短鎖脂肪酸サプリメントのおすすめ3選!痩せると噂の効果は本当なのか?

そもそも短鎖脂肪酸とは?その働きを解説!

人の大腸内で作られる短鎖脂肪酸は、大腸から体内に吸収され細胞のエネルギー源となります。

また短鎖脂肪酸が大腸内で増える事で、大腸内を酸性に傾かせ、腸内環境を整えてくれるという働きがあります。

具体的な名称をあげると、酢酸やプロピオン酸、酪酸といった種類があります。

短鎖脂肪酸の効果を知りたい!

短鎖脂肪酸の効果は様々で、有害な菌の増殖を防ぐ、便秘予防、免疫反応の抑制などが挙げられます。

大腸内が酸性に傾くと、悪玉菌と呼ばれる体にとって悪い影響を起こしやすい菌を減らすことに繋がります。

すると反対に、善玉菌と呼ばれる有益な腸内細菌が増えやすい環境となり、腸内環境改善が期待できます。

もう1つの効果である便秘予防は、短鎖脂肪酸の大半は、大腸が栄養を吸収するために必要な細胞、粘液分泌などのエネルギー源として消費されることで、腸の動きを良くしてくれます。

また短鎖脂肪酸は腸内に水分と電解質が放出されるように促す働きがあり、便を柔らかくしてくれるため、より便秘予防に効果的です。

脂肪の蓄積防止も期待できる

短鎖脂肪酸を受け止める受容体はいくつか知られていますが、交感神経細胞を用いた実験において、ノルアドレナリンの分泌を促すことが明らかになっています。

また短鎖脂肪酸は、交感神経が全身のエネルギー消費量を高めるよう働きかけると同時に、多くの脂肪組織で脂肪を蓄積しすぎないよう抑制、エネルギーバランスを保つ働きに関与しています。

実際に腸内の短鎖脂肪酸の増加などにより、腹部脂肪の蓄積が予防された、という報告も行われています。

そもそも短鎖脂肪酸とは?その働きを解説!

短鎖脂肪酸を普段の食事で増やすことは可能?

短鎖脂肪酸を普段の食事で増やす事は可能です。

しかし短鎖脂肪酸は食べ物に含まれているというのではなく、腸内細菌によって分解されて出来たものです。

そのため、増やすためには腸内細菌が分解するもの、つまり「えさ」が必要になります。

腸内細菌のえさとなるのが、食物繊維です。摂取した食物繊維が体内に入ると、腸内細菌が発酵分解し、その分解されたものが短鎖脂肪酸になります。

短鎖脂肪酸を体内で増やすには、食物繊維を多く含んだ食事を心がける事が必要になっていきます。

短鎖脂肪酸が腸内に増える事で腸内環境が整い、便秘解消やぽっこりお腹解消にもつながり、その結果痩せやすい身体へとつながっていくのです。

便秘解消サプリメントランキング!口コミはどう?

短鎖脂肪酸を増やすためにはどんな成分の食物繊維が良いの?

近年は食物繊維そのものをパウダー状にして、手軽に摂れる様々な商品が発売されています。たとえば難消化性デキストリンやイヌリン、グルコマンナンなど多種多様です。

このうち、おすすめは難消化性デキストリンです。摂取された90~95%近くが大腸まで到達し、そのうち半分が腸内細菌の餌となり、短鎖脂肪酸を増やすことに繋がります。

また難消化性デキストリンは製品も多いため自分に合うものを選びやすく、水化物や脂質などと一緒に摂ることでより効果を発揮します。

イヌリンも同じく水溶性食物繊維で便通の改善には効果的ですが、一方で短鎖脂肪酸の濃度を上昇させなかったとする報告もあります。

参考 Effectiveness of inulin intake on indicators of chronic constipation; a meta-analysis of controlled randomized clinical trials.PubMed

短鎖脂肪酸を増やす、腸内細菌を増やす、という目的で利用するのなら、難消化性デキストリンの方がおすすめです。

たとえばDHCの「血糖ファイバー」や小林製薬の「イージーファイバー」は難消化性デキストリンをメイン成分にしています。

オリゴ糖も一緒に摂った方が良いの?

食物繊維以外にも、腸内細菌のえさとなる栄養がオリゴ糖です。1日当たりの摂取目安量は2~5gで、特定保健用食品も数多くあります。

オリゴ糖は腸内細菌のえさとなりますが、食物繊維とは異なり便をそのまま押し出す、便の水分量を増やす、といった効果はありません。

そのため、オリゴ糖は食物繊維と合わせて摂った方が、便通や悪玉菌の排出には効果的です。

しかしオリゴ糖も食物繊維も、その人の体調や摂取する量によってはお腹が緩くなることがあります。

食物繊維は病気を予防する観点から考えると、成人の場合は1日24g以上が効果的とされていますが、食生活や体調に応じて調整することも大切です。

短鎖脂肪酸を増やすヨーグルトはある?

