ビタミンAサプリメントおすすめ3選!効果、子供や妊娠中も使えるのか解説!

ビタミンAの肌や目に対する効果とは?ニキビにも効くの?

脂溶性ビタミンに分類されているビタミンAは、目や皮膚の粘膜を健やかに保つ役割を持ち、免疫力や生殖機能の維持など、様々な働きを担っていることでも知られています。

肌のターンオーバーは4~6週間のサイクルで行われますが、睡眠不足・不規則な食生活・運動不足などによって乱れが生じます。このような不規則な生活習慣によってターンオーバーに乱れが生じると、古い角質や過剰に分泌された皮脂などが毛穴に詰まり、やがてニキビになってしまいます。

不規則な生活習慣だけではなく、ホルモンバランスの乱れや年齢を重ねることも、ターンオーバーに滞りが生じる原因となります。ターンオーバーが正しく行われないと、ニキビが生じてしまうだけでなく、シミやシワなどの肌トラブルへと発展してしまう可能性があります。

肌のターンオーバーを整える効果が期待できるビタミンAを意識的に摂取していくことは、ニキビを予防するために重要だと言えます。しかし、ビタミンAサプリメントだけを摂取していれば、完全にニキビを防げるわけではありません。

美しい肌や、髪の毛をつくる材料であるたんぱく質、代謝をサポートする働きのあるビタミンB群コラーゲンの生成を促進する働きがあるビタミンCなどの栄養素をバランス良く摂取することが大切です。

規則正しい食生活や十分な睡眠をとることを心がけ、それでも不足する栄養素がある場合には、補助的な手段としてサプリメントを取り入れてみるとよいでしょう。

ビタミンA摂取とともに行うべきスキンケアのポイントをご紹介!

ここでは、ニキビを予防していくためのスキンケア法をご紹介していきます。スキンケアのポイントを抑えて、美肌を目指してみましょう。

洗顔料をよく泡立てて優しく洗う

洗顔料をよく泡立てて、泡で包み込むように洗いましょう。きめの細かい泡をつくると、皮脂や汚れを吸着することができます。肌を擦ってしまうと、肌荒れを招いてしまう可能性があるので注意が必要です。

ぬるま湯で洗顔料を落とす

ぬるま湯で洗顔料を優しく落としていきます。洗顔料が顔に残ったままの状態だと、肌トラブルの原因となってしまうので、丁寧に行ってください。

保湿を十分に行う

洗顔後は、乾燥を防ぐために、しっかりと保湿を行いましょう。保湿が不足すると、肌の乾燥を招いてしまい、肌荒れやニキビなどの肌トラブルに繋がる可能性があります。健やかな肌を保つために、しっかり保湿を行うことが大切です。

ニキビを防ぐ!スキンケアのポイントをご紹介!

ビタミンAを豊富に含む食品を紹介!

ビタミンAに変換される可能性がある成分をプロビタミンAと呼びます。

プロビタミンAは、約50種類以上あり、体内でビタミンAを活性化することにも役立ちます。プロビタミンAに分類されているβカロテンは、カボチャ・ニンジン・モロヘイヤ・青のりなどの緑黄色野菜や海藻類に豊富に含まれています。

ビタミンAの主成分であるレチノールは、レバー・チーズ・バター・うなぎなどの動物性食品に豊富に含有されています。

脂溶性ビタミンは、油と一緒に摂取することで、体内への吸収率がアップするのでおすすめです。調理法を工夫し、様々な食品をバランスよく摂取することが大切です。

ビタミンAとビタミンC、ビタミンEとの違い

ビタミンAとビタミンEは、脂溶性ビタミンに分類されており、ビタミンCは水溶性ビタミンに分類されています。

ビタミンAには、肌を乾燥や感染などから守り、健やかな状態をキープしていくために欠かせない栄養素の1つです。ビタミンEには、血行促進・肌のバリア機能を保つなどの効果が期待できます。血管を若々しく保ち、動脈硬化を予防する働きがあることでも知られています。

ビタミンCには、メラニンの生成を防ぎ、シミやくすみを予防する働きが期待できます。大人ニキビの発生を予防する効果もあるため、積極的に取り入れてみることをおすすめします。

ビタミンA・ビタミンE・ビタミンCには、抗酸化作用があることでも知られています。健やかで若々しい肌を保つためには、これらの成分を偏りなく摂取するよう心がけていくことが大切です。

レチノールとは?ビタミンAに関連する成分を解説!

