ベースパスタはまずい?ダイエット向き?購入できる店舗は?

そもそもベースパスタとは?他にも種類がある?

ベースパスタとは、生きるために必要な栄養素をより手軽な形で補給するべく開発された、健康食品の1つです。

完全栄養食として紹介されることもありますが、栄養素のベースを作ることが目的であり、1食だけですべての栄養素を補えるわけではありません。

実際、1食分のベースパスタに含まれる栄養素は1日に必要な栄養素の1/3です。

しかし主食としてベースパスタを使えば、おかずの工夫などをせずとも栄養バランスの整った食事を手軽に摂ることができます。

原料は小麦全粒粉や大豆粉、もち米、コメヌカ、小麦胚芽、チアシードなど、多様な穀物で作られており、もっちりとした食べ応えのある食感が特徴です。

保存性のある生麺で、塩を加えたたっぷりの熱湯で通常のパスタのように茹でる、もしくは水とともに電子レンジで加熱してソースなどを用います。

健康食品に不足しがちな食べ応えや調理の楽しみが補われており、価格も栄養バランスを考えるとお手頃です。

レパートリーも様々

パスタの種類はよくあるスパゲッティタイプと、平麺のフェットチーネタイプがあります。

また同じ企業からはベースラーメンという、ラーメンタイプの商品も発売されています。

パスタソースも4種類ありますが、自分で好きな味付けをすることも可能です。

ベースパスタの栄養素とは?

特徴として、1食で食事摂取基準を元に計算された、1日に必要とされる栄養素の1/3を摂ることができます。

1食あたり341kcalで、3食ともベースパスタを用いたとすると、単純計算で1,023kcalです。

そのためここに、カロリーを補うための食材や、タンパク質を補給することで、よりバランスの良い食事を手軽に作ることができます。

一方で摂りすぎが気になるナトリウム(食塩)や炭水化物は非常に控えめで、ナトリウムは1日分の2%しか含まれていません。

炭水化物は1食39.2gで、そのうち糖質は30.8gです。これは比較的糖質が少ない主食である蕎麦の43.2gやうどんの41.6gよりも少ない量です。

一方でタンパク質は29.7gと、1日に必要な量の1/3を補うことができ、運動後の食事にもおすすめです。

一部の栄養素は1日分補給可能

ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンE、葉酸、カリウムについては1日分の栄養目安を十分に補える量が配合されています。

これらの栄養素は体内に蓄積されにくく、多く摂取したとしても体の外に尿とともに排出されてしまうため、過剰摂取の心配が少ないものばかりです。

特にストレスなどで消費されやすく、皮膚や粘膜の健康維持に必要不可欠なビタミンCは、1日あたりの目安量のおよそ3倍が配合されています。

普段から野菜やフルーツを食べることが少ない、という人は、サプリメントの量を節約することにもつながります。

ベースパスタだけの生活も工夫すれば可能

完全食と呼ばれる食品は、カロリーや栄養素、手軽さなどを成り立たせるために、ドリンク状になっていることがよくあります。

ベースパスタは、完全栄養食において不足しがちな「噛む」という部分を克服し、かつ料理を作る楽しみなども味わえます。

噛むという動作は人間にとってとても重要で、腸を動かして排便をスムーズにし、唾液の分泌によって食べ物の飲み込みを補助するなど、様々な役目を持っています。

ソースや一緒に食べる具材を工夫すれば、ベースパスタを主食にした生活も可能です。

しかし運動量が低い女性であっても1日当たり1,400kcalは健康に生きていくために必要であり、ベースパスタのみだとカロリーが不足してしまいます。

カロリーは眠っている間や休んでいる間も必要であり、適切に補うことが重要です。

たとえば必要カロリーに応じてベースパスタを1食につき2袋使う、という食べ方や、豆腐や卵をプラスしてカロリーを補う方法もおすすめです。

自分にとって適切なカロリーが分からない場合は、日本医師会が提供する推定必要カロリー計算のホームページなどを利用して、カロリー量を知ることから始めてみましょう。

参考 1日に必要なカロリー「推定エネルギー必要量」日本医師会 あなたの健康を応援する健康の森

ベースパスタの値段は?

ベースパスタの値段は、お試しセットの「ポモドーロ/ジェノベーゼ」「焼きそば/台湾まぜそば」「ラーメンセット」は税込980円です。

1セットに2食分が入っているため、味を確かめたい人にぴったりです。

生めんを購入する場合は、1食につき122gで税込390円、最小単位4袋から4袋単位で個数を増やすことができ、最大40袋までまとめて購入できます。

定期購入を利用すると、通常価格の10%OFFで4週間ごとに決めた個数を届けてもらえます。この値段は、フェットチーネでもスパゲティでも変わりません。

たとえば1日1食置き換えで28食分を定期購入すると、税込9,828円、1袋当たり351円となりお得です。

また専用ソースと専用ラーメンスープは1袋200円、こちらも最小単位4袋、最大40袋までまとめて購入でき、定期購入も可能です。

ベースパスタでおすすめのレシピは?

