コレステロールを下げる青汁ランキング!効果、口コミはどう?

コレステロールってそもそもなに?

コレステロールとは脂肪成分の一種であり、生物の細胞膜の主成分であるとともに、各種ホルモン、胆汁酸、ビタミンDなどの原料でもあります。

コレステロールは人が生命維持活動をするうえで、なくてはならない存在です。

コレステロールは、血管壁にたまったコレステロールを肝臓へ運搬するHDLコレステロールと、肝臓にたまったコレステロールを体中に運搬するLDLコレステロールに分けられます。

コレステロールの中でも特にLDLコレステロール値が高くなると、血管壁にコレステロールがたまりやすくなり血管を狭めることになります。

その結果、血液の流れが滞る原因となります。

この状態を放置すると、動脈硬化などの疾患の原因となるのです。

こうした理由から、LDLコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれています。

ちなみに、HDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれており、LDLコレステロールを減らすと同時にこの値を増やすことも健康づくりには欠かせないポイントといえます。

体にはコレステロール値を常に一定量に保とうとする恒常性という機能が働いていますが、さまざまな原因によりその恒常性が崩れ、血中のコレステロール値が変化することがあります。

健康診断の際、正常範囲内にその値が収まっていれば問題ありませんが、高すぎたり低すぎたりした場合は生活習慣を見直す必要があるでしょう。

コレステロールが高いとどうなる?コレステロール改善には生活習慣が大事!

コレステロール値が高いとは、血中のコレステロール値が高い状態を指します。

コレステロールにはHDLコレステロール、LDLコレステロールの二つがあることはお伝えしました。

そのうちLDLコレステロール値が高い場合は、血管の壁にコレステロールが付着して血管を狭め、動脈硬化の原因となり得るため注意が必要です。

血中の中性脂肪が多いと、LDLコレステロールも増えやすくなるため、中性脂肪を減らす努力も併せて必要です。

コレステロール値が高くなる原因として、高脂肪に偏った食事、運動不足、ホルモンバランスの変化などが挙げられます。

これに加え、血管をもろくする原因となる喫煙などの行動や糖尿病高血圧などの疾患があると、さらに動脈硬化のリスクが高くなるといわれます。

コレステロール値の改善のために何よりも大切なことは、毎日の生活習慣を見直すことです。

脂肪を控えた食事をしたり、適度な運動を習慣にして血行を良くしたり、禁煙したり、意識次第ですぐに始められる事ばかりですので、ぜひ実行してみましょう。

コレステロールを下げたい方はサプリメント、豆乳、青汁のうちどれがおすすめ?

