青汁とプロテインはどっちがダイエットに効果的?おすすめメーカーも紹介!

青汁とプロテインにはそれぞれダイエット効果がある?

青汁プロテインは、いずれも健康に良いというイメージが強い商品ではないでしょうか。

ここでは、青汁とプロテインのそれぞれのダイエット効果についてお伝えします。

青汁のダイエット効果

青汁は、大麦若葉やケール、明日葉などの栄養豊富な野菜を使用した商品です。

水などの水分にサッと溶かすだけで、野菜の栄養や食物繊維を手軽に摂ることができるのが魅力です。

青汁に含まれる成分の中でも、食物繊維はダイエットに向いた成分です。

食物繊維は腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にして便通を整えたり、血糖値やコレステロール値の急上昇を抑えたりします。

つい食べ過ぎてしまうという人は、食前に青汁を飲んでみましょう。

食前に飲むことで腹持ちが良くなり、また、糖や脂肪の吸収が穏やかになるため、食べ過ぎを防ぎます。

青汁は、普段からお通じが滞りがちな人、野菜不足を自覚している人、つい食べ過ぎてしまう人などに向いている食品といえるでしょう。

プロテインのダイエット効果

プロテインとは、たんぱく質を指します。

たんぱく質は、皮膚や髪、筋肉などの原料であり、欠かせない栄養素のひとつです。

ダイエットのために運動をする人は多いでしょう。

運動をすると筋肉の量が増え、筋肉量が増えると全身の代謝が上がります。

健康的に痩せるためには、十分なたんぱく質を摂った上で運動をし、しっかりと筋肉を付けることが大切です。

しかし、たんぱく質を食事のみで摂ろうとすると、摂取カロリーが高くなりがちです。

たんぱく質は、肉や魚、卵、乳製品、豆類など、カロリーが高めな食品に多く含まれる傾向があるためです。

カロリーを抑えたうえで、しっかりとたんぱく質を摂ることができるのが、プロテインの利点です。

プロテインの原料となるのは牛乳や大豆などです。

牛乳由来のものはホエイプロテイン、カゼイプロテイン、大豆由来のものはソイプロテインと呼ばれます。

それぞれ、体への吸収スピードが異なったり効果が異なったりするため、ライススタイルや運動の強度などに合わせて選ぶことが大切です。

運動の直後に飲むには、吸収が早いホエイプロテインが良いでしょう。

運動直後のプロテイン摂取により、運動によりダメージを受けた筋繊維の修復や、筋肉の分解の予防につながります。

ダイエット目的でプロテインを選ぶ人は、ゆっくりと吸収され腹持ちが良いカゼイプロテインやソイプロテインがおすすめです。

その中でも大豆由来のソイプロテインには、女性ホルモンに似た構造を持つ大豆イソフラボンが含まれます。

大豆イソフラボンには、肌を美しく保つ、骨を強化する、脂肪の代謝を促進するなどの働きがあります。

プロテインの中でもソイプロテインは、健康的にダイエットしたい人に特に向いているといえます。

青汁とプロテインを飲むならどっちの方がダイエットできる?

青汁とプロテインでは、どちらがよりダイエットに向いているのでしょう。

先にもお伝えしたように、青汁は便秘の改善や食べすぎの予防に、プロテインは筋肉を付けるためにそれぞれ役立ちます。

そのほか、青汁、プロテインはともに脂肪の代謝を促す成分を含みます。

便秘を改善して体内の老廃物をすっきりとさせることも、運動によってしっかりと筋肉を付けることも、どちらもダイエットには欠かせないことです。

そのため、青汁、プロテインはともにダイエットに向いているといえます。

青汁とプロテインを飲むならどっちの方がダイエットできる?

青汁とプロテインを併用する効果、飲み合わせはどう?

青汁とプロテインはどちらも体にとってうれしい働きをするもの同士ですが、これらを併用する場合、飲み合わせに問題はないのでしょうか。

また、併用にはどのような効果があるのでしょう。

まず、青汁とプロテインの飲み合わせについてですが、特に問題はありません。

青汁とプロテインを併用しても健康を害するような作用はないため、安心してお飲みください。

青汁とプロテインを併用する効果についてはどうでしょう。

筋肉を付けようと運動に励む人は、プロテインをはじめたんぱく質を積極的に摂ろうと意識するでしょう。

たんぱく質でお腹が満たされてしまい、野菜など食物繊維を含むものが不足すると、便秘を招いてしまう可能性があります。

青汁をプロテインと混ぜることで、野菜に含まれる食物繊維やビタミン、ミネラル酵素などを手軽に補給することができます。

野菜を十分に摂れていない人、便秘がちで困っている人は、プロテインと青汁を併用することをおすすめします。

青汁とプロテインは、牛乳や豆乳を混ぜると飲みやすい味になる?

