飲みやすいケール青汁のおすすめ5選!大麦若葉との違い、効果を解説!

ケールの驚くべき効果を解説します!前立腺炎にも良い?

ケールはアブラナ科の野菜であり、カリフラワーやブロッコリー、キャベツなどがその仲間といわれます。

そんなケールは野菜の王様と呼ばれ、栄養価の高さでよく知られています。

ケールに含まれる栄養の中で特に注目したいものは、食物繊維ビタミンAビタミンEビタミンCなど各種ビタミン類、ポリフェノールルテインカルシウムなどのミネラル類、メラトニンです。

食物繊維

食物繊維は、毎日の気持ち良い排便のために欠かせない成分です。

便通がスムーズになると老廃物の排出もスムーズになります。

生活習慣病、肌荒れ、肥満などに悩む人にはぜひ摂ってほしいものです。

ビタミン類

ケールには、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどの豊富なビタミン類が含まれます。

ビタミンAは、粘膜や皮膚を強くしたり目の健康を守るために欠かせません

ビタミンCは、肌のハリに関わるコラーゲンを生成するために必要な成分です。肌の状態を良好に保つためには欠かせません。

ビタミンEは抗酸化作用を持ち、ビタミンAやビタミンCと一緒に摂ることで細胞を修復し体の老化を防ぎます。

ポリフェノールやルテイン

抗酸化物質であるポリフェノールやルテインなどは、活性酸素による細胞の酸化を防ぐために欠かせない成分です。

活性酸素による細胞の酸化は、がん、動脈硬化、老化、炎症、免疫低下など、さまざまな不調や疾患に関わるため、抗酸化作用のある成分をこまめに摂ることが大切です。

ルテインは、目の健康の維持にも関わっています。

ミネラル類

ケールに含まれるミネラルの中で注目したいのがカルシウムです。

その量は牛乳の2倍ともいわれます。

カルシウムを摂りたいけれど牛乳などの乳製品が苦手だという人でも、ケールならば手軽にカルシウム補給をすることができます。

メラトニン

ケールは、睡眠の質の向上などに関わる神経ホルモンであるメラトニンを含みます。

夜寝つきが悪い人、寝ても疲れが取れない人などにおすすめしたい成分です。

このように、ケールにはさまざまな成分が含まれており、老化防止やがん予防、便秘改善、生活習慣病改善などの効果が期待できます。

前立腺炎に効果があるという声も聞かれますが、あくまでも民間療法として取り入れられているものであるようです。

ケールと大麦若葉の違いとは?

ケールと大麦若葉の違いをお伝えしましょう。

まずは、その味が違います。

大麦若葉は比較的苦味が少なく、青汁初心者でも飲みやすい特徴があります。

一方ケールには、独特の苦味、青臭さがあり、青汁を飲みつけていない人には特に飲みにくい感覚があるようです。

栄養素の種類、量

含まれる栄養素が異なります。

大麦若葉には、食物繊維や各種ビタミン、鉄分などのミネラルなどが含まれています。

ケールには、食物繊維や各種ビタミン、カルシウムなどのミネラル、メラトニンなどが含まれます。

両者に含まれる成分量を比較すると、ケールの方がより多くの量を含む傾向があることが分かっています。

それぞれどのような人におすすめか

飲みやすさとバランスの良い栄養補給には大麦若葉がよいでしょう。

鉄分を含むため、貧血対策をしたい女性にもおすすめです。

やや飲みにくさがあってもしっかりと栄養補給をしたい人にはケールがよいでしょう。

カルシウム補給や快眠を求める人にもおすすめです。

ケールを使った青汁の保存方法は?冷凍してもよい?

青汁は作ったらすぐに飲むのが一番です。

ビタミン、特に水溶性のビタミンは、水分に溶いたら時間と共に分解し、栄養分がどんどん失われるといわれます。

もしも飲み残してしまったら、常温には放置せず、冷蔵庫に入れ、半日以内に飲み切るようにしましょう。

青汁を冷凍保存する場合には、水分に溶いたら栄養分が分解しないよう速やかに冷凍しましょう。

そして、解凍後はやはり半日以内に飲み切るようにするのがよいでしょう。

ケールを使った青汁の保存方法は?冷凍してもよい?

ケールを使った青汁はまずい?飲みやすくするには?

ケールは独特の苦味を持つ野菜です。

ケールの青汁は苦味や青臭さが気になるという声が多く、まずい、飲みにくいという声が多い傾向にあります。

そんな、ケールの青汁を飲みやすくするには、独特の風味を和らげる飲料で割ることが一番です。

代表的なものは、乳製品でしょう。

牛乳やヨーグルトなどの乳製品は、ケールの青汁の苦味や青臭さをうまく緩和し、まろやかな味わいに仕上げてくれます。

乳製品が苦手だという人は、豆乳や乳酸菌飲料、ジュース類で割るのもよいでしょう。

きな粉や蜂蜜、アイスクリームなどを使っても、デザート感覚で無理なく摂れそうです。

飲みやすいケール青汁のおすすめ5選!口コミも紹介します!

