日焼け止めサプリメントおすすめランキング!効果やビタミンなどの成分を解説!

日焼け止めは「飲む」が主流?日焼け止めサプリメントのメリット・デメリットを紹介!

日焼け対策と言えば、直接肌に塗るタイプの日焼け止めが一般的でした。しかし、最近では「日焼けは体内から対策するべきだ」という考えが当たり前になり、飲む日焼け止めも主流になりつつあります。
そんな飲む日焼け止め、いわゆる日焼け止めサプリメントのメリットはどこにあるのか。また、デメリットもあるのでしょうか。

そもそも塗るタイプの日焼け止めのメリット・デメリットは?

塗るタイプの日焼け止めは、直接肌に塗ることで紫外線を防ぎます。紫外線をシャットアウトできるので、日焼けの心配はありません。しかし、ヒトが紫外線を浴びることは免疫を保ったり、骨を元気にしたりするためにも必要なことなのです。

特にビタミンDの合成には紫外線を浴びることが必要で、日焼け止めを塗り紫外線をカットすると、ビタミンDの合成にも影響が出てしまいます。

ビタミンDには骨を作る働きがありますし、うつにも関係していると言われています。つまり、毎日日焼け止めを塗ることは、骨を弱くし、うつを誘発する恐れがあるということです。

日焼け止めサプリメントのメリット

一方で、日焼け止めサプリメントは紫外線のカットを行わずに日焼けを予防するので、ビタミンD不足の心配がありません。

また自分自身が持つ防御機能を上げたり、酸化を防ぐことを目的としたサプリメントが多いので、日焼け止め以外の健康効果も期待できます。他にも、塗る手間が省けるので化粧をしていても関係ありませんし、時間の節約にもなります。

日焼け止めサプリメントのデメリット

塗るタイプの日焼け止めであれば、外出前に塗るだけで良いですが、日焼け止めサプリメントは続けることで効果を発揮します。つまり、選んだサプリメントによってはコストが高くなる場合もあります。

日焼け止め向け成分とは?ビタミン以外に何がある?

日焼け止めに有効な成分にはどんなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきます。

ビタミンC

紫外線を過剰に浴びてしまうと、細胞や核が傷つけられるので皮膚がんの危険性が高まります
そのため人間は、紫外線を浴びるとメラニンを生成し、皮膚の表面に沈着させることで紫外線が細胞を傷つけるのを防ぎます。

しかし、メラニンこそが日焼けの大きな原因になるのです。

ビタミンCは、チロシンというアミノ酸からメラニンが作られる流れをブロックします。さらに、ビタミンCが持つ抗酸化作用はメラニンを還元することで色素の沈着を防いでくれるのです。

システイン

日焼けの原因になるメラニンは、チロシンというアミノ酸に「チロシナーゼ」という酵素が働くことで作られます。つまり、チロシナーゼの働きを抑えることで、メラニンが作られなくなり日焼けを防げると言うことです。

チロシナーゼの働きを抑えるには、グルタチオンというアミノ酸が有効です。しかし、グルタチオンは日本では医薬品として扱われている為、サプリメントで摂取することができません。そこで、グルタチオンの材料であるシステインというアミノ酸をおすすめします。

また、グルタチオンはビタミンCのメラニン還元作用を強めます。ビタミンCとシステインを併せて摂取することで、メラニンの色素としての効果が薄くなり日焼けを予防してくれます。

抗酸化物質

紫外線は肌への最大のストレスです。紫外線が皮膚の細胞に刺激を与えることで、皮膚細胞が酸化しメラニンが大量に生成されます。つまり、紫外線により皮膚が酸化する前に、酸化を抑える抗酸化物質を摂取しておけばメラニンの生成を抑えられるということです。

抗酸化物質には、様々な種類があります。上でもご紹介したビタミンCが有名ですが、同じビタミンであればAとEがあげられます。

他にも、色の濃い野菜に多く含まれるポリフェノールは抗酸化作用の強いものが多いです。

オメガ3脂肪酸

皮膚に紫外線のストレスがかかると、プロスタグランジンという物質が作られます。このプロスタグランジンの量が多いと、過剰にメラニンが生成されてしまい、日焼けの原因になります。

プロスタグランジンは現代人が過剰に摂取しているとされるオメガ6脂肪酸から作られますが、魚などに含まれるオメガ3脂肪酸はプロスタグランジンの生成を止めてくれるのです。

つまり、オメガ3脂肪酸を摂ることで、過剰なメラニン生成を抑える効果が期待できます。

日焼け止め向け成分には美白・美肌効果もあるの?