青汁とプロテインの組み合わせはおすすめですが、更に栄養価の高い飲み物にするためにおすすめなのが牛乳や豆乳との組み合わせです。

牛乳は動物性たんぱく質やカルシウムが豊富で、何よりまろやかな味が特徴です。

豆乳は植物性のたんぱく質や大豆イソフラボンなどの成分を含み、低カロリーでさらっとした味わいが特徴です。

豆乳や牛乳と混ぜることで、青汁の風味が和らぎ飲みやすくなるため、青汁が苦手な人でも取り組みやすいでしょう。

また、牛乳や豆乳と混ぜる場合、その分のカロリーが増すという特徴と、プロテインの吸収が比較的ゆっくりしたものになるという特徴があります。

そのため、トレーニング直後に速やかにプロテイン補給をしたい時には水で溶かすのをおすすめします。

牛乳や豆乳と混ぜる飲み方は、ゆっくりと吸収されるため、腹持ちが良くなります。

食事や間食の代わりとして摂ったり、夜寝る前などのプロテイン補給として摂ったりするのに向いています。

朝食に最適?青汁プロテインの飲み方

青汁とプロテインの組み合わせは、朝食にピッタリです。

朝起きて最初の食事である朝食は、バランス良く、しっかりと摂りたいものです。

しかし、朝は比較的バタバタと忙しくなりがちですので、できるだけ効率よく栄養補給をしたいですね。

青汁とプロテインを、先ほどご紹介したように牛乳や豆乳で割って飲むだけで、栄養のバランスがぐっと良くなります。

また食前に豆乳プロテインを飲んで朝食を摂ることで、食後の血糖値の上昇が緩やかになり、食べすぎも防いでくれます。

時間がない朝や、ダイエット目的で食事のカロリーを抑えたい場合は、青汁プロテインの牛乳や豆乳割りで一食を置き換えてもよいでしょう。

好みでヨーグルトやバナナ、きな粉、はちみつなどを加えてボリュームを出すと、更に腹持ちが良くなり、味もよく満足できる飲み物になるのでおすすめです。

青汁プロテインのおすすめメーカーは?味と口コミを解説

青汁プロテインのおすすめメーカーとその商品をご紹介します。

利用者の口コミも併せてご紹介しますので、参考にしてください。

毎日の一杯でしっかり栄養!glovy 青汁プロテイン

glovyは、SDエンターテイメント株式会社の商品です。

glovyブランドは、フィットネス部門であるSDフィットネスが運営するウェブショップで販売しています。
プロテインのほか、燃焼系サプリメントなども取り扱っています。

プロテインは大きく分けてベーシック、スイーツ、青汁入りの3種類があります。

ベーシックタイプは、ホエイプロテインを使いしっかりとたんぱく質補給ができるタイプであり、ダブルベリー、ミックスココア、カフェオレから味を選べます。

スイーツタイプは、ソイプロテインをメインにしたプロテインパウダーに抹茶やキャラメル風味を加え、スイーツ感覚で楽しめるプロテインです。

青汁プロテインは、ホエイプロテインに大麦若葉、ケール、さつまいも、ほうれん草、かぼちゃ、人参などの国産野菜を使用したミックスパウダーを配合した商品です。

牛乳由来のたんぱく質のほか、11種類のビタミン、8種類のミネラル、食物繊維を摂ることができます。

そのため、野菜不足が気になる人、たんぱく質の摂取が不足しがちな人におすすめです。

青汁プロテインの口コミをご紹介しましょう。

口コミ
・筋肉量を増やすために飲むプロテインというより、一般の人が健康維持のために飲むプロテインという印象。青汁入りで健康には良いと思う
・人にすすめられて購入。プロテインぽくなく、とても飲みやすい。栄養満点のようなので、食事が偏りがちな自分には合っていると思う
・ビタミン、ミネラル、乳酸菌、食物繊維が入っており成分としてはとても健康に良さそうだがプロテインとしての効果はやや物足りないように感じる

体づくりと野菜不足をダブルでサポート!日本薬健 プロテイン×青汁

日本薬健は、金の青汁シリーズなど国産原料にこだわった青汁商品でおなじみのメーカーです。

そんな日本薬健から発売されているプロテイン×青汁は、管理栄養士や健康運動指導士監修のもと生まれた青汁入りプロテインです。

無農薬で育てた九州産の大麦若葉の粉末と、余分な脂肪分を取り除きたんぱく質含有量を高めた大豆由来の植物性たんぱく質を使用しています。

飲みやすいヨーグルト風味に仕上げており、青汁やプロテインを始めて飲む人にもおすすめです。

口コミ
・ヨーグルト風味のおかげで、ジュースのようにごくごく飲める。乳製品で割るとコクが出て腹持ちが良く美味しい
・カロリーが低めなので、食事のお供に飲んでも気にならないのが良い。気軽に栄養補給として取り入れることができる
・健康のために購入した。安く購入でき、味は飲みやすく美味しい。もう一度リピートしたいと思っている

