飛蚊症におすすめのサプリメント2選!治療方法や効果のある成分を解説!

そもそも飛蚊症とは?原因や症状を解説!

飛蚊症という言葉を聞いたことはありますか。

字のごとく、蚊のような小さな虫が飛んでいるような症状を呈する目の病気です。

人によって、黒い線や点の大きさなどはさまざまですが、視線を動かすと、この黒い線が追いかけてくるようにみえることもあります。

また普段は特に見えなくても、白い壁や青空を見たときによく見えるという特徴があります。

飛蚊症の原因としては生理的なものや、病気が関係しているもの、生まれたときからある先天的なものに分けることができます。

加齢が原因の飛蚊症

まず飛蚊症の原因として加齢が挙げられます。

そもそも目の中には硝子体と呼ばれる透明でゲル状の成分で満たされています。

加齢に伴い、その硝子体の一部分がしわのようになって重なり、その部分が黒く細長いヒモ状になることで影のようなものができ、それが網膜に映って見えます。

また近視の人は硝子体に空洞ができやすいとされます。この空洞に繊維などが集まって影になってしまい、飛蚊症が起きることがあります。

そのため年齢が若くても強度の近視だと、飛蚊症が起きる場合があります。

他の病気が関連している飛蚊症は早期治療が大切

飛蚊症を引き起こす病気には、網膜剥離や網膜裂孔、網膜の血管の病気、眼球の中の感染症などがあります。

網膜剥離も加齢に関連することがありますが、事故などの外傷でも起こることがあります。

何らかの原因で眼球の内側にある網膜が剥がれてしまうことで剥がれた部分が黒いものと認識され、飛蚊症の症状を呈します。

先天的な飛蚊症もある

先天的なものとしては、お母さんの身体の中で赤ちゃんの眼球が形成されていく過程で飛蚊症の原因が生じることがあります。

赤ちゃんの眼球は途中まで硝子体の中を血管が走り、眼球の生成に必要な栄養素を運んでいます。通常は成長とともにこの血管は消失していくのですが、まれに残ってしまうことがあります。

すると成長と共に「目にゴミがある」といった自覚症状が出てきて、子供が飛蚊症の症状を訴える場合もありますが、視力に問題がなければ急いで治す必要はありません。

先天的な飛蚊症は悪さをすることは少なく、症状が進まない限りは経過をみていても問題ないことが多いです。

ドライアイと飛蚊症は関係ある?

ドライアイと飛蚊症には関係がありません。

ドライアイとは、涙の量が少ない、あるいは涙に含まれている油分が足りず、目の表面が乾燥している状態です。乾性角結膜炎ともいいます。

パソコンなどの閲覧でまばたきの回数が減ってしまったり、室内が空調により乾燥したり、生理的な原因であることも多いです。

症状も目の渇きやゴロゴロとした違和感、目の疲労感が起きることがほとんどで、飛蚊症とは異なります。

飛蚊症の症状がある場合は早めに対応しよう

網膜剥離など病気が原因で飛蚊症が生じている場合は、早急に治療が必要です。なぜなら、網膜剥離は悪化すると失明にいたることがあるからです。

いずれにせよ、飛蚊症の症状が見られる場合は早めに眼科を受診しましょう。

飛蚊症の疑いがある場合はどんな検査をするの?

飛蚊症の疑いがある場合、まず眼底検査で、検眼鏡と呼ばれる装置で瞳孔から眼球の奥の網膜の状態を確認します。

飛蚊症は網膜剥離など重大な病気の前触れである場合と、症状が進まない限りは経過観察で良いものの2つに分かれます。

しかし、検査をしてみないと重大な病気の前触れかどうか分かりません。

この検査では網膜がしっかり確認できるように瞳孔を広げる目薬が使用されるため、数時間ほど目が眩しさを感じやすくなり、視力が落ちてしまいます。

車の運転は避け、安全な方法で来院するようにしましょう。

飛蚊症の治療方法とは?治すことはできるの?

網膜剥離などの病気が飛蚊症の原因の場合は、レーザー治療や入院が必要な手術での治療があります。

一回の治療で完治をすることは難しいですが、治療を継続すれば良くなると言われています。先天的なもので症状がひどい場合も同様です。

レーザー治療であれば当日に治療をして帰宅することも可能です。

上記ではない場合も眼科への受診は必要ですが、眼科に受診しても治療の適用にならず、経過観察になることがあります。

「経過観察にはなったけど、飛蚊症の症状が気になる」「眼科的な治療以外で改善できる方法が知りたい」という方は多いと思います。

次項では自分でできる対策と、効果のある成分についてご紹介していきます。

自分でできる飛蚊症の対策を解説!効果のある成分とは?

自分でできる飛蚊症の対策を解説!効果のある成分とは?

