プラセンタサプリメントのおすすめ3選!メリットや選び方は?

プラセンタサプリメントとは?

プラセンタサプリメントとは、哺乳類の胎盤を原料として作られた健康食品のことです。

胎盤はお母さんとお腹の中の赤ちゃんを繋ぐへその緒(臍帯)と、お母さんの体そのものをつなげあう器官です。赤ちゃんに酸素や栄養を渡したり、血液やたんぱく質の生成、ホルモン分泌など様々な役目を担っています。

日本での活用の歴史は古く、第二次世界大戦末期、プラセンタを含む経口栄養剤が開発されてお母さんの母乳の分泌を改善したり、赤ちゃんの死亡率を改善したことから、長年研究が重ねられています。

このプラセンタには様々な栄養成分が含まれており、これを効率よく摂取できる健康食品という位置づけにあるのが、プラセンタサプリメントです。

その成分は必須アミノ酸をはじめとして、150種類以上にのぼると言われています。主に牛や豚、馬、羊といった哺乳類由来のものが使用されています。

人間由来のものは医薬品として活用されており、更年期障害と乳汁分泌障害に有効として「メルスモン」、肝機能障害の改善に「ラエンネック」という医薬品が製造され、使用されています。

こちらはそれぞれ皮下注射で使用することが前提で、実際に飲むわけではありません。

また美容外科や形成外科、歯科領域においても、プラセンタを局所注射することで、傷の早期治癒効果が期待できるとして、自己負担ではありますが使用されています。

プラセンタサプリメントのメリット・特徴とは?

化粧品に活用されるプラセンタは、肌のきめや毛穴、皮膚炎症の改善、メラニン生成の抑制などいわゆるアンチエイジング効果がある可能性から研究が進められています。

一方、プラセンタサプリメントのメリットとしては、アミノ酸やたんぱく質など様々な成分を摂取できることが挙げられます。美容や女性の健康に効果的とする意見もあります。

ただこれらはまだ、本当にそうした効果が得られるかどうかについては、分かっていないことが多いのも事実です。

本当にプラセンタサプリメントは必要?

人由来のプラセンタには、高い美容効果や肌質改善、疲労回復、ホルモンバランスを整えるといった効果があるとされます。

しかしそれ以外のプラセンタは、本当にこれらの効果を得られるのかはまだ十分な臨床研究がなされておらず、馬や羊など哺乳類の種類によって効果が異なるかどうかは定かではありません。

またどんな成分がどれだけ含まれるのか、含有量がいまだに分かっていないため、サプリメントを摂取するときにチェックしたい成分面が分からないこともあります。

有効成分が不明であることに加え、あったとしても消化管で分解されてしまう可能性が高く、実はそこまで積極的に摂取する必要性がないサプリメントです。

プラセンタサプリメントの副作用とは?

安全性についても気になる点が多く、プラセンタ製品を経口摂取したことで、健康被害が起きたケースが日本国内だけでなく、海外でもで報告されています。

プラセンタを含む健康食品やサプリメントを摂取したことで、薬剤性肝炎や肺炎、接触性皮膚炎や、2001年にはアトピー性皮膚炎の悪化ケースも報告されています。

プラセンタ入りの化粧水で、全身に浮腫などを発症したという報告も見られています。

また特定商取引法に違反している業者が取り締まりを受けたり、基準値以上の安息香酸が含まれるものが見つかったり、問題のあるサプリメントも多いのが特徴です。

婦人科でも使用しているところはある?

このように危険性の指摘があるのを見ると、婦人科や美容外科などではどのような扱いになるのか、医師の見解について気になる人も多いかもしれません。

実際、産婦人科や婦人科、美容外科で、プラセンタサプリメントを扱っていることもあります。

市場には出ず、医療機関のみ取り扱われるメルスモンプレミアムカプセルなどがその筆頭です。

プラセンタサプリメントを使うことを、プラセンタ注射に抵抗がある場合や、通院の間隔が開きやすい場合におすすめしていることもあります。

そのため、医師によって見解が異なります。効果がはっきりしているプラセンタ注射はおすすめしても、サプリメントに関しては否定的な場合もあります。

研究結果としてプラセンタエキスが体に有効的に働いた、というものはあっても、その実験で得られた効果と同じ効果が、どのサプリメントからでも得られるかどうかは分かりません。

そのためプラセンタサプリメントを使用する際には、とりわけ冷静に判断し、安全性を厳しく自分の目でチェックし、必ず納得したうえで購入することをおすすめします。

プラセンタサプリメントの選び方は?

まず、原材料に注目しましょう。一番避けたいのは安全性が不明確であり、何の胎盤を使っているか分からないサプリメントです。

プラセンタ以外の原材料が分からない、どこで製造されているか不明確、サポートセンターなど相談できる窓口がないサプリメントも避けた方が良いでしょう。

日本国内では狂牛病(BSE)の危険性を避けるために、牛由来のプラセンタを製造する、販売する行為は禁止されています。

しかし海外産のプラセンタサプリメントにはいくつか存在するため注意しましょう。

羊の場合はBSE(狂牛病)の発生がないオーストラリアやニュージーランド産が、安全度が高いとされます。

日本のプラセンタサプリメントの多くには豚プラセンタが使われていますが、日本SPF豚協会が定めた特定の豚から採取された豚プラセンタが、安全度が高いものとして知られています。