ヘルシーな毎日をサポート!ユーグレナ 巡り青汁プロテイン

株式会社ユーグレナは、植物と動物の両方の性質を持つ藻の仲間であるユーグレナ(ミドリムシ)の力を生かした商品作りや各種事業に取り組む会社です。
健康食品、化粧品の開発、販売のほか、健康・遺伝子検査サービス、バイオ燃料活用計画など幅広い取り組みを見せています。

ユーグレナから発売されているプロテインには2種類あり、いずれも石垣島産のユーグレナを使用しています。

ユーグレナには、野菜、肉、魚の持つ栄養素がバランスよく含まれており、その数はなんと59種類といわれます。

ユーグレナでは、美筋プロテイン、巡りプロテインの2種類のプロテインを取り扱っています。

美筋プロテインは、ソイプロテインにコラーゲン、ユーグレナを配合し、運動に取り組みながら健康的に筋肉を付けたい人向けの商品です。

巡りプロテイン青汁は、大麦若葉粉末とソイプロテイン、ユーグレナを配合した青汁入りプロテインであり、ミックスフルーツ風味で飲みやすく仕上げてあります。

ゆえに、バランスの良い食事を目指す人、体のめぐりを整えたい人、健康的な毎日を送りたい人向けのプロテインです。

巡りプロテイン青汁の口コミをご紹介しましょう。

口コミ
・粉末のプロテインがもともと苦手で、この商品も若干プロテインのにおいは感じるが、バナナ風味がしっかりとしており飲みやすい
・青汁の味をイメージしていたが、バナナの風味が強く青汁の味はほとんど感じない。ミックスジュースのようで青汁より腹持ちが良い
・プロテインとしてはたんぱく質の量が少なめだが、青汁単体で飲むのに比べてたんぱく質補給ができるので良い。牛乳で割ればたんぱく質がプラスされさらに良いと思う

亀田史郎氏監修!株式会社星ノ屋 亀田家の青汁×プロテイン

亀田家の青汁×プロテインは、株式会社星ノ屋から発売されている商品です。

ボクシングの指導者として知られ、自身の息子たちを世界チャンピオンに育て上げた亀田史郎氏が監修する青汁プロテインです。

ホエイとソイ両方のプロテイン、大麦若葉をはじめ6種類の国産野菜を使用した青汁、16種類の果物、106種類の植物発酵エキスのほか、乳酸菌やコラーゲンなど材料がふんだんに使われています。

筋肉量を増やしたい人はもちろん、ダイエットのために食事置き換えとして使用したい人にもおすすめです。

口コミ
・減量しながら筋肉を付けたくて購入。栄養もたんぱく質もしっかりと摂れるため一食置き換えにしている。飲むようになってから毎朝スッキリと起きられるようになった
・痩せやすくなるにはプロテインが必要だと聞き購入。すぐに作れ、味もヨーグルト味で美味しく、毎日続けることができている
・ダイエットの為に食事置き換えの形で利用している。溶かすだけでサッとでき面倒な手間がいらないせいか、ダイエットがなかなか続かなかった自分でも続けられている

キレイを作る青汁プロテイン!mam GREEN PROTEIN DIET

栄養不足、特にタンパク質が不足し筋肉量が低下すると、なかなか健康的なダイエットには結びつきません。

しかし、筋肉を維持したり付けたりするのに必要なたんぱく質を全て食事から摂るのは、食事の量が増えたりやカロリー過多になったりしてなかなか困難です。

そんな時に役立つのが、mamのGREEN PROTEIN DIETです。

GREEN PROTEIN DIETは、ホエイとソイの両方のプロテインを使用しており、筋肉を付けたい人にもダイエットしたい人にもどちらにも向いています。

そのほか、大麦若葉の青汁、乳酸菌、オリゴ糖、5種類のパワーフードを使用しており、食事量が減ったり食事のバランスを崩しがちなダイエット中の栄養補給もしっかりできます。

ティラミス風味で、スイーツ感覚で楽しめる商品です。

口コミ
・包装が可愛らしいので、持ち歩いてもプロテインぽくなくおしゃれなのが良い。不規則な食生活で髪や肌の状態が良くなかったが、飲み続けたら体調も肌の調子も良くなり減量にもつながった
・人工甘味料や保存料などの添加物を使用していないのが良い。海外のプロテインは味が強いものが多いが、日本製のこの商品は甘さ控えめで飲みやすく、青汁も一緒に摂れるので理想的
・食事置き換えとして利用している。味がとても美味しく、特に牛乳で割るとスイーツ感覚で楽しめる。欲を言えば、味のバリエーションがもっと増えると良いと思う

青汁とプロテインの組み合わせは、筋肉を付けつつ健康的にダイエットをしたい人に向いた組み合わせだということが分かります。

食事置き換えとして利用できる商品も多く出ています。

各メーカーともにこだわりの青汁プロテインを発売していますので、原材料や味などをよく確認し、自分にピッタリの青汁プロテインを見つけてみましょう。