コレステロール値は、食事や生活習慣によって高くなることが分かっています。
生活に取り入れるとより効果的なものをご紹介しましょう。

サプリメント

コレステロール値が高めの方向けのサプリメントがさまざま発売されています。

その中でも、青魚に含まれるDHAやEPA納豆に含まれるナットウキナーゼには、中性脂肪を下げたり、血液をサラサラにし血栓を防いだりする働きがあります。

日頃魚や納豆をよく食べる人はともかく、日本人の和食離れが進む中、食事で十分摂れていない人が増えているのが実情です。

サプリメントでDHAやEPA、ナットウキナーゼなどを補うことは、中性脂肪やコレステロール値が気になる人にとって効果的でしょう。

また、コレステロールのうちHDLコレステロール値を上げることもLDLコレステロール対策として有効です。

そのために注目されているのが、トマトやスイカなど赤い色素を持つ野菜に含まれるリコピンです。

リコピンを含むサプリメントは、HDLコレステロールを増やし、LDLコレステロール値を下げることが期待できます。

豆乳

大豆には、良質な植物性たんぱく質や大豆イソフラボンなどが含まれます。

これらは体内でさまざまな働きをしますが、コレステロール値を下げるためにも役立ちます。

大豆イソフラボンは女性ホルモンエストロゲンに似た働きをすることが知られており、閉経によってホルモンバランスが変化した女性に積極的に摂ってほしい成分といわれます。

大豆製品は数多く存在します。

大豆を使った味噌や納豆、豆腐などは、日本の食卓ではおなじみの食品です。

それらの大豆製品の中で、コレステロール値を下げるのに役立つ大豆イソフラボンを多く含むものとして豆乳が挙げられます。

普段の食事が和食中心であれば、大豆製品を十分摂れている可能性が高いでしょう。

しかし、動物性たんぱく質の多い洋食中心の食事をしている人は、大豆製品をほとんど食べていない可能性が高いようです。

食事を急に変えることは難しいですが、豆乳であれば飲むだけという手軽さですので、手軽に大豆イソフラボンを補給できおすすめです。

青汁

コレステロール値が気になる人にとって、青汁はどのように働くのでしょう。

普段の食生活で、ビタミンやポリフェノールなど抗酸化作用を持つ成分を多く含む緑黄色野菜や食物繊維が豊富な野菜を十分に摂ることが、コレステロール値を下げるのに有効だといわれます。

青汁には、野菜に含まれる豊富なビタミンやミネラル、そして食物繊維が含まれています。

日頃、野菜不足を自覚している人は、食事を見直すとともに、補助的に青汁を取り入れるのも効果的でしょう。

このように、コレステロール値を下げるためにはサプリメント、豆乳、青汁いずれも効果的であることが分かります。

しかし、最も大切なのは普段のバランスの良い食事です。

自分の食事内容を見直し、食事で摂り切れない部分をサプリメントや豆乳、青汁などで補うのがよさそうです。

コレステロールを下げたい方はサプリメント、豆乳、青汁のうちどれがおすすめ?

キトサン配合の青汁はコレステロール値を下げる効果がある?

キトサンとは、甲殻類などに含まれる動物性食物繊維です。

キトサンの摂取により、血中コレステロール値が下がることが報告されています。

キトサンは、コレステロールを原料として作られる胆汁酸を吸着し排出する働きを持ちます。

キトサンの摂取により体内の胆汁酸が減少すると原料であるLDLコレステロールが使われ、その結果血中のコレステロール値が下がるという仕組みです。

そんな働きを持つキトサンを配合した青汁が発売されています。

キトサン配合の青汁を扱うメーカーのサイトによれば、キトサン入り青汁を一日の摂取目安量である3袋ずつ12週間摂取した結果、LDLコレステロールの低下がみられたと報告されています。

キトサン配合の青汁に副作用はある?

キトサン配合の青汁は薬ではなく食品ですので、摂取目安量を守って使用する分には副作用についてはあまり気にしなくても良さそうです。

キトサンの摂取目安量は、一日当たり500mg~1,000mgといわれています。

キトサン配合の青汁を扱う各メーカーのサイトを見てみると、一日摂取目安量として1袋~3袋が定められています。

キトサンの量で考えると、380mg~1,140mgとなりますので、目安量を守っていればキトサンの過剰摂取にはならずに済みそうです。

もっともキトサンの過剰摂取については、重篤な副作用は報告されていないため、あまり神経質にならなくてもよいでしょう。

また、キトサンは甲殻類を原料としていますが、甲殻アレルギーの原因となるたんぱく質はほとんど含みません。

もしアレルギーが気になる場合は、医師に相談の上使用することをおすすめします。

キトサン配合の青汁の飲み方、飲み合わせについて解説!