ケールを使った青汁の中で、特に飲みやすい商品を5つご紹介します。

口コミも併せてご紹介しますので、参考にしてください。

食物繊維とオリゴ糖入りで飲みやすい!ヤクルトヘルスフーズ 青汁のめぐり ケール

ヤクルトの「青汁のめぐり ケール」は、契約農場で育った無農薬のケールを使用し、さらにヤクルトのオリゴ糖と食物繊維を加え、吸収力を高めています。

ケールの苦み、えぐみが苦手という人でも飲みやすく、続けやすい青汁です。

口コミ
・大麦若葉と比べると、野菜独特の風味があり飲みにくいのだが、ケールの青汁としてはだいぶ飲みやすくなっている。継続摂取していたら、皮膚科通いでも治らなかった尋常乾癬症が良くなってきた
・個人的にこの青汁が一番好み。カルシウムなど女性に嬉しい栄養素が多く、飲みごたえもある
・便秘対策として購入。大麦若葉よりも飲みにくさはあるが、週に一回程度だった便通が、2~3日に一度あるようになった。これからも継続したい

野菜不足の改善に!山本漢方 ケール粉末100%

山本漢方の「ケール粉末100%」は、農薬検査を通過したケールを水洗い後そのまま乾燥、微粉末にした商品です。

ケール100%で混ざりものなしの商品です。

毎日の野菜不足を改善したいという人におすすめです。

口コミ
・大麦若葉と比べると若干飲みにくいが、無縁のトマトジュースに入れると美味しく飲める。本音を言えば原産国を明記してもらえるとなお嬉しい
・苦みはあまり感じないが匂いが若干気になる。寝る前に飲むと、翌朝トイレに行きたくなって目覚め、たっぷりと出てくれるので毎朝スッキリとした気分で過ごせる
・ケールということでもっと青臭いのを想像していたが、すっきりと飲みやすくてびっくり。水分にやや溶けにくくだまになるのが気になる。ミキサーにかければきれいに混ざるのでそうしている

のど越しスッキリで毎日続けやすい!ファンケル 1食分のケール青汁

ファンケルの「1食分のケール青汁」は、のど越しよく後味スッキリのケール青汁を目指し、独自製法でケールの苦みやざらつきを抑えています。

粒子を細かくしたことで水分に溶けやすく、続けやすい青汁です。

口コミ
・のど越しがすっきりとしていて、他の食べ物の味を邪魔しないのが良い
・水、特に冷たい水で溶くととても美味しい。苦くなく、お茶のような風味で今まで試した青汁の中で一番良かった
・初めて青汁にチャレンジしたがとても飲みやすく、青汁のイメージが変わった。牛乳で割って、毎日無理なく続けることができている
ファンケルの青汁、効果や口コミはどう?おすすめレシピやカロリーも解説!

上記の記事では、1食分のケール青汁の特徴や効果のほか、通常価格から約44%オフの780円で購入する方法もご紹介しています。

生に近い鮮度の冷凍青汁!ファンケル 搾りたてケール青汁(冷凍)

ファンケルからもう一種類、ケール青汁をご紹介します。

搾りたてケール青汁は、契約農家で栽培された無農薬のケールを使用し、搾りたてを瞬間冷凍しており、最も生に近い味わいになっています。

収穫時期や天候などにより、出来上がる青汁の色や風味が若干変わり、旬のケールを楽しめます。

口コミ
・飲みにくい青汁が多い中、これはとても美味しく、健康のために飲むというよりも飲みたいから飲むという感じになっている。夏場のお弁当に保冷剤代わりに入れておき、食事と一緒に摂っている
・まさにケール!というしっかりと濃い味がする。ジュースや牛乳に混ぜて飲んでいる。飲みにくい青汁が多い中、ファンケルの青汁は飲みやすくおすすめ
・一袋を解凍し、ジュースなどで割って家族三人で飲んでいる。2歳の息子も嫌がらずゴクゴク飲んでくれる

野菜不足に効く!キューサイ 青汁 国産ケールまるごと100%

キューサイの「青汁 国産ケールまるごと100%」は、農薬や化学肥料を一切使っていない国産ケールを100%使用した商品です。

味の調整や溶けやすさのための添加物は一切使用していません。

日頃の野菜不足を解消したい人におすすめです。

口コミ
・くせがなく飲みやすい。外食をして野菜が足りないという時に飲み、栄養補給している。水に溶かすだけで簡単なので使いやすい
・キューサイの青汁は他メーカーのものと比べるとしっかりと濃く、青汁を飲んでいるという気分になる。他の商品では便通が安定しないが、この青汁を飲むと、毎朝必ず便通がある
・コスパが良く、しかも味が美味しい。もはや生活に欠かせない商品になっている

比較的飲みにくい、まずいという声が多いケールの青汁ですが、メーカー独自の製法などによりだいぶ飲みやすく続けやすいものに変化してきている様子が伺えます。

絞ることで自作できる?ケール青汁の作り方

体にとってうれしい栄養がたっぷりのケールを使って青汁が手作りできるのをご存知でしょうか。

無農薬の新鮮なケール、すり鉢、ガーゼを用意します。

ケールは葉を丸ごと使用しますので、虫、汚れなどを水洗いによってしっかりと落とします。

葉を傷める熱湯や薬品は極力使わず、丁寧に水洗いすることが大切です。

きれいにしたケールの葉をよくもみ、すり鉢ですり潰します。

やや粗めのガーゼなどの布を使用し、潰したケールの葉をギュッとしぼれば青汁の完成です。

手間はややかかりますが、混じりけなしのフレッシュな青汁を堪能できるでしょう。

ケールの青汁を上手に取り入れ、毎日の栄養補給にお役立てください。