網膜剥離など病気が原因で飛蚊症の症状が生じている場合は、早めの治療が必要です。

まずは、飛蚊症の症状があった場合は診察を受けること、飛蚊症を治療中の場合は悪化が起きていないかチェックすることが大切です。

硝子体は網膜から離れ始めて、その形が安定するまで1〜2ヶ月ほどかかります。すると最初は問題がなくても、網膜の状態によっては形が安定する頃に破れてしまい、網膜裂孔が起きる場合があります。

網膜裂孔は治療が必要な場合と、そうでない場合があります。

中には網膜裂孔から網膜剥離へ症状が進んでしまい、手術が必要になる可能性もあるため、経過観察が欠かせません。

飛蚊症を自覚して検査を受けた後、経過観察で問題ないと判断された場合でも、飛蚊症が酷くなっていないか、数が増えていないか、注意しておきましょう。

また「丸くて小さな粒がたくさん見える」場合には、眼球内での出血が起きている可能性があります。

「いつもよりたくさん見える」「色が黒くなった」といった違いを自覚したら、早めに病院を受診しましょう。

病気以外の原因として考えられることは、加齢以外ですと活性酸素が関係してきます。

飛蚊症を悪化させないためのポイントは3つあります。

  • 目をケアする
  • 食事バランスを整える
  • ストレス解消

目をケアする

目を休ませる時間を作るなど、目のケアは重要です。

また、飛蚊症の症状は、活性酸素が増え硝子体のゆがみなどが生じることで起こります。活性酸素が増える原因のひとつは紫外線です。

目は日光に含まれている紫外線だけではなく、パソコンや携帯などの画面からも影響を受けます。サングラスやブルーライトカットのメガネを活用することをおすすめいたします。

ストレス解消と食事バランスに気をつけよう

ストレスや食事の偏りも影響しますので、適度なリフレッシュとバランスの良い食事をすることが大切です。

他には目の成分のひとつである「ルテイン」を補うこともおすすめです。

ルテインはケールやほうれん草などの緑葉野菜や、卵黄などに含まれています。

ルテインは身体の中で酸化防止剤として働き、日光などの青色の光を吸収してくれます。

日ごろから緑黄色野菜を意識して摂ることが大切ですが、忙しくて十分に摂れていないと思う方はサプリメントで補うこともできます。

ビタミンは目に効果があるの?

ルテインと同様に酸化防止効果を持つビタミンCやビタミンEも、目には良いと言われます。

ビタミンCはストレスが高い人ほど消費される傾向にあるため、日ごろパソコンをじっと眺めていて目が辛いなど、身体へのストレスを感じている人にもおすすめです。

ただ飛蚊症の症状がすでに発生している場合、それを抑えることに繋がるとは限らないため、明確な効果を期待しない方が良いでしょう。

コンドロイチンが目に効果があるって本当?

硝子体と呼ばれる透明でゲル状の成分は、ヒアルロン酸コラーゲンが豊富に含まれています。加齢とともに減少するため、飛蚊症の原因である硝子体の変質を引き起こすこともあります。

そのコラーゲンとヒアルロン酸のバックアップのために、コンドロイチンの摂取に興味を持つ人も多いようです。

しかしコンドロイチンの摂取については、実際に飛蚊症への効果があるか不明確なことに加え、まれに摂取に伴う腹痛や吐き気が起きることもあります。

またワルファリンなど、血液をサラサラにする効果を持つ薬を飲んでいる人は、コンドロイチンの摂取によって、出血リスクが高くなる恐れがあるため控えた方が良いでしょう。

飛蚊症におすすめの目薬はある?

結論から言うと、飛蚊症に対しておすすめの目薬はありません。

ここまで解説してきたように、飛蚊症の原因は「硝子体と呼ばれる透明でゲル状の成分の一部が皺のように重なること」や「網膜剥離」といった病気が原因です。

硝子体は、私たちが鏡を見たときに見える黒目の奥に広がる成分であり、ここまで目薬の効果を到達させるにはとても強い薬を使う必要があります。

さらに硝子体はコラーゲンとヒアルロン酸が主成分です。もし加齢による皺を取り除く効果を十分に発揮する目薬があったとしても、他の問題がない硝子体まで影響が及ぶリスクがあります。

これらのことから、飛蚊症に対して効果がある目薬は今現在、存在していません。

また症状が悪化し始めた場合は早急に手術することが大切であり、目薬より眼科に行く方が良いと言えます。

症状の悪化の目安として、視力の急激な低下や視野の欠け、黒い点や黒い範囲が急に増える、といった変化が挙げられます。

また目を動かしても黒い点の位置や形が変わらない場合、飛蚊症以外の病気が起きている可能性があります。

いつもと違う、と感じたら、早めに病院を受診しましょう。

目薬に飛蚊症の予防効果はあるの?

