ニキビ跡におすすめの市販サプリメント2選!効果的な栄養素は?

そもそもニキビ跡ができる原因とは?

ニキビができても、ニキビ跡が残らない場合と、残ってしまって消えるまでに数ヶ月かかる、あるいはニキビ跡がずっと残ってしまう場合があります。

ニキビ跡ができてしまうのは、ニキビが炎症を起こし、皮膚組織がダメージを受けてしまうことが原因といわれています。

炎症の程度が悪化するほど、ニキビ跡もできやすくなります。

ニキビが炎症を起こすと、ダメージを受けた肌を修復するために毛細血管が増えて、赤みを帯びたニキビ跡になります。

また、肌を守ろうとメラニンが多く作られると、茶色のシミのようなニキビ跡になります。

さらに、ニキビの炎症により皮膚の真皮層までダメージを受けると、クレーター状のニキビ跡ができて、肌が凸凹してしまいます。

重度の炎症の場合、ニキビのあった部分が硬く盛り上がるしこりやケロイド状のニキビ跡ができてしまう場合があります。

男性と女性でニキビ跡に違いはある?

基本的には男性と女性で、ニキビのできやすさやニキビ跡に差はないとされています。

そのため男性でも女性でも、ニキビができてしまった場合の対処やニキビ跡をできにくくする対処は「その人の肌質や生活に合わせて行う」ことが重要です。

たとえば女性はメイクをする際に顔周りの状態を気にする機会が多く、ニキビ跡に悩むことが多くなりがちです。

また男性も思春期にニキビが多かったことを気にせずにいた結果、後々ニキビ跡が多くなってしまい悩みを抱える場合もあります。

ニキビの原因から見ても、思春期のニキビは額や鼻筋など、皮脂が多く分泌されるところにできますが、この皮脂の多さは生理的なもので男女で差はありません。

また思春期にできるタイプのニキビは歳を重ねるごとに減っていくため、適切な洗顔や睡眠、食事によって数年で落ち着きます。

一方で20歳以降のニキビは大人ニキビとも呼ばれ、ストレスホルモンバランスの変化、食生活、過労、肌の乾燥、不規則な生活が組み合わさって原因となります。

思春期のニキビも大人ニキビも、原因は男女どちらでも起きることばかりです。

生活習慣から見る男性のニキビができやすいポイント

男性は髭剃りを行うことが多く、これが原因で傷がつき、ニキビがあご周りにできることが多いです。

髭剃りには髭剃り用のジェルを使う、剃った後は保湿クリームを使う、髭剃りは清潔に保つといった工夫で、ニキビをできにくくすることが可能です。

また女性より男性は皮脂の量を増やすプロゲステロン(男性ホルモン)の分泌が多いため、洗顔不足や食生活によって皮脂を原因としたニキビができやすくなります。

皮脂の分泌量は個人差があるため、洗顔料や洗顔の方法を見直すことで適度な皮脂の量を保ちやすくなる場合もあります。

生活習慣から見る女性のニキビができやすいポイント

女性の場合、生理周期とニキビが深い関係にあり、生理前にプロゲステロンという男性ホルモンの分泌が増えることで、ニキビができやすくなります。

またメイクを落とす際に、クレンジング不足あるいはクレンジングのし過ぎで肌が影響を受け、ニキビができやすくなります。

ニキビに合わせてニキビ跡を予防しよう!

ニキビには、大きく分けて「白ニキビ」「赤ニキビ」「黄ニキビ」「膿んでいるニキビ」「黒ニキビ」の5つの種類があります。

それぞれの特徴を押さえて、適切にニキビ跡を予防するポイントを紹介します。

毛穴の皮脂や角質の除去がポイントになる、白ニキビ

白ニキビとは、毛穴の出口が皮脂などで詰まり、古い角質や皮脂が内側に溜まった状態のニキビです。

赤ニキビなどニキビの炎症を起こす原因であるニキビ菌(アクネ菌)は空気を嫌うため、詰まった毛穴の奥で繁殖しやすくなります。

そのため、毛穴の皮脂を取り除くケアが大切です。

メイクを落とす際は皮脂を増やさないように、油分を含まないミルククレンジングやジェルクレンジングを使用すると効果的です。

皮脂や角質を優しく取り除いてくれる、ピーリング効果のあるAHA配合の石鹸や美容液を取り入れるのもおすすめです。

洗顔やシャンプーを行う際は、洗い残しがないように綺麗にすすぎましょう。

メイクにはノンコメドジェニックを

ニキビが出来ているときは毛穴を塞がないように、出来るだけニキビの上からはメイクをしないようにするか、ノンコメドジェニックと呼ばれる油分控えめの化粧品を使用するのがポイントです。

