視力で悩む方におすすめのサプリメントランキング!子供向け、iHerbで買える商品も紹介

目次

今眼鏡が必要でも視力回復は可能?本当の目の健康法とは

そもそもなぜ視力は低下するのでしょうか。

テレビやゲーム、スマートフォン、パソコン作業など、近くのものを長時間見続けると目に負担がかかります。また、体の疲れや長時間の心配事などで緊張状態が続くと眼筋(目を動かす筋肉)が緊張し、視力低下の原因となります。

また、本を読む時やテレビを見る時に寝転がると、左右の目で見ている対象物との距離に差が生じるため、片方の目に負担がかかってしまい視力低下に繋がります。

目は光によってダメージを受け、防いでくれるものがないと目の中の器官が焼けてしまいます。網膜にある黄斑が焼けると加齢黄斑変性に、水晶体が焼けると白内障になってしまいます。

また、パソコンやスマートフォンなどから発せられるブルーライトで知られる青い光は、目にとって最も大きなダメージを与えるのです。

目の健康法として、次のような方法があります。

目の筋肉を労わる

まずは目を休ませることです。暖かいタオルを目の上に乗せると血行が促進され、凝り固まった眼筋がほぐれます。

また、遠くのものをしばらく見つめることで、近くばかりを見て緊張した毛様体筋をほぐし視力低下を予防できます。

ものを見る時の環境も大切です。暗いところで本を読んだり作業を行ったりすると目に負担がかかるので、できるだけ明るい部屋で行うなどしましょう。また左右の目で視力の差が生じないように姿勢を正すことも大切です。

パソコンやスマートフォンを見る時はブルーライトをカットしてくれるレンズの眼鏡をかけるのも効果的でしょう。

十分な睡眠をとる

睡眠は目の疲労回復に重要です。睡眠中は目の中に光が入らないため眼球を休ませることができます。良質な睡眠では黒目がまぶたの上方に移動し光を感知しなくなります。慢性的な睡眠不足では目の疲れは回復できません。

目に良い栄養を補給する

目の健康維持に必要とされる栄養素を摂取することも効果的です。アントシアニンルテイン、DHAなどが目の健康や近視進行抑制のサポートをしてくれます。

特にルテインなど黄色の色素成分は青い光(ブルーライト)を吸収して目へのダメージを軽減してくれます。

これらの目を労わる健康法とは別に、を鍛えて視力回復するという方法が近年注目されています。

目から得た情報は脳で処理されものの判別をしています。例えば、目には盲点という視界に入ってもちゃんと見えていない部分がありますが、脳はその部分を推測して補完しているのです。

ガボール・パッチという画像を3~10分見ることで目の機能は変えず、脳の画像加工能力を上げ、老眼も近視も視力が向上するというものです。試してみるのもいいかもしれません。

アントシアニンとルテインなど目に良い成分の効果を解説!

目に良い成分として代表的であるアントシアニンとルテインの効果を解説します。その他にも目に良い成分がたくさんありますので紹介します。

アントシアニン

アントシアニン
アントシアニンはポリフェノールの一種で、血流を促進し目の毛様体筋の緊張をほぐす効果があり、眼精疲労の軽減改善が期待できます。
また、網膜に存在する光を受容するたんぱく質であるロドプシンの回復を早めることから、暗い場所でも目が見えやすくしてくれます。
アントシアニンの特徴は、効果が現れるまでの時間が早いことで、摂取してから4時間程度で効果が現れるといわれています。車の運転や目を酷使する予定がある前にアントシアニンを摂取しておくと目をサポートしてくれます。
しかしアントシアニンは体内に留めておくことができないため持続時間が短く、24時間程度で体内から排出されるといわれていますので、毎日摂取してくことが必要です。
アントシアニンを多く含む食品で注目されているのがビルベリーです。ブルーベリーの5倍ものアントシアニンを含む種類もあります。
そのほか、ブルーベリー、カシス、黒豆、なす、いちごなど、紫や赤など濃い色をした食品に多く含まれています。

ルテイン

ルテインは目にある成分で光から目を守る役割があります。年齢と共に減少するルテインは、体内で作ることができず食事から補う必要があります。ルテインが不足すると加齢黄斑変性や白内障、老眼になりやすくなります。
ルテインはさまざまな食品に含まれていますが、特に緑黄色野菜や色の濃い果物に多く含まれます。中でもケール、パセリには100g中10mg、ほうれん草には5mg程含まれているといわれています。
ルテインは定期的に摂取していくと体内に蓄積されていき、6~10mgになるとそれ以上蓄積されません。日々コツコツとルテインを摂取していくことが大切です。
ルテインは脂溶性のため、油と一緒に摂取すると吸収率がアップします。油で炒める、揚げる、あるいはマヨネーズや油を使ったドレッシングと一緒に食べるのがおすすめです。