脂溶性ビタミンに分類されているビタミンAには、レチノール・レチナール・レチノイン酸があります。

レチノールはビタミンAの主成分であり、皮膚や粘膜の細胞を正常に保ち、免疫力を高める働きもあります。活性酸素の発生を抑え、動脈硬化や生活習慣病を防ぐ効果も期待できます。

また、体内でビタミンAを活性化する成分だと言われているプロビタミンAは約50種類以上もあり、βカロテンはプロビタミンAに分類されています。

カロテンには、β(ベータ)型・α(アルファ)型・クリプトキサンチンなどがあり、中でも、ビタミンAの効果が高いのは、βカロテンだと言われています。

体内でビタミンAに変換して作用すると言われているβカロテンは、抗酸化作用があることで知られています。その他には、光刺激に対して重要な役割を担っています。

レチノールは、肉類や乳製品などの動物性食品に豊富に含有されており、プロビタミンAは、野菜や果物などの植物性食品に豊富に含まれています。

ビタミンAサプリメントは子供や妊娠中でも使えるの?

ビタミンAは脂溶性ビタミンに分類されており、過剰摂取すると吐き気などの副作用が生じる可能性があります。

サプリメントで摂取するのではなく、ビタミンAを豊富に含む食品をバランス良く摂取することが望ましいと考えられます。

子供は身体機能などが未熟なため、サプリメントを摂取することで、副作用が強く見られる可能性があります。サプリメントの使用を考えている場合、かかりつけの小児科の医師に確認してから使うようにしましょう。

厚生労働省の発表では
妊娠3ヶ月前から妊娠初期(3ヶ月)までの間に、ビタミンAの過剰摂取を続けると新生児に先天異常が起こる可能性が高くなる

妊娠を希望している場合、ビタミンAサプリメントの過剰摂取に注意する必要があります。妊娠中の方は、普段よりも体がデリケートな状態になっているため、ビタミンAサプリメントを使用する場合、主治医に相談してから摂取するようにしてください。

ビタミンAの過剰摂取量はどれくらい?副作用はある?

脂溶性ビタミンであるビタミンAサプリメントは、過剰に摂取することで肝臓に蓄積されていきます。摂り過ぎてしまうと、頭痛・吐き気・めまいなどの症状が出現する可能性があります。

厚生労働省は、ビタミンAについて以下のように定めています。

食事摂取基準(2015年版)によると
18歳以上のビタミンAの上限量は、2,700μgRAE/日
※μgRAEはビタミンAが活性量を表す単位

例えば、牛肉のレバーであれば100gあたり1,000μgRAEのビタミンAが含まれています。

レチノールが含有されているサプリメントを過剰摂取しないよう、十分注意していくことが大切です。

ビタミンAサプリメントおすすめ3選!Amazonでも買える?

最後に、Amazonで入手できるビタミンAサプリメントをご紹介します。口コミもピックアップしたので、購入する際の参考にしてください。

1日1粒でOK DHC 天然ビタミンA

DHC天然ビタミンAは、ニンジンの数百倍もβカロテンを配合しているサプリメントです。健やかな毎日をサポートしてくれます。

口コミ
・ビタミンAは粘膜や皮膚を守ると聞いて、試しています
・食事のバランスが乱れがちなので、飲み始めました
・飲むようになり、ニキビが出来にくくなりました

様々なビタミンを摂取できる シオノギ製薬 ポポンS

シオノギ製薬のポポンSは、レチノール・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンDなどが含有されているサプリメントです。15歳未満の子供・妊娠中の方は使用を控えるようにしてください。

口コミ
・乾燥肌ですが、このサプリメントを飲むようになってから肌トラブルを起きにくくなりました
・色々なビタミンを摂取できるのが素晴らしいと思います
・過剰摂取にならないように、栄養バランスが気になるときのみ摂取しています

ビタミンDも一緒に摂取できる Now Foods ビタミンA&D

Now FoodsのビタミンA&Dは、1日1粒でビタミンAとビタミンDを補給できるサプリメントです。丈夫な骨を形成し、皮膚や粘膜を保護する効果が期待できます。妊娠中や授乳中の方は使用を控えるようにしてください。

口コミ
・アメリカ製のサプリメントは安価に購入できるのが魅力だと思います
・過剰摂取にならないように、1日おきに摂取しています
・肌荒れしやすい体質ですが、飲み始めて肌がきれいになったと思います

Now Foodsのサプリメントは、海外サプリメントがお得なiHerbで購入することがおすすめです。

iHerbでのお得な購入方法