日焼け止めに有効な成分は美白美肌効果も併せ持つものが多いです。

例えばビタミンCはコラーゲンの生成を促すため、肌にハリと潤いを与えてくれます。

システインは皮膚のバリア機能を担っているケラチンという物質を作るのに重要です。

また、お肌は常に外界と接している為、紫外線以外にも酸化ストレスが付きまといます。
お肌が酸化すると、乾燥・しわ・シミの原因になるので、美白・美肌のためにも抗酸化物質を摂ることが大切です。

オメガ3脂肪酸は炎症を抑える効果が期待できるので、肌荒れを防ぐ効果もあります。

日焼け止め向け成分には美白・美肌効果もあるの?

市販日焼け止めサプリメントのおすすめランキング!DHCがコスパ最強?

今回ご紹介した日焼けに有効な成分が含まれている日焼け止めサプリメントをランキング形式でお伝えします。

第3位:安くて大容量!Now Foods「L-システイン」

システインは日焼け止めに非常に有効な成分であるにも関わらず、「日焼け止めサプリメント」のジャンルで販売されているほとんどの商品に含まれていません。また、含まれていても価格が高いので続けることが困難です。

Now FoodsのL-システインは価格が非常に安く、1カ月1,000円以下に抑えられます。

口コミ
・自分が一番効果を感じた美白サプリメントです
・肌のムラが減って透明感が出てきた
・飲み始めて一ヶ月ですが、早速色が薄くなってきた

第2位:高い抗酸化力!DHC「スーパーエイチツー サンシトラス」

この商品は「日焼け止めサプリメント」ジャンルの中でも数少ないシステインが含まれた商品です。しかも、値段も他社の商品に比べコスパが良いです。

何よりも国内最大手のサプリメントメーカーDHCが販売しているので、信頼できる一品です。

「スーパーエイチツー サンシトラス」には、その強力な抗酸化力から、紫外線対策としても注目されている「水素」が含まれます。

他にも、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富な「レッドオレンジエキス」や、細胞を正常な状態に保つのを助けるセラミドが多く含まれている「パインアップル果実抽出物」も配合されています。

口コミ
・肌が明るくなってきました
・日傘、帽子、日焼け止めを併用しましたが、塗り直ししなくても焼けてない
・1日1粒でいいのが飲みやすくて良かった

第1位:飲む日焼け止めの定番!DHC「ビタミンC」

紫外線対策にはビタミンCが欠かせません。日焼け止めサプリメントを飲むのであれば、まずビタミンCを優先しましょう。

DHCの「ビタミンC」には1粒に500mgものビタミンCが含まれているにもかかわらず、1ヶ月300円もかからないというコスパの良さが魅力です。

ビタミンCは日焼け対策以外にも沢山の健康効果があるので、特に日に焼けないような季節でも毎日飲み続けるべきサプリメントです。

口コミ
・確実にシミが薄くなってきました
・ニキビが驚くほど減りました
・飲んで数日で肌のざらつきが消えました

番外編:お肌の健康に欠かせない!DHC「DHA」

紫外線を予防するのに有効なオメガ3脂肪酸「DHA」ですが、国内の日焼け止めサプリメントには含まれている物がありません。

肌のターンオーバーや保湿にも役立つので、他の日焼け止めサプリメントとあわせて飲むことをおすすめします。

口コミ
・飲み初めてから、何人かから色が白いと言われた
・スベスベ&シットリに、風呂上りのニベアが不要に
・臭いがなく、ツルッと飲みやすい