40代におすすめのダイエットサプリメント3選!太らないための食事や生活習慣を解説!

40代が太やすい原因とは?

40代に入ると、それまでと生活習慣が変わらなくても、疲れやすくなったり太りやすくなったりします。これは、代謝が落ちてくるだけでなく、消化・吸収機能など体の機能が低下してくることも原因の一つです。

生活面では、責任が重い仕事を任される時期になったり、家庭環境で様々な変化が起こりやすくなったり(子育て、親の介護など)するため、ストレスや疲労により太りやすくなるケースも考えられます。

40代におすすめのダイエット方法とは?

40代は、まさに働き盛りで、わざわざ「ダイエットのための時間」を多く費やすことができない方がほとんどです。「食事」と「運動」を効率よく可能な範囲で実施することが重要になってきます。

例えば、食事の面だと、

  • 朝食もしくは朝食代わりになりそうな簡易的な食事を摂ることで、昼食と夕食の食べ過ぎを防ぐ
  • 昼食は自分の食べたいものを食べることで、ダイエットに対するストレスを軽減し、その分夕食で揚げ物や主食(ごはんや麺類)を食べないようにする
  • 寝る2時間前までに食事(間食も含む)を済ませる

運動の面では、ジムや運動器具を使用しての「運動」が望ましいですが、時間が取れない方は、

  • エスカレーターやエレベータ―を使わない、電車では座らずに立つ、などの行動で、消費エネルギー量を増やす
  • 一駅早く降りて、家までの歩く距離を増やしたり、いつもより速く歩くことで、運動代わりの時間を作る

など、日頃の生活でも、十分「ダイエット」と言える行動を起こすことができるのです。

サプリメントでダイエット効果は期待できる?副作用はあるの?

サプリメントというのは、明確な定義がなく、今のところ「特定成分が凝縮された錠剤やカプセル形態の製品」とされています。このことから、サプリメントはあくまでも、食事代わりになるのではなく、含まれている特定成分によって体内の機能改善を補助するものであることが分かります。

よく聞くのは、「このサプリメントを摂っているから、いつもの生活をしていても大丈夫です」という言葉です。いつもの生活が、一般的に問題のない生活内容であれば良いのですが、いつもの生活が不摂生極まりない内容であれば、サプリメントでは手に負えません。

現在の生活習慣の中の問題点を、可能な限り改善した上で、サプリメントの力を借りるのであれば、ダイエット効果は大いに期待できると思います。

また、サプリメントの「副作用」に関してですが、医薬品ではないため、用法用量をある程度守っていれば考える必要はないと思われます。

可能性のある症状として、サプリメントは、食事と同様口から入り、胃腸を通って体内に吸収され、かつ、濃度の高い状態で特定成分が含まれるものであるため、消化器症状(下痢便秘、不快感など)を生じる可能性は考えられます。

また、アレルギー食品がある場合は、成分表示をよく確認してください。

40代向けダイエットサプリメントの選び方を解説!

40代の方にダイエット効果が期待できる、サプリメントの機能としては、

  1. 脂肪燃焼
  2. 腸内環境正常化
  3. 食欲抑制

の3つです。実際、流通しているサプリメントのほとんどが、これらの機能のいずれかに該当します。それぞれの機能が、どのように身体に働きかけるのか、1つずつ見ていきましょう。

①脂肪燃焼

脂肪燃焼は、普段の生活の中で、体内で普通に行われている生理現象です。しかし、この脂肪燃焼機能は、年齢を重ねるにつれて、徐々に低下していきます。この機能低下により、痩せにくくなってくるのです。

脂肪燃焼機能を高めるためには、食材とサプリメントいずれかの方法があります。

食材としては、ご存知の方も多いと思いますが、唐辛子に含まれる「カプサイシン」、生姜に含まれる「ジンゲロール」などが有名です。これらの成分は、自身が脂肪燃焼機能を高めるだけでなく、体温を上げ、脂肪燃焼しやすい環境を整える働きもあります。

