大正製薬の大麦若葉青汁キトサンの成分は?ダイエットや血糖値に効果あり?

大正製薬の青汁にはどんな種類がある?

大正製薬と言えば「パブロン」や「リアップ」などの医薬品を作る会社として知られていますが、「リポビタンD」をはじめとした医薬品以外の商品も開発・販売しています。

最近ではサプリメント・健康食品の開発も盛んで、青汁もその中の一つです。そんな大正製薬から販売されている3種類の青汁シリーズをご紹介します。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<キトサン>

主成分は生命力の強い大麦の若葉「大麦若葉」です。一昔前の「まずい」と言われていた青汁はケールという野菜を使用していましたが、大麦若葉はマイルドな飲み口で飲みやすいのが特徴です。

大正製薬の大麦若葉青汁<キトサン>は、商品名の通り大麦若葉の青汁にキトサンを添加しています。悪玉コレステロール値を低下させる働きがあるキトサンを加えることで、国から「特定保健用食品(トクホ)」の認可を受けた商品です。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>

こちらの商品の主成分も、比較的飲みやすい大麦若葉です。

大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>には、商品名の通り難消化性デキストリンを加えています。難消化性デキストリンは食後の血糖値の上昇をおだやかにするので、こちらの商品も国からトクホの認可を受けています。

血糖値が気になる方は、食前に飲むことをおすすめします。

からだ環境青汁

「大麦若葉」「甘藷若葉」「ケール」の三種類を主成分とした青汁です。三種類をブレンドすることで、野菜不足の人が多い日本人に足りていないビタミン・ミネラル食物繊維などの栄養成分を満遍なく含みます。

他にも、高麗人参・ウコン・ニンニクなど15種類の健康成分も配合しており、更なる健康を手助けしてくれます。

この商品は飲みやすさにもこだわっており、18種類もの成分が入っているにも関わらずクセが無く、甘い抹茶ジュースのような飲み口を実現しています。

大麦若葉青汁<キトサン>の成分を解説!ダイエット・血糖値にも効果あり?

今回は特に人気の高い大麦若葉青汁<キトサン>の成分と効果をご紹介します。

大麦若葉<キトサン>の成分

大正製薬の大麦若葉は熊本県阿蘇地方で有機栽培されており、その土壌には火山灰(有機物)が豊富に含まれています。このような土地で育ったため栄養成分は非常に高く、特に鉄分・ビタミンB2・葉酸が多く含まれます。

また「超微粉砕製法」という製法で作られているので、一般的な青汁の製法である「圧縮製法(素材を搾る)」と違い、大麦若葉が本来持っている食物繊維やポリフェノールなどの栄養素もしっかりと残っています。

キトサンは、普段の食事では摂りにくいカニやエビの殻から抽出される成分で不溶性の食物繊維です。

コレステロールの消費を促すことで期待できる効果

沢山の栄養素が詰まった大麦若葉<キトサン>ですが、キトサンがコレステロールを吸着し、そのまま便として排出する特徴を持つため、トクホとして国から認可されている「コレステロールの消費を促す」働きが期待できます。

コレステロールは、代謝や脂肪の吸収にも大きく関係しています。

血液中のコレステロールが多くなりすぎると血液がドロドロになり、動脈硬化の原因にもなります。また、血液がドロドロの状態では体内の栄養や老廃物の運搬が滞り、代謝が落ちてしまうので、脂肪も消費されにくくなります。

他にも、コレステロールは「胆汁酸」という物質に変換された後、小腸に分泌されることで脂肪の吸収を促進してしまいます。コレステロールを上手く消費し、胆汁酸を減らすことで脂肪の吸収が妨げられ、ダイエットにも繋がります。

他にも期待できる効果は?

キトサンや大麦若葉に含まれている食物繊維には糖質を吸着し、そのまま排出する作用もあるので、血糖値に対する作用も期待できそうです。

また、食物繊維は腸内の善玉菌のエサになることで腸内環境を整え、代謝をアップしてくれます。

他にも大麦若葉には鉄分葉酸ビタミンB2が含まれます。葉酸と鉄分は血を作るので貧血予防に役立ち、ビタミンB2は脂質を代謝するために必須のビタミンなのでダイエットにも効果的です。

大麦若葉青汁<キトサン>の成分を解説!ダイエット・血糖値にも効果あり?

大麦若葉青汁<キトサン>はいつ飲むべき?

大麦若葉に含まれるビタミン・ミネラル・食物繊維など栄養素の補給や、キトサンによるコレステロールの消費を促す目的で飲むのであればいつ飲んでも大丈夫です。

しかし、キトサンはコレステロールの消費を促すほかにも、糖質・脂質・ビタミン・ミネラルも吸着し排出するので、目的により飲むタイミングを決めるとよりよいでしょう。

ビタミンやミネラルなど栄養素の摂取が目的の場合

食事から摂れるビタミンやミネラルなどの重要な栄養素をしっかりと吸収するためにも、毎回の食事前後に飲むのは避けた方が良いでしょう。

バランスの良い食事の前後には、飲むことを避けるなどの工夫が必要です。

ダイエットが目的の場合

ダイエット中は、糖質や脂質を排出する作用は大いに活用するべきです。食事の前後に飲むのがよいでしょう。

液体にも関わらず意外に腹持ちが良く低カロリー(一杯当たり9.7kcal)なので、お腹が空いた時におやつ代わりに飲むのもおすすめです。

大麦若葉青汁<キトサン>の口コミを調べました!

大麦若葉青汁<キトサン>に関する、ネット上での口コミを見ていきましょう。

口コミ
・少しでも下がっていればくらいに思っていましたが結果はいきなりの正常値内でビックリ
・食事前に飲むと、食べ過ぎずに適量の食事で満腹を感じます
・お腹の調子がよくなった
・粉っぽくなく、又青汁臭さも少なく飲みやすかったです
・味の薄い抹茶感覚

大麦若葉青汁<キトサン>は、悪玉コレステロールの数値を気にして飲み始めた方が多いようです。コレステロールへの効果を期待して飲まれた方のほとんどが「数ヶ月程度続けると結果が出た」という口コミを書かれていました。

味に関しては、甘みのある抹茶感覚で飲めるのが嬉しいとの声が多く見られました。

大麦若葉青汁<キトサン>は楽天や薬局で買える?

大麦若葉青汁<キトサン>は薬局やドラッグストアでは取り扱いがありません。

また、楽天やAmazonでも取り扱っていますが、不良品が届くこともあるようです。特別なこだわりが無ければ、公式サイトの利用をおすすめします。

また、上記のリンクからですと初回の方限定で定価から74%オフの980円で購入いただけます。