薄化粧が気になる場合は、アイメイクや口元などニキビができていない部分のポイントメイクに力を入れ、ニキビ周りを目立ちにくくするのも良いでしょう。

何故かというと、ニキビを隠すためにコンシーラーやファンデーションを重ね塗りしてしまうと、ニキビが潰れた際に毛穴にコンシーラーなどが入り込み、さらにニキビを悪化させる恐れがあるからです。

コンシーラーなどカバー力が高いものは、油分が多く落とすときにも力がかかるため、ニキビを悪化させがちです。

ノンコメドジェニックは油分が少ないため、ミルククレンジングなどマイルドな落とし心地のクレンジングでも落ちやすいのが特徴です。

こうした化粧品は何度も肌をこすらなくてよいため、ニキビを刺激せずに済みます。

酸化して黒くなった、黒ニキビ

白ニキビの毛穴に詰まった皮脂がそのまま放置され、空気に触れて酸化すると黒くなり、黒ニキビと呼ばれる状態になります。

赤ニキビとは違い、白ニキビと同様に炎症が起きていないため、自然に治ることも少なくありません。

白ニキビと同様に角質を落とすピーリング洗顔剤を使用するほか、肌を整えるビタミンC入りの化粧水や保湿効果のあるニキビ用の保護クリームを使うと良いでしょう。

メイクをする場合も、ノンコメドジェニックのものがおすすめです。

炎症を抑えたい、赤ニキビ

赤ニキビは白ニキビで毛穴に詰まった皮脂や古い角質の下で、アクネ菌と呼ばれる菌が繁殖した結果、炎症が起きてしまったニキビです。

オイル系のアイテムを避けるのはもちろんですが、炎症を広げないためにも触らないように心がけ、潰さないことが大切です。

炎症を抑えてくれるグリチルリチン酸やビタミンCを含む化粧品のほか、炎症を抑える作用がある医薬品の使用もおすすめです。

また肌の免疫力を高めるためにも栄養面では、肌の生まれ変わりを助けてくれるビタミンAビタミンB群、ビタミンCを積極的に補いましょう。

反対にアルコールや脂っこい物、甘い物を多く摂りすぎると、ニキビを悪化させる原因になります。

注意したいのはコーヒーや紅茶など、カフェインを含む飲み物です。摂りすぎると、皮脂を増やす男性ホルモンを増加させるほか、利尿作用によりせっかく補った水分を体外へ出してしまいます。

また体内の水分が減ると便秘になりやすくなるため、コーヒーや紅茶をよく飲むという方は量を減らし、カフェインを含まない飲料で水分を摂ることも心がけることが大切です。

外出時は保護クリームがおすすめ

赤ニキビの上からメイクをするのは避けた方が良いものの、外出時は刺激性の低い保護クリームを使うと、肌を乾燥から守ってくれます。

たとえば花王の「キュレル」シリーズは、炎症を抑える成分が配合されており、見た目では塗っているのが分からないため、男性でも使いやすいアイテムです。

洗顔をする際は、油脂を落としやすいぬるま湯を使って顔を濡らし、汚れが多くなりがちな鼻とあご周りから洗顔を始めると効果的です。

病院へ行くことも検討したい、黄ニキビ

赤ニキビで起きた炎症を治すために、ニキビ菌(アクネ菌)と身体の防御を司る白血球が戦った後に、白血球の死骸が溜まった状態が黄ニキビです。

黄色くぷっくりと膨らんでいるのは、内側に膿が溜まっている状態です。

そのため「潰した方が良い」とも言われますが、潰すと炎症が悪化するだけでなく、ニキビ跡が出来やすくなってしまいます。

まずは黄ニキビを刺激しないように、肌に触れる時は黄ニキビに注意して触れないことが大切です。

肌全体の乾燥が強い場合は、油分の少ないノンコメドジェニックの化粧品の中でもビタミンC誘導体が配合されているものがおすすめです。

炎症を抑えるためにビタミンC誘導体入りの美白系の化粧水を使い、コットンパックをするのも良いでしょう。

メイクをする際は敏感肌向けのコスメを使うと、肌への影響も少なく、落とすときもミルククレンジングなどで落としやすくなります。

病院で処置を受けることも大切

もし黄ニキビに痛みがあり、しこりも感じられる、セルフケアを続けても黄ニキビが治らない、黄ニキビが増える、といった状態であれば、皮膚科への受診がおすすめです。

痛みやしこりはニキビの炎症が進んだために起きているので、セルフケアより皮膚科で状態を診てもらった方が適切な処置をしてもらえるため治りやすくなります。

ニキビ跡に効果のある栄養素はこれ!