サプリメントの脂肪燃焼機能としては、上記のような食材の成分を含んでいるもの、また、体内の脂肪燃焼を補助してくれる成分を含むものの2つがあります。

よく目にするものとして「葛の花由来イソフラボン」や漢方の成分として有名な「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」「大柴胡湯(だいさいことう)」などです。

食材にしてもサプリメント(漢方)にしても、これらの成分は、どのようにして体内の脂肪を減らしてくれるのでしょうか。

  • 脂肪が合成する(作られる)のを抑制する・・・余分なエネルギーは、体内で中性脂肪となり、体脂肪として蓄えられます。中性脂肪に変化する前に燃焼(消費)することで、体脂肪とならないように働きかけます。
  • 体脂肪分解を促進する・・・体脂肪として蓄積されてしまった分は、一度脂肪酸という形に変わったあとに、エネルギー源となります。つまり、脂肪酸に変わらないと、体脂肪は燃焼しないのです。この、体脂肪から脂肪酸への変化を助けます。
  • 脂肪分解を促進する・・・無事に体脂肪が脂肪酸に変わっても、第一関門通過の状態です。この脂肪酸を燃焼させないことには、エネルギーとして消えることはありません。脂肪酸を燃焼させるサポートをして、エネルギーに変えるお手伝いをします。

今、話題になっているサプリメントとして「酵素サプリメント」がありますが、身体の中でどのように働くのでしょうか?

酵素は、体内で当たり前に行われている代謝機能自体を強くしたり弱くしたり、いわゆる強度を調節する役割があり、3000種類以上あると言われています。

今回のように、ダイエットの場合ですと、脂肪を分解する機能や筋肉をつける機能に対して、強く働きかける酵素を補えば、脂肪が身体に付きにくくなったり、いつもの運動で筋肉がつきやすくなったりするという訳です。

ただし、酵素も口から摂れば、胃や腸の消化により、本来の役割を果たさずに分解されてしまう可能性もあります。その点も配慮したサプリメントを利用することが大切です。

②腸内環境正常化

腸内環境を改善するためには、元々もっている腸内細菌を含めた環境自体を適正なものにする方法と、その後、腸内の善玉菌を維持・増加させる方法の2つが必要になってきます。

まず、今の腸内環境を適正にしなければ、善玉菌をどれだけ増やそうとしても、いつまで経っても状況は変わりません。居心地の良い家でないと、住む人も寄り付かないのと同じです。

腸内細菌そのものが、植物由来のものばかりですので、当然、食べるものも植物性由来のものをなるべく取り入れたほうがいいのです。また、腸内の善玉菌は、食物繊維をエサにして生きています。

野菜やきのこ、海藻、果物など、植物由来の食材は、食物繊維を補うため、というよりも、善玉菌にとって、居心地の良い環境に変化させるため、だったのです。

そして、動物性の食材は、腸内の悪玉菌を増やす働きがあります。悪玉菌は、消化されていないたんぱく質などをエサにして、硫化水素やアンモニアなどの有害物質を多く作ってしまいます。これらの物質は、身体にとっては毒なので、腸内環境を悪化させ、ダイエットにも大きな障害となります。

善玉菌の代表格といえば、乳酸菌、ビフィズス菌などが挙げられますね。この2つの菌の違いとしては、乳酸菌は、主にブドウ糖から乳酸を作り出す菌、ビフィズス菌は、ビフィドバクテリウム属という種類に属する菌、といったところでしょうか。

つまり、ビフィズス菌の中でも、ブドウ糖から乳酸を作り出す(厳密に言えば、50%以上の乳酸を作り出す)菌であれば、乳酸菌の仲間に入ります。悪玉菌が、腸内を有害物質によってアルカリ性に変えてしまうのを防ぐため、乳酸は大切な成分なのです。