コレステロール値を下げるのに有効に働くキトサン配合青汁ですが、その成分の特徴により、飲み合わせに気を付けるべき薬品があるためお伝えします。

まず、キトサンとの飲み合わせを注意すべきものとして、脂溶性の高脂血症薬が挙げられます。

脂肪酸を吸着するキトサンは、脂溶性の成分も併せて吸着してしまうため、脂溶性の高脂血症薬の効き目を弱めてしまう恐れがあります。

これを防ぐためには、薬とキトサン配合青汁を飲む時間をずらすことが大切です。

そのほか、青汁に含まれるビタミンKカリウムも注意が必要な成分です。

血液を固まりにくくするワーファリンを服用している人は、ビタミンKが豊富な青汁は避けましょう。

血液を凝固させる働きを持つビタミンKにより、ワーファリンの効果が弱まるためです。

また、高血圧薬の中には、カリウムの排出を抑制するものがあるため、カリウムが豊富な青汁を飲む際には医師に相談の上使用するとよいでしょう。

コレステロールを下げる青汁ランキング!価格、口コミで比較しました!

コレステロールを下げる効果が期待できるおすすめの青汁を、ここでは3つご紹介します。

価格や口コミを合わせてご紹介しますので参考にしてください。

おいしいトクホの青汁!大正製薬 ヘルスマネージ大麦若葉青汁<キトサン> 

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁は、九州産の大麦若葉を使用した粉末にキトサンを配合した商品です。

キトサンの働きで、気になるコレステロール値の改善が期待できます。

口コミ
・人間ドックで服薬が必要な数値と宣言され飲み始めた。3か月後の採血の結果、正常値まで下がった。飲んでいると便通も整ったので、それも関係しているかもしれない
・健康診断の結果、総コレステロール、LDL共に高く飲み始めた。食事制限は一切せず、毎食後3か月間飲んだところ、総コレステロール、LDL共に下がりびっくりしている
・LDLの数値が上限を少し超えていたため購入。一か月のみ採血したところ正常値となり、医師も驚いていた。価格が高いので体調に合わせて時々購入したいと思う

こちらの商品は以下の記事で詳しく解説しています。30袋入りで定価は4,104円(税込)ですが、限定価格980円が購入する方法もご紹介しています。

大正製薬の大麦若葉青汁キトサンの成分は?ダイエットや血糖値に効果あり?

まろやかな飲み心地!伊藤園 毎日一杯の青汁 まろやか豆乳ミックス

伊藤園の毎日一杯の青汁 まろやか豆乳ミックスは、大麦若葉、ケール、ブロッコリーの粉末を、豆乳と黒糖でまろやかに仕上げた青汁飲料です。

紙パック200mlサイズ、一本108円(税込)で販売されています。

カロリーは37kcalと控えめで、コレステロールが気になる人、豆乳や青汁が苦手な人でも手軽に飲むことができます。

口コミ
・ほんのりと甘く抹茶ミルクのような風味で飲みやすい。体に良いとされる青汁と豆乳の両方が摂れ、しかもカロリーが低めなのでダイエットにも向いている
・コンビニなどで手軽に買うことができ、すぐに飲めるのが良い。食物繊維やカルシウム、鉄などもしっかり摂れ、さっと健康管理したい時に助かる
・食事で足りない栄養を補うために購入している。さらっとしたのど越しで、とにかく飲みやすい

LDLコレステロールが気になる方に!アサヒ緑健 トクホの青汁 キトサン・イン

アサヒ緑健のトクホの青汁 キトサン・インは、九州阿蘇産の有機大麦若葉粉末に、血中のLDLコレステロールを下げるキトサンを配合した商品です。

初めての人向けに、お試しサンプルも出しています。

90袋入りで、10,500円(税込)です。

口コミ
・青汁の中で一番飲みやすかったという評価を参考に購入を決めた。確かに飲みやすいのだが、価格が高いためリピートは迷っている
・今回初めて購入した。飲みにくい青汁を想像していたのだがとても飲みやすく、再度購入を決めた。もう少し値段が下がってくれるとなお嬉しい
・味は飲みやすい。コップで作ると沈殿物が残ってしまうので、ペットボトルなどに入れてシェイクするとうまく溶ける

コレステロール値で悩む人には、生活習慣の見直しと食事の改善が第一です。

その上で、コレステロールを下げるのに有効な成分を含む青汁を取り入れ、健康な毎日をお過ごしください