一方で、飛蚊症を予防すると言う目的で、目薬を使うことは効果があるのか気になる人も多いでしょう。

眼精疲労に効果がある、とする市販の目薬も多いため、一見すると予防に効果があるような気がします。

しかし眼精疲労が起きている原因が人それぞれであることから、眼精疲労と記載があれば誰にでも効果を発揮してくれる目薬とは限りません。

たとえば、目の涙の量が足りていない人や長時間パソコンや資料を見るために瞬きの回数が減り「目が乾く」と感じている人には目の潤いを保つ目薬が効果的とされます。

しかし涙の量が足りていて、他に理由があって目が疲れている人にとっては、潤いを保つことが飛蚊症の予防に繋がるとは限りません。

高い目薬をむやみに買う前に、自分の症状に合う目薬を選び、適切に選ぶことが大切です。

毎日使う目薬を選ぶポイントは?

毎日使う目薬を市販で購入する場合は、防腐剤不使用の目薬がおすすめです。

防腐剤不使用を選ぶ理由として、防腐剤は目薬の保存を良くしますが、一方で目の角膜を傷つけてしまう恐れがあるためです。

また必ずしも高い目薬が良いとは限らず、安価で気軽に買い換えられるものの方が、清潔に使えます。

目薬は目に直接触れさせる薬です。そのため、目薬に雑菌が繁殖したり、古くなったりしてしまうと、目に炎症が起きて飛蚊症以外の目の病気が起きる可能性があります。

防腐剤不使用の目薬でも、そうでなくても、目薬に表記されている使用期限を目安に買い替えることをおすすめします。

他にも、目の充血に効果があるとされる「塩酸ナファゾリン」や「塩酸テトラヒドロゾリン」を含む目薬は、あまりたくさん使わない方が良いとされます。

これらの成分は目の血管を収縮し、炎症を抑える効果があるものの、一方で繰り返し使ううちに血管が太くなってしまい、反対に充血を悪化させることがあるためです。

自分の症状に合わせて目薬を選び、適切に使用しましょう。

飛蚊症におすすめのサプリメント2選!

サプリポートがおすすめするルテインのサプリメントを2つご紹介いたします。

機能性表示食品として注目されている、FANCL えんきん

大手有名企業FANCL(ファンケル)が販売している「えんきん」をご紹介いたします。テレビコマーシャルなどでこの商品を知っている方も多いのではないでしょうか。

日本初の目に関する機能性表示食品として注目をされています。「えんきん」にはルテインが10mg配合されています。

これはブロッコリーなら2.3株分、ニンジンなら27本分に相当する量です。

「えんきん」はルテインだけではなく、目に良い成分が他にも含まれています。例えば、アントシアニンやアスタキサンチンなどです。

今なら初回購入に限り、税込送料込み1,000円で1ヶ月分をお試しいただけます。目だけではなく、肩や首の疲れもやわらげてくれます。

是非この機会にお試しください。

口コミ
・お値段がお手頃ではじめやすい
・飲みはじめてから目や肩の疲れが改善した

ファンケルのえんきん

ルテインが豊富に含まれている、さくらの森 めなり

「めなり」の最大の特徴は、すばりルテインだけではなく、ビタミンやβカロテンをはじめ、目に良い成分がふんだんに含まれていることです。

これらの成分は単体としても重要ですが、相乗効果も期待できます。

またルテインも1日に必要とされる12mgがきちんと含有されています。

口コミ
・飲みやすくて続けやすい
・読書やパソコン作業が楽になった

モニターリピート率も93%と高く、目の疲れなどを実感されている方で、サプリメントは初めてという方におすすめです。

特別キャンペーンも実施されているとのことですので、この機会に是非お試しください。

より安価なDHCの目向けサプリメントはどう?

DHCでも、ルテインのサプリメントを販売しています。その内容と成分量についてチェックしてみました。

安価に試したいときに、DHC ルテイン 光対策

上記2つに比較すると、1日分のサプリメントに含まれるルテインの量が多く、16mg配合されています。

したがって、ルテインの量にこだわりつつ、安価に試したいときには候補の1つとなるでしょう。

ただ一方でサポート成分にカシスエキス粉末やメグスリノキエキス粉末など、植物由来の成分が多くなっています。

また原料に大豆とゼラチンを含んでいるため、アレルギーのある人は使用できないのが難点です。

口コミ
・朝に飲むと効き目が実感できた
・パソコンの使いすぎを自覚しているので予防で飲んでいる

以上、飛蚊症の原因や自分でできる対策等について説明をいたしました。飛蚊症の症状が見られる場合は必ず医療機関でご相談をいただいた上で、ご自分でできる対策をすることをおすすめいたします。

またバランスの良いお食事を摂ることも大切ですが、忙しくて偏りが気になる場合は、サプリメントの力を借りてみても良いかもしれません。