性の高い商品を提供する有名なブランドです。顧客の満足度を最優先にした企業理念を持っており、コストパフォーマンスが高いことでも知られています。

口コミ
・1錠にルテインが40mg配合されていて、さらに低価格。国産品ではまずありません
・高配合のおかげなのか、目の効果はもちろん、肌の調子も良くなったように感じます

ルテインサプリメントのおすすめ3選!

では、数あるルテインサプリメントの中でも、特におすすめの商品を紹介・解説していきましょう。

目に良い栄養素が充実 さくらの森 めなり

1日目安量に、ルテインが12mg含まれています。また、アントシアニン・ゼアキサンチン・アスタキサンチン・クロセチン・ビタミン類・ミネラル類と、目に良い栄養素が豊富に含まれています。

それら成分の配合量の多さもさることながら、最大限の相乗効果が期待できるような比率で配合されており、様々な技術やデータが集約されたサプリメントになっています。

使用されている原料は全て国内で製造されており、高品質なものだけを厳選しています。また、GMP認定の国内工場で、徹底した品質・安全管理の下製造されています。

口コミ
・長時間のパソコン仕事が楽になりました
・年齢と共に、視界がぼんやりになっていましたが、今でははっきり見えています

日本初の目の機能性表示食品 ファンケル えんきん

1日目安量に、ルテインが10mg含まれています。また、アントシアニン・アスタキサンチン・DHAも配合されています。

体内での効率を第一に考えた配合になっており、合成着色料や保存料は一切使用していません。体内への吸収率を上げ、また成分の酸化を防ぐために、植物由来のソフトカプセルを使用しています。

原料選びから開発まで全てファンケルの研究所で行っており、GMP認定の国内工場で、高い品質基準の下製造しています。日本初の目の機能性表示食品として話題となったサプリメントになります。

えんきんは、薬局やドラッグストアで購入することができます。

口コミ
・細かい文字も手元の文字も読みやすくなりました
・えんきんを飲むようになってから、目を押さえる回数が減りました

ファンケルのサプリメント・えんきんの口コミは?効果や副作用など特徴を解説します!

ルテイン配合量最高レベル ひとみの専門店 朝のルテイン&プラセンタ

1日目安量に、ルテインが40mg含まれています。また、プラセンタエキス・ゼアキサンチンも配合されています。

特徴は何といってもルテインの配合量の多さです。40mg配合は国内他社製品と比較して圧倒的に多く、海外製品レベルの配合量です。

吸収性・安全性の高い高品質な原料を使用し、国内工場で厳しい管理の下製造されています。ルテインサプリメントとしては初のゼリータイプのサプリメントで、毎日おいしく続けられると、高いリピート率を誇っています。

口コミ
・食べ始めてから3週間くらいで効果を実感してきました
・プラセンタのおかげか、肌の調子まで良くなりました