ニキビ跡は、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が繰り返されるうちに目立たなくなってくるといわれています。

ニキビ跡には、肌のターンオーバーを助ける栄養素を積極的に摂取すると良いですね。

肌のターンオーバーを助ける栄養素には下記のようなものがあります。

  • アミノ酸(たんぱく質):健康な皮膚に欠かせないコラーゲン、このコラーゲンを生成するためには、アミノ酸が不可欠です。
  • ビタミンA:古い角質を除去して肌のターンオーバーを助け、乾燥肌を防ぎます。
  • ビタミンB群:ビタミンB1、ビタミンB6が肌のターンオーバーを正常化し、ビタミンB2、ニコチン酸アミド、ビオチン、パントテン酸が皮脂の代謝異常を整えて、皮脂の過剰分泌を抑えます。
  • ビタミンC:コラーゲンの生成を助け、肌細胞の酸化を防いで肌を健康に保ちます。
  • ビタミンE:血行を良くして、肌のターンオーバーを促します。
  • 亜鉛、鉄:肌のターンオーバーを促す働きがあります。

ニキビ跡が気になる方にサプリメントの選び方を解説!

サプリメントであれば、ニキビ跡のケアやニキビの予防に必要なアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの1日の必要量を欠かすことなく、手軽に摂取できます。

「忙しい毎日の中で栄養バランスの整った食事を毎回摂るのは大変」という場合に、サプリメントで不足しがちな栄養素を補助することは、ニキビ跡のケアを助けます。

ニキビ跡のケアをサポートするサプリメントを選ぶときのポイントをご紹介します。

ニキビ跡が気になる方にサプリメントの選び方を解説!

ひとつのサプリメントで必要な成分がすべて配合されているものを選ぼう

ニキビ跡のケアに選ぶサプリメントは、肌のターンオーバーを促す成分を配合したものを選びましょう。

その際は、できるだけひとつのサプリメントで必要な成分がすべて摂取できるものが良いです。

ニキビ跡のケアには、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの摂取が大切ですが、数種類のサプリメントを同時に使用した場合、ビタミンやミネラル成分が重複して過剰摂取に繋がる可能性があるため注意が必要です。

継続しやすいものを選ぼう

ニキビ跡は、肌のターンオーバーが繰り返されるとともに徐々に目立たなくなります。

肌のターンオーバーを助けるために、サプリメントも毎日継続して使用することが大切です。

毎日継続して使用するには、自分が飲みやすい形状やコストのものを選ぶと良いでしょう。

ニキビ跡に合うものを選ぼう

ニキビ跡と一口に言っても、赤みや色素沈着、クレーターなど、人によって状況は様々です。

それぞれのニキビ跡に合うサプリメントの選び方と、状況に応じた対処法も知っておきましょう。

赤みを帯びたニキビ跡

赤みが中々引かないニキビ跡は、まだ皮膚に炎症の名残がある状態です。またニキビ跡を治すために細胞へ栄養を含んだ血液が集中しているため、赤く見えやすくなっています。

そのため、赤みを帯びたニキビ跡は、ニキビ跡の中でも比較的綺麗に治り赤みも次第に引いていくのが特徴です。

赤みを帯びたニキビ(赤ニキビ)を跡にしないためには?