おすすめレシピとして「ワークショップでいちばん人気の組み合わせレシピ」が挙げられます。

茹でたベースパスタにゴマ油、めんつゆ、納豆、大葉、ミョウガを好きなだけかけて混ぜ合わせて食べる、というシンプルなものです。

全粒粉やチアシードなど穀物由来の香ばしさ、うま味成分として用いられる昆布のコクに合う食材を取り合わせると美味しく食べられるでしょう。

またゆで汁に溶けた栄養も逃さず食べられるように、スープパスタ風にすると効果的です。

牛乳トマトジュースを用いてベースパスタを茹でて、具材を別で炒めてのせたり、粉チーズをかけたりするのがおすすめです。

相性が良い素材としては、トマトやキムチのように酸味や辛味など味が尖ったもの、牛乳やチーズのように味をまろやかにするものを用いると、食べやすくなります。

自分好みの味を探すのもおすすめ

ベースパスタの公式サイトから「BASE PASTA COOK」という、ベースパスタのレシピを個人が自由に紹介できるサイトが開設されています。

味付けや材料から検索ができるほか、デイリーランキングをチェックして人気の味付けを探すのも良いでしょう。

ベースパスタの口コミ・評判はどう?まずいって本当?

ベースパスタの口コミについて、公式サイトやネット、SNSなどを調べてみました。まず、美味しかったとする口コミを紹介します。

口コミ
・モチモチとした食感に昆布のコクが合わさり、おいしい
・食物繊維が豊富で腹持ちも良く、1袋の半分で満腹になる
・思っていたよりクセがなく、栄養をしっかり摂れているからか体調が良い

満腹感や味の良さ、栄養面のサポートを実感する口コミがみられました。

しかし「まずい」という意見があるのも事実です。個人の好みや、一般的なパスタとは異なる食感から苦手意識を持つ人もいます。

口コミ
・もっさりとした食感の麺で食べづらい
・薄味のパスタソースと合いづらく、付属のソースはしょっぱくて食べられない
・麺の風味が具に移って食べにくくなってしまった

全粒粉や雑穀の風味が苦手な人は、苦手意識の方が勝ってしまうこともあるようです。

ベースパスタ自体のナトリウム量は非常に少ないものの、ソースの方は味が濃く、普通のパスタに合わせても美味しい仕上がりという意見もみられました。

和風ソースは高評価!

「ベースパスタは苦手、でも和風のソースは美味しい」という口コミも見られました。

ソースのバリエーションは豊富で、トマトベースのポモドーロ、中華風のあんかけソース、濃厚えびクリームソース、ジェノベーゼソース、焼きそばソース、台湾混ぜそばソースがあります。

台湾混ぜそばソースや焼きそばソースは人気も高く、具材も加えやすい味付けです。

それぞれ、合成着色料や人工甘味料、合成香料不使用で、カロリーや塩分も控えめです。

口コミを合わせると、普通のパスタとして食べるには難しく、人によって合う合わないが激しいことが分かりました。

また食べるときの手間を考慮すると、COMPプロテインのような手軽さをイメージしている人には時間がかかりすぎるように感じられると考えられます。

まずは980円のベースパスタのお試しセットを購入し、手間や味付けを実際に確かめたうえで、定期購入することをおすすめします。

ベースパスタはどんな人におすすめ?

おすすめなのは「1日の中で1食だけでもバランスが整った食事にしたい」「可能な限り手軽に栄養バランスを整えたい」「メニューを考えるのが面倒」という人です。

1食で1日の1/3の栄養素を補うことができ、中でもナイアシンパントテン酸、ビタミンB1、ビタミンB6ビタミンE葉酸カリウムについては1日分の栄養を摂取できます。

1日1食ベースパスタに置き換えるだけでも、今までより健康を保ちやすくすることは可能です。

またサプリメントで栄養を補う必要性が減るため、経済的にもお得とも考えられます。

ベースパスタだけで生活?ベースフードキャンプとは?

ベースパスタ公式では「1カ月のうち20食をベースパスタに置き換えて生活」する、ベースフードキャンプというプロジェクトが定期的に行われています。

2019年1月のプロジェクトでは、1月3日から18日までが応募期間、商品到着後、3月3日までの間にベースパスタを食事にとりいれるというスケジュールで実施されています。

参加応募や商品購入が必要になりますが、Twitter上に特定のハッシュタグをつけて投稿すると、管理栄養士やベースフード公式からコメントがもらえます。

また通常の20食購入よりさらに10%お得な税込7,020円で購入でき、オリジナルレシピブックや電子レンジ調理用の容器、ラーメンスープ4食分などがついてきます。

食べ物を制限するのではなく、きちんと食べて体を整えることを目的としたプロジェクトであり、誰かと目的を共有することで継続しやすくなっているのが特徴です。

プロジェクトへの申し込みは定期的に行われているため、公式サイトをその都度チェックしておくと良いでしょう。

ベースパスタの販売店舗は?ローソン、Amazonや楽天で購入できる?

ベースパスタの購入は、公式サイトもしくはナチュラルローソンがおすすめです。

Amazonや楽天ではベースパスタの販売はなく、あったとしても転売の可能性が高いため、おすすめできません。

ナチュラルローソンでは、即席麺タイプの「ベースパスタクイック」を購入できます。1パックから購入可能で、店舗が近くにある場合はすぐ試せます。

ただナチュラルローソンでも、店舗によってはないこともあります。確実性をとるのなら、公式サイトからがおすすめです。