DHA

DHAはn-3系脂肪酸の一種で目の網膜にも多く含まれています。そのため不足すると目への悪影響が誘発されます。DHAは網膜を正常に保ち目の機能を改善する働きがあり、ドライアイや疲れ目の予防に効果的です。
DHAはサバやサンマ、イワシ、カツオ、マグロなどの青魚に豊富に含まれています。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは強い抗酸化作用を持ち、その強さはビタミンEの1,000倍です。目は神経の束で脳と直結している重要な器官ですので、血液網膜関門で必要な栄養素だけを選別して取り入れます。
アスタキサンチンはこの血液網膜関門を通過することができるため、網膜で直接抗酸化作用を発揮でき、近年眼科医も注目している成分です。
ピント調節の改善や、肩こりや目の奥の痛みの改善に効果的です。また、紫外線のダメージが原因となるさまざまな目のトラブル(黄斑変性症、白内障、ブドウ膜炎など)に対しても有効性が期待されています。
アスタキサンチンは体内では作り出せないため、食品やサプリメントから摂取する必要があります。食品では鮭やエビに多く含まれています。

クロセチン

クロセチンはカロテノイドの一種で、サフランやクチナシの実に含まれる黄色の色素です。光のダメージから目を守るため、加齢黄斑変性症など眼病予防にも効果が期待されています。
また分子量が小さく毛様体筋に直接働きかけることができるため、眼精疲労、ピント調節、近視進行抑制に効果があるといわれており、眼科医も注目している成分のひとつです。

亜鉛

亜鉛は視神経の伝達を助ける、網膜細胞の代謝を促進するなどの働きがあり、不足すると白内障や黄斑変性のリスクが上がります。ビタミンAと一緒に摂取することでドライアイや夜盲症の改善が期待されます。
亜鉛は牡蠣や豚レバー、卵、牛肉などに多く含まれています。

視力・目に良いサプリメントの選び方

前項で目に良い成分を紹介しましたが、成分によって効果が異なります。症状や目的に合わせた成分を含むサプリメントを選択するようにしましょう。また、効果を得るために必要な量や注意点について解説します。

眼精疲労・視力低下(アントシアニン・DHA・アスタキサンチン・クロセチン)

アントシアニンは、目の疲労回復に必要な摂取量の目安は40mg以上とされています。即効性はありますが体内に留まらず持続性がありません。毎日コツコツと摂取する必要があります。

DHAは、n-3系脂肪酸として年齢、男女別等に細かく目安量が設定されています。12~14歳男性2.1g、女性1.8g、18~29歳男性2.0g、女性1.6g、50~69歳男性2.4g、女性2.0gなどです。

アスタキサンチンは、1日5mgの摂取を1カ月継続したところ、ピント調節力が改善したという研究報告があります。疲労を軽減、回復を早めてくれるため、朝または目を酷使する前に摂取するのが効果的です。

クロセチンは、摂取目安量の設定はありません。市販サプリメントにおけるクロセチンの平均的な含有量は6~20mgとなっていますので参考にするとよいでしょう。

またクロセチンは、アスタキサンチンと一緒に摂ると相互作用で眼精疲労を改善する効果がより強まるといわれています。

ドライアイ(亜鉛・DHA)

亜鉛は日本人の食事摂取基準で成人男性10mg、成人女性8mgが一日の摂取推奨量として決められています。

視力低下・老眼・眼病(ルテイン・アスタキサンチン・クロセチン)

ルテインをサプリメントで摂る場合、気を付けたいのは、天然ルテインか合成ルテインかという点です。

合成ルテインは石油を原料に合成されたものもあり、副作用の心配があります。一方、天然ルテインは緑黄色野菜やマリーゴールドなど自然の植物由来ですので安心できるでしょう。

視力で悩む方におすすめのサプリメントランキング!子供向け商品も紹介

ひとつの成分に絞ったものから目に良い成分を集結させたものまでさまざまなサプリメントがあります。子供も使える商品も加えて紹介します。

アントシアニンで勝負! わかさ生活 ブルーベリーアイPRO

1日1粒でビルベリー由来アントシアニン40mgを補給できます。特許製法ナノビルベリーエキスで吸収されやすく、機能性表示食品でもあります。

口コミ
・目の疲労感が和らぎました
・飲み続けていると、なんだか目が楽になったなぁと実感しています
・目のかすみがなくなりました

目に良い成分を凝縮! さくらフォレスト株式会社 なめり

主な成分はビルベリーエキス、ルテイン、アスタキサンチン、ゼアキサンチン、クロセチンです。1日2粒中ルテインを12mg、吸収率の良いビルベリーエキスを170mg配合しており、眼精疲労や視力回復をサポートしてくれます。