細胞の修復サポートに効果的な栄養サポートは、肌のコラーゲン生成に欠かせないビタミンC、血行を良くしてくれるビタミンE、細胞の材料となるアミノ酸やタンパク質です。

肌のダメージを増やさないように、紫外線を浴びすぎない、ニキビ跡を触ったり潰したりしないことも大切です。

ピーリングは一見すると効果的ですが、やりすぎて肌を痛めてしまい、反対に肌荒れを顔全体に広げてしまうリスクもあるため、必要であれば皮膚科に相談しましょう。

また赤みをできるだけ早く抑えたい場合には、ビタミンC配合のクリームや化粧水を使ってケアをすることがおすすめです。

色素沈着が起きてしまった黒いニキビ跡

黒いニキビ跡は、肌を守ろうとメラニンが多く作られることが原因です。

実はニキビができると、誰でもメラニンが生成されます。黒い跡にならず、綺麗にニキビが改善する人は、肌のターンオーバーが正常な人です。

黒いニキビ跡(色素沈着)が起きてしまう人は、ターンオーバーに異常が起きてメラニンが上手く排出できず、肌に残って黒ずみになっている状態です。

色素沈着が起きてしまったニキビ跡を改善するには?

まずはメラニンが増えるのを抑えるために、毎日のUVケアを欠かさずに行いましょう。

ニキビの治りを助けるビタミンCや、保湿効果が高いヒアルロン酸などが配合された日焼け止めがおすすめです。

また新たな細胞を作ってもらえるよう、ビタミンCやタンパク質の補給、ターンオーバーに効果を与えるビタミンAを補給しましょう。

合わせてターンオーバーが上手くいくように、クレンジング剤やピーリングを活用してみましょう。

ただしピーリングやクレンジングは、肌にまだ炎症を起こしているニキビがある状態で使いすぎると、肌荒れの原因ともなるため注意が必要です。

またスキンケアには、ビタミンCやビタミンE、ビタミンC誘導体などが配合された美白系化粧水で、なおかつ肌の水分バランスや油分のバランスを整える目的を持ったものがおすすめです。

クレーター状のニキビ跡

ニキビ跡の中でもクレーター状のニキビ跡は、みかんの皮のようにデコボコとしており、化粧でも隠しにくいほど深くなってしまうこともあります。

しかし、ニキビの炎症により皮膚の真皮層までダメージを受けているため、最も治りにくいニキビ跡であり、皮膚科で治療をしても完全に治らないケースもあります。

そのため自宅のセルフケアだけでは薄くなる程度ということも良くあり、気長に手入れを続けていくことが大切です。また、ある程度は皮膚科や美容皮膚科の治療に頼ることも視野に入れましょう。

まずは肌のターンオーバーを正常に戻し、少しずつ回復を目指すことが重要です。スキンケアは優しく行い、しっとりと保湿する化粧水や乳液を中心にしましょう。

ニキビ跡におすすめとされる化粧水成分の1つがビタミンC誘導体ですが、肌の乾燥を促進させてしまう面もあるため、使う際は保湿をしっかり行いましょう。

肌の材料となる栄養素はもちろんですが、ビタミンB群や亜鉛を補給することも重要視しましょう。

腸内環境が荒れている人も多いため、食物繊維乳酸菌、オリゴ糖のサプリメントを利用することもおすすめです。

美容皮膚科のニキビ治療にはどんなものがあるの?

美容皮膚科で行われるニキビ治療は、ニキビ跡の重症度に応じて様々です。

たとえばニキビ跡そのものを皮膚ごと切り取って、健康な皮膚を移植するという方法があります。

またクレーター状のニキビ跡(陥凹性瘢痕)に対し、自分の体のコラーゲンや脂肪などを移植する方法や、ヒアルロン酸注入で埋めるという治療が行われることもあります。

色が黒ずんだり、強い赤みを帯びている場合は、薬で白さをアップさせるほか、レーザーで色を薄くする治療もあります。

コラーゲンを増やすために肌の真皮に非常に小さな傷を作る治療法や、皮下組織とニキビ跡が癒着している場合はそれを切り離して、肌が自然と治癒するのを待つ治療法もあります。

海外には日本で行われていない治療法も数多くありますが、これは日本人の肌に対して海外の治療が強すぎてしまい、ニキビ以外の肌荒れを多発させる可能性があるためです。

ニキビ跡におすすめの市販薬はある?