短鎖脂肪酸を増やすには、ヨーグルトで腸内環境を整え、腸内細菌を増やすのも効果的です。

特にビフィズス菌を増やすことは、ビタミンの合成アレルギー関与、コレステロール値の低減など効果が豊富です。

実際に検証実験も行われているヨーグルトとしては、ビフィズス菌Bifixを含むグリコの「Bifix」シリーズです。

Bifixは人間由来のビフィズス菌であり、腸まで届いてさらに増殖します。増殖スピードが速いのも特徴です。

また生存率が高いビフィズス菌として、ビフィズス菌LKM512株が挙げられます。便秘解消や免疫力アップ、アンチエイジング効果などを持っているのが特徴です。

セブンイレブンの商品などにも使われているため、手軽に購入できます。

また森永乳業が開発したビフィズス菌BB536株を含む「ビヒダス」シリーズは、整腸作用などについても研究・報告が行われており、30か国以上で利用されています。

他にもヤクルトの「シンバイオティクス ヤクルトW」は、胃液にも強い乳酸菌シロタ株とガラクトオリゴ糖、不足しがちなビタミンCを一緒に摂ることができます。

またヤクルトからは、乳酸菌を一緒に含む国産雑穀21種類を配合した「ヤクルトのケール&雑穀スムージー」も発売されています。

粉末タイプで1本100円程度で継続できるため、より手軽に摂り入れたい場合はおすすめです。

継続して食べられるヨーグルトを探そう

ヨーグルトに合う合わないがある、とはよく言われますが、これは人から発見された善玉菌であっても、他人の腸へ定着してくれることはほとんどないためです。

ビフィズス菌などヨーグルトに含まれる効果を期待するなら、目的とする菌が腸内にある状態を維持するためにも、毎日食べることが重要になります。

しかし近年はヨーグルトも商品の入れ替わりが激しく、お気に入りの商品を見つけてもすぐに発売が停止してしまうことがあります。これは、サプリメントも同様です。

また1日100gのヨーグルトを食べるとして、それが家族全員だとなると、二人家族でも2日に1パックは400g入りのヨーグルトが必要になります。

こうした理由から、経済的にも続けやすいヨーグルトを見つけるか、自分でヨーグルトを作るなどして続けていく必要があるのです。

そうした意味では、森永乳業やヤクルトなど大手メーカーの、比較的お手軽に購入できるヨーグルトに絞って探すのも良いでしょう。

おすすめの短鎖脂肪酸サプリメント4選!

今回は気軽に摂れるおすすめの短鎖脂肪酸サプリメントを4つご紹介させて頂きたいと思います。

ビフィズス菌とプレバイオティクスで短鎖脂肪酸をサポート、花菜の選べる乳酸菌

花菜の選べる乳酸菌は、短鎖脂肪酸をサポートするビフィズス菌とプレバイオティクスはもちろんのこと、厳選した乳酸菌も3つ配合されています。

生命力が強い植物性乳酸菌、胃酸に負けない有胞子性乳酸菌、吸収率の高いナノ型乳酸菌はそれぞれ実感力に定評がある乳酸菌です。効率良く短鎖脂肪酸を作ることに特化している商品と言えるでしょう。

トクトクコースなら、初回は税抜980円でお試し可能で、2回目以降も通常価格から24.5%オフで購入できます。さらに永久返金保証制度を設けており、安心して購入できるよう配慮されているサプリメントです。

花菜の選べる乳酸菌

花菜の選べる乳酸菌は本当に効果ある?口コミや適切な飲み方を紹介します!

短鎖脂肪酸を作ってくれる酪酸菌が1,700万個配合、LAKUBI(ラクビ)

短鎖脂肪酸を作る酪酸菌が1,700万個配合されているサプリメントです。短鎖脂肪酸を作る能力が高い酪酸菌を生きたまま配合し、固い殻に護られて大腸まで届き、短鎖脂肪酸を作ってくれます。

口コミ
・腸内環境の改善のため購入し、翌日からお通じが改善された。

LAKUBI

サプリメントのラクビ(LAKUBI)の効果、口コミ評判はどう?

1日40億個もの生菌を摂取可能!4種の生菌配合のフローラサプリビューティオ

たった1日で40億個の生菌が摂取する事が出来るサプリメントです。4種の生菌(乳酸菌、ナットウ菌、ビフィズス菌、麹菌)と生菌を支える成分(オリゴ糖、食物繊維、植物酵素)が短鎖脂肪酸を増やしたり、腸内環境のバランスをサポートしてくれます。

口コミ
・便秘予防に良いと感じ、粒も小さく味も特に気にならず飲みやすい

短鎖脂肪酸を直接摂取する事が出来るサプリメント、端麗短鎖

端麗短鎖は「ES大豆発酵生産物」を使用し、筑波大学と食品ベンチャー企業の共同開発で、大豆を豆乳にして複数の乳酸菌を加え3年もの間、独自に発行・処理を行い、短鎖脂肪酸を発生させたものです。端麗短鎖では、やせ菌のつくる短鎖脂肪酸を直接摂取することができます。

口コミ
・便秘予防に良いと感じ、粒も小さく味も特に気にならず飲みやすい