口コミ
・夕方になるとかすんで見えたパソコンの画面がはっきり見えるようになりました
・目がしょぼしょぼし赤くなりがちだったのが、赤くならなくなりました
・疲れ目が軽減して非常に楽になっています

子供も大人も! 眼育総研 眼育サプリ for kids

ビルベリー、ルテイン、メグスリノキ、10種のビタミンが配合されています。ブルーベリー味のチュアブルタイプなので、おやつ感覚で食べられます。子供も続けやすいでしょう。1日2粒の摂取が目安となっており、もちろん大人もOKです。

口コミ
・おやつ感覚で喜んで食べてくれます
・子供の視力低下が止まり、眼鏡をかけずにすんでいます
・野菜不足を感じているので親子そろって食べています。疲れ目が和らぎました

おやつ感覚で目の健康を維持! ロート製薬 ロートクリアビジョンジュニア

ビルベリー、ルテイン、クロセチン配合のドーナツ型チュアブルタイプです。1日1~2粒の摂取が目安となっており、噛んでも口の中で溶かしてもOKです。子供もおやつ感覚で目の健康維持ができます。

口コミ
・水で飲む薬タイプではなくおやつ感覚なので子供も抵抗なく続けてくれています
・子供の視力低下予防に食べてもらっていますがおやつとして喜んでくれています
・眼鏡が必要になっていないので、効果があるんじゃないかと思います

眼科医もおすすめする成分を配合! ロート製薬 ロートクリアビジョンジュニアEX

眼科医が近視進行抑制成分として注目しているクロセチン7.5mgを配合しています。子供でも飲みやすい小さなソフトカプセルです。子供の視力低下予防におすすめです。

口コミ
・通っている眼科医に勧められ子供に飲ませています。視力低下は止まっています
・子供の視力低下が進むのが気になり飲ませ始めました。続けてみます
・小さめのつるんとしたカプセルなので子供でも飲みやすいようです

iHerbで買える海外の視力サプリメントのおすすめ4選

成分別におすすめの商品を紹介します。海外製品は配合量が多くなっています。成人用のものも多いため、試す前に必ず注意書きをよく読みましょう。

天然ルテインで安心! California Gold Nutrition ルテイン(ゼアキサンチン配合)20mg 植物性ソフトジェル

1日1粒でマリーゴールドフラワーエキス由来のルテイン20mg、ゼアキサンチン1mgを補給できます。天然ルテインで安心です。

口コミ
・老眼に効いているような気がします
・疲れ目や目のかすみが改善された気がします
・夕方パソコンの画面が見えにくかったのですが、クリアに見えるので助かります

抗酸化作用に特化! Solgar ビルベリー ギンコ アイブライト コンプレックス プラス ルテイン

ルテイン、アイブライトエキス、ビルベリーエキス、ビタミンA、ビタミンCビタミンE、亜鉛、タウリンなどが配合されており、活性酸素を除去する抗酸化作用に特化しています。

目だけではなく皮膚の健康サポートとしてもおすすめです。1日2カプセルを食事と一緒に飲んでください。

口コミ
・朝と昼食後に飲んでいます。元気が出る気がしています
・視力が少し改善したように感じます
・夕方の目のかすみが軽減されていて楽になりました

DHA配合で目の健康に! Bausch & Lomb オキュバイト アイビタミン&ミネラルサプリメント

ルテイン、DHA、EPA、亜鉛、ビタミンC、ビタミンEなど、目の健康に関係する成分とビタミン、ミネラル類も配合されたソフトジェルです。1日1回、朝食と共に摂取して下さい。

口コミ
・仕事でパソコンを良く使い、近くを見過ぎて遠くが見にくかった時に効いてるなと実感します
・一粒が大きいですが、ジェルタイプなので滑って飲みやすいです
・目が疲れにくくなりました。ドライアイも少しマシになった気がします

アスタキサンチンで目の健康をサポート! Now Foods アスタキサンチン 4mg

アスタキサンチンのみ配合のサプリメントです。目の健康はもとより、強い抗酸化作用で活性酸素から全身を守り、健康維持をサポートしてくれます。

口コミ
・長年気になっていた飛蚊症が改善し疲れ目もなくなり、体も元気になりました
・ドライアイが改善され快適になりました
・眼精疲労での目の痛みがなくなりました