市販薬を選ぼうと考える方は、ニキビがそれなりにひどい、あるいは早く治したいと言う人が多いかと思います。

内側からのケアとして、ビタミンCやビタミンBといったニキビ向けの成分を含んだ市販薬があります。

たとえばエーザイの「チョコラBBプラス」は、市販品の中ではコンビニでも気軽に手に入るものです。

また肌の新陳代謝アップに効果的で、肝臓の機能もサポートしてくれるライオン「ペアA錠」もおすすめです。

肌荒れや色素沈着も合わせて抑えたい場合はエスエス製薬の「ハイチオールB クリア」が、シミやそばかすにも効果があるため、20代後半からの肌質の変化にも対応してくれます。

塗り薬を選ぶ場合は、油分が多いと毛穴を詰まらせる可能性があるため、クリームや軟膏タイプは避けた方が良いことでしょう。

また白色や黄色のクリームタイプの塗り薬は、メイクをする際や外出前に気軽に塗れないのが難点です。

たとえばライオンの「ペアアクネリキッド治療薬」やゼリア新薬の「アポスティークリーム」のように透明になる、浸透力が高い塗り薬がおすすめです。

ニキビが多い時は市販薬より皮膚科を頼ろう!

もし「ニキビが小さく1つ2つできてしまった」という範囲であれば、市販薬も十分効果を発揮してくれます。

しかし「顔全体にニキビができた」ことや「口周りやおでこに広くできている」という場合は市販薬の種類で悩むより皮膚科にかかった方が効果的なことが多いのです。

赤みを帯びたニキビから状態が悪化すると、黄色いニキビになります。これは中に膿が溜まった状態で、潰れると白い芯が出てきます。

黄色い膿のあるニキビが悪化すると、クレーター状のニキビ跡として残るリスクが高いため、早いうちに適切に治療を受けた方が効果的です。

サプリポートはニキビ跡など美容目的のサプリメント利用者にアンケートを実施しました!

サプリポートでは611人にサプリメントに関するアンケートを実施しました。特に利用者の多い美容サプリメントに関しては、利用目的や利用してからの変化など利用実態を詳しくうかがいましたので、その回答の一部をご紹介します。

アンケートの詳細をご覧になりたい方は以下の記事をご覧ください。

美白サプリメントのおすすめランキング!美容効果のある成分とは?

美容サプリメントの利用目的とは?

美容サプリメントの中でもニキビ対策は、特に多い目的の一つでした。その他にはシミ、シワ、美白などの対策にサプリメントを利用されている方が多い結果となりました。

・ニキビが頻繁に出ることを防ぐのと、ニキビ跡を消すため
・30代に入り、シミが増えてきたため
・美白とニキビ予防のため

【口コミ】美容サプリメントを利用してからの変化とは?

ニキビをはじめ肌への複合的な変化を感じた方が多くいらっしゃいました。

・ニキビができなくなった。ニキビ跡が薄くなった
・2週間後位からニキビ跡が薄くなった。肌にハリがある
・シミが増えなくなり、もともとあったシミも薄くなりました

ニキビ跡におすすめの市販サプリメント2選!

それでは、ニキビ跡におすすめのサプリメントをご紹介します。

お肌のための自然の恵みを凝縮、ファンファレ きらりのおめぐ実

株式会社ファンファレのきらりのおめぐ実は、自然の素材を凝縮して体の内側から働きかけ、スキンケアの悩み解消を助けるサプリメントです。

食物繊維やビタミン、ミネラル、アミノ酸など栄養豊富なクロレラ、腸内環境を整えるビフィズス菌、ポリフェノールなどの抗酸化物質を豊富に含む素材、ビタミン類など肌の健康に良い栄養素がひとつのサプリメントで補給できます。

口コミ
・夜寝る前に欠かさず飲んでいると1週間でお肌に変化がありました
・気になっていたニキビ跡も消えていて、お肌のハリもよくなっていました
・おかげでニキビが出にくくなりました
・凄く自分にあっていて、飲んでいると日に日に良くなってる気がします
・効果はありましたが微々たるものでした

きらりのおめぐ実の口コミ、効果、副作用とは?

お肌のための栄養素がばっちり補給できる、アサヒ ディアナチュラ ストロング39アミノマルチビタミン ミネラル

アサヒグループ食品のディアナチュラ ストロング39アミノマルチビタミン ミネラルは、9種の必須アミノ酸を含む18種のアミノ酸、肌の健康に必要なビタミン、ミネラルをこのサプリメントだけで摂取できるのが魅力です。

口コミ
・飲み始めてから3日目くらいから新しいニキビができなくなり、今は、たまに白ニキビができる程度です
・肌荒れや吹き出物など気にならなくなったような気がします
・日中のテカりもかなり抑えられていると感じます