動脈硬化の原因や悪影響とは?おすすめのサプリメントを紹介!

動脈硬化の原因は?もたらす悪影響は何?

動脈硬化は、中年以降に起こると思っておられませんか?実は動脈硬化は、産まれて間もなくから始まっています。血管の老化は誰にでも起こるのです。

しかし、症状が出てくるのは30歳を過ぎた辺りからです。誰でも徐々に進行していくものですが、不規則な生活をしていると早く悪化すると言われています。

動脈硬化の原因の一つは血管の老化なので、これは仕方のない事ですが、それ以外に五大危険因子と呼ばれるものがあります。それは高血圧、脂質異常、喫煙、糖尿病、肥満です。

これらの危険因子がある事で、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患や、脳梗塞や脳出血、目の奥が出血する眼底出血や腎硬化症などに罹るリスクが、高くなる事がわかっています。

脳梗塞予防におすすめのサプリメント4選!効果のある成分と予防法を解説!

塩分の摂り過ぎや肥満が原因、高血圧

塩分を摂り過ぎたり、肥満が原因で血圧は高くなりやすく、高ければ高いほどリスクが大きくなります。

各コレステロール値に要注意、脂質異常

悪玉コレステロールのLDLコレステロール、総コレステロール、中性脂肪の数値が高かったり、または善玉コレステロールのHDLコレステロールの数値が低かったりすると、リスクは高くなります。

LDLコレステロールを下げる?サプリメントのおすすめ4選!

1日20本以上でリスク激増、喫煙

1日20本以上吸うと、吸わない人より50%~60%もリスクが高くなります。

運動不足や過食が原因、糖尿病

糖尿病は遺伝だけでなく、運動不足や過食などでも起こる病気です。虚血性心疾患に罹った方の3/4が、糖尿病を合併していたとの研究結果もあります。

合併症も多い、肥満

肥満した人では、血液の中の脂質も多くなりやすく、高血圧や糖尿病を合併している事も多くなります。

動脈硬化を改善する食べ物、悪い食べ物はどれ?

動脈硬化を改善するには、食生活の改善が求められます。動脈硬化に良い食べ物を積極的に摂りましょう。また、動脈硬化に悪い食べ物も知って、なるべく避けるようにしてください。

積極的に食べたい食べ物

  • コレステロールを排出する1日350g以上の野菜
  • LDLコレステロールを下げる青魚
  • コレステロールの吸収を抑える大豆や大豆製品
  • 食物繊維を多く含む玄米や全粒粉のパンや麺
  • ミネラルや食物繊維を多く含む海藻
  • 善玉コレステロールを増やすコーヒー

食べ過ぎに注意が必要な食べ物

  • 1日8g以上の食塩
  • 動物性脂肪のラードやバターなど
  • 脂肪の多い肉類
  • アルコール
  • 糖分の多いお菓子やジュースなど

動脈硬化を改善する食べ物、悪い食べ物はどれ?

動脈硬化を改善する生活習慣、悪い生活習慣は何?

動脈硬化を改善する生活習慣は、適度な運動をして、バランスが良い食事を腹八分目程度摂り、禁煙をして、十分な睡眠を取る事などです。

運動は、激しいものは必要ありません。30分程度のウォーキングやラジオ体操などで良いので、毎日続けられるものにしましょう。

逆に動脈硬化に悪い生活習慣とは、喫煙をして、運動をせず、食べ過ぎたりアルコールを飲みすぎたりする事です。またストレスを溜め込む事は、動脈硬化を悪化させる事になります。

動脈硬化に効果のある成分を解説!

動脈硬化に効果があるとされる栄養素があります。食事から摂るのが理想的ですが、難しい時はサプリメントで摂るのも良いでしょう。

野菜や果物に多いビタミンC

HDLコレステロールを増やして、LDLコレステロールが血管に蓄積するのを防ぎます。

緑黄色野菜に多いビタミンE

コレステロールが酸化して過酸化脂質になり、血管壁を厚くしてしまうのを防ぎます。

野菜や蒟蒻に多い食物繊維

LDLコレステロールに吸着し、排出する事でコレステロールを下げます。

特に蕎麦に多く含まれるルチン

血管を拡張して、血流を多くする働きがあります。

ルチンとは?オススメのサプリメント4選!

青魚に多いオメガ3系脂肪酸(DHA・EPA)

血管壁の細胞膜をやわらかくして血流を良くしたり、血小板の凝集を抑制して血液をサラサラにします。特に医薬品にもなっているEPAが効果的です。

玉ねぎに多く含まれているケルセチン

血管壁にコレステロールが蓄積するのを抑える働きがあり、コレステロールを下げます。またLDLコレステロールが酸化するのを防ぐ為、動脈硬化に効果があるとされています。

海藻に多いアルギン酸

コレステロールや血糖値を低下させ、余分なナトリウムを体外に排出する事で血圧も下げる効果があります。

納豆に含まれるナットウキナーゼ

血栓の元になるたんぱく質を分解する事で血栓予防ができます。またコレステロールや血糖値も下げる働きがあります。

きくらげや干しシイタケに多いビタミンD

アメリカジョージアオーガスタ大学で、ビタミンDを高用量摂取すると動脈硬化を低下させる事ができたという研究が発表されました。

この研究での処方は4000IUで、日本人の1日必要量(220IU)の18倍という量になり、食事では摂る事ができませんが、ビタミンDを摂る事は有効です。

動脈硬化におすすめのサプリメント4選!

動脈硬化に良いサプリメントは、高血圧や糖尿病を予防したり、コレステロールを下げる働きがありものです。

食事から摂るのが基本ですが、良いとされる栄養素の中には体の中で作る事が出来ないものや、食事からだけでは必要量が摂りにくいものもあります。

栄養素が必要量摂れない時には、手軽に必要量を摂れるサプリメントを利用しましょう。安心して飲めるよう、国内産のサプリメントを紹介していきます。

アサヒ ディアナチュラスタイル EPA×DHA+ナットウキナーゼ

1日の目安4粒でEPAが360mg、DHAが154mgの高配合になっています。更に、コレステロールを下げるナットウキナーゼも5.5mg配合され、より動脈硬化が気になる方におすすめのサプリメントになっています。

無臭になっており飲みやすく、魚が苦手な方にもおすすめです。

理研ビタミン わかめペプチド

わかめペプチドとは、わかめのたんぱく質を分解して出来たフェニルアラニルチロシン、バリルチロシン、イソロイシルチロシンなどのアミノ酸の集まりです。1日の目安4粒で500mg配合されています。

高血圧を改善する為に作られた商品で、メーカーの研究で、わかめペプチドを摂り続け高血圧が改善したとのデータがあり、機能性表示食品とされています。

日清 DHA&EPA+ケルセチン

血液をサラサラにする為に、1日の目安4粒で、DHA457mg、EPA43mgと高配合になっています。

また、玉ねぎの皮に多く含まれ、食事からでは摂りにくいケルセチンも100mg配合され、よりコレステロールを下げる効果が期待できます。

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパービタミンD

高用量のビタミンDは、動脈硬化に有効だとわかっていますが、国内産で含有量が多いものはあまりありません。しかしこの商品は1日目安1粒で1000IUものビタミンDが摂れる為、効果が期待できます。

ただ、アメリカでの研究に使用されたビタミンDは、医師管理の元でも上限とされた量です。ビタミンDは脂溶性ビタミンであり、尿などに排出されにくく蓄積してしまう為、過剰摂取には注意してください。