これらの善玉菌は、腸内環境を整え、免疫機能を改善・維持するだけでなく、脂肪の排出も促してくれる働きが報告されているため、余分な体脂肪がつきにくくなる効果が期待できます。

③食欲抑制

食欲を抑制するためには、満腹感を増やす、もしくは食欲がない(=満腹感がある)ような状態に近づける成分をとる、というどちらかの方法があります。

満腹感を増やすためには、低カロリーでお腹の中にたまりやすいものを摂らなくてはいけません。製品としては、バジルシードを配合したものが多く出回っています。このバジルシードは、水分を含むことで膨張し、満腹感を与えます。

食欲がなくなる成分としては、ギムネマやガルシニアが代表的です。

ギムネマは、甘い物を食べる前に口に入れることで、甘みを感じにくくなる成分です。また、ガルシニアは、体内のクリコーゲンの合成量を増やしてくれる働きがあります。人間は、グリコーゲンの量が少なくなると、空腹感を感じやすくなるため、合成料を増やすことで、空腹感を感じにくくします。

サプリメントの中には、これら3つの機能をすべて取り入れたような、贅沢なサプリメントも存在しますが、これはあまりおすすめしません。それぞれの機能を発揮するそれぞれの成分が、お互いの機能を相殺し、結果、何にも効果を示さなかった…なんていうことになると、本末転倒だからです。

代表的なものとして、話題の「コンブチャ」があります。コンブチャは、紅茶にキノコに似たゲル状の酵母菌を漬けて作られた発酵飲料です。成分としては、乳酸菌、酵母、ポリフェノールと、まさに夢のような飲み物と言えます。

成分自体は、それぞれ問題のあるものではないため、身体に不調等見られなければ、続けても大丈夫かと思われます。ただし、前述の通り、通常の食事では摂らないような成分の量や組み合わせであるため、少量から始めてみることをおすすめします。

40代におすすめのダイエットサプリメント2選!

今までの話を踏まえて、機能毎のおすすめダイエットサプリをご紹介します。

脂肪燃焼効果のあるデュアスラリア

日中の活動量が多い時間帯に脂肪燃焼を高めることで、効率よくダイエットに働きかけてくれます。ただし、消費エネルギーの代謝を上げるサプリメントですので、活動量が少ない方には不向きです。体を動かすことでより多くの効果が期待できるため、筋肉をつけながら体重も落とす、まさに一石二鳥のサプリメントと言えそうです。

腸内環境を正常化!ニュースルスルこうそ(植物性発酵素材)

様々な種類の植物酵素に加え、1回摂取量の中に、日本人の腸内環境に最も効果がある乳酸菌が1000億個以上含まれています。特に、食生活が乱れている時期に取り入れることで、腸内環境悪化による代謝低下を阻止することができます。

徹底した生活改善と、酵素のダブル手法で健康的なダイエット!

40代に入ると、仕事に家事に育児に、と多忙な毎日を送る方が増えてくるため、生活習慣の見直しが一番大切です。

可能な範囲で、生活習慣を改善し、それに酵素を追加して、見事ダイエットを成功させた40代女性の体験談をご紹介します。

この方の素晴らしいところは、なんと言っても、ダイエット食品だけに頼らず、食事や運動も少しずつ取り入れているところです。以下に、ポイントをご紹介します。

  • 「1ヶ月に最大2~3kg減」という現実的な目標を立てる
  • 糖質制限をむやみやたらにせず、期限を決めて段階的に行う
  • たんぱく質をしっかりと摂る
  • 運動は、週2回1時間と、取り入れやすい頻度で習慣づけ、かつ、有酸素運動と筋トレを一緒に行う
  • 酵素ドリンクを無理しない程度に利用する

早く効果を上げたいため、ついつい自分の生活習慣を棚に上げ、サプリメント等に頼ってしまいがちですが、生活改善とサプリメントの相乗効果が、健康的なダイエットには必要ですね。