馬プラセンタは、馬そのものが感染症に強く寄生虫が繁殖しにくいこと、予防接種をはじめ薬剤使用が少ないことから、安全性が高いと言われています。出産数が少ないため、高価なことでも知られています。

1つの目印として、(公財)日本健康・栄養食品協会の認定マーク「JHFAマーク」の有無をチェックしましょう。

既定の品質基準を満たしたプラセンタエキス純末を使用しており、品質管理や安全性試験もクリアしたサプリメントのみが認定されるためです。

魚の卵巣膜に由来する海洋性プラセンタや、植物由来プラセンタを含む、という名目で販売されるサプリメントもありますが、哺乳類の胎盤を使用したプラセンタサプリメントとは全く成分が異なります。

哺乳類の胎盤由来のサプリメントの効果を期待するなら、こうしたサプリメントは避けておきましょう。

プラセンタサプリメントはじっくりタイプ

プラセンタに関して、どのくらい摂取すればよいのか、あるいはどの程度までなら摂取してよいのかは非常に不明確です。

効果の確実性を期待するのであれば、人由来のプラセンタを使用しているプラセンタ注射が最も効果が高く即効性もあるためおすすめです。

一方で、効果があまり長く続かない、献血ができなくなるといったデメリットがあります。

じっくりと1~3か月時間をかけても良いのであれば、プラセンタサプリメントを丁寧に選んで摂取することで、目的とする効果を長期的に得られる可能性があります。

プラセンタサプリメントを飲むタイミングは?

プラセンタサプリメントの場合、飲むタイミングは特別決まっていないといえます。

たとえばビタミンCなど水溶性ビタミンは、体から排出されるスピードなど判明している点も多く、1日分を分けて、複数回摂取した方が良いとする意見もあります。

しかしプラセンタサプリメントの場合は、人によって効果を感じられるタイミングも異なる口コミも多く、夜に飲んだ方が良い、と感じる人もいれば、朝の方が良い、と感じる人もいます。

またいつ飲むべきか、という研究結果についても、調べた範囲では見つかりませんでした。

ただ一部の製品では、肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜10時から2時の間に効果が発揮できるよう、寝る前に飲むことをおすすめしているようです。

プラセンタサプリメントのFUWARIはどう?

コスパの良さや定期購入にすると50%OFFになる点、90日間の返金保証制度などがあることから人気のあるプラセンタサプリメントがFUWARIです。

また美容成分として抗酸化作用を持つビタミンEアスタキサンチンなどが配合されているのも、1つのポイントです。

ただ口コミを見る中では、長期間続けても効果を感じない人、5日程度で効果を感じる人など、差が大きいようです。

価格帯としてはプラセンタの中では非常に安い部類に入るため、使用を検討するのも1つの方法かもしれません。

プラセンタサプリメントのおすすめ3選!

安全度の高い、日本産のプラセンタサプリメントを3つ紹介します。

必須アミノ酸含有量の明記あり、クラシエ プラセンダイヤ

医療機関向けプラセンタ商品も手掛ける、クラシエの一般用プラセンタ商品です。ドリンクタイプのサプリメントで、ハトムギとクコの実が配合されています。

豚プラセンタエキス純末が300mg配合されており、1本あたりの価格は340円です。(公財)日本健康・栄養食品協会の認定つきです。

口コミ
・10日間お試しで飲んで肌のべたつきが改善された
・味に敏感な人は飲みづらいかも
・肌のもっちり感がアップした

プラセンタエキス末のみ摂取できる、日本メディカル Tp200next

原材料表記がプラセンタエキス原末のみという、ほかに混ぜ物のないサプリメントです。1粒ずつを専用アルミ包装し、品質管理にもこだわっています。(公財)日本健康・栄養食品協会の認定つきです。

定期コースはいつでも解約可能なため、継続利用もしやすいのが特徴です。またドリンクタイプにありがちな臭みが苦手な人にもおすすめです。

使用されているプラセンタはサラブレッド由来のものであり、馬プラセンタを摂取したい人におすすめです。

口コミ
・朝の目覚めが楽になりました
・飲み始めて数週間ですが、くすみが明るくなりました
・旅行にも持ち運びやすくて便利

全額返金制度あり、KIMEHADA 馬プラセンタ

初回注文に限り、1か月間の全額返金保証制度が付いてくる馬由来のプラセンタサプリメントです。プラセンタのほか、コラーゲンやヒアルロン酸を含みます。

味や臭いを軽減しているため、飲みやすいのが特徴です。お得な価格のトライアル品もあるため、気になる人はトライアルから始めてみると良いでしょう。

口コミ
・疲労感がなくなる
・しばらくして肌の調子が良くなった
・体の疲れも楽になったし、肌が明るくなった

ドラッグストアでも買えるプラセンタサプリメント

ドラッグストアにおいてあることが多いプラセンタサプリメントについて調べてみました。

気軽に手に取れる、DHC プラセンタ

プラセンタエキス3,600mgが1日当たり40円程度で飲める、DHCのサプリメントです。

国産のSPF豚由来のプラセンタ濃縮末が使用されており、ソフトカプセルタイプで小粒なので、飲みやすいのも特徴です。

なおDHCにはより高濃度のプラセンタが配合されたサプリメントもあり、直営店や公式通販サイトで購入可能です。

口コミ
・やや肌がモチモチしてる気がします
・乾燥に効く、かも

DHC(ディー・エイチ・シー)

コラーゲンも同時に摂れる、ディアナチュラスタイル プラセンタ×コラーゲン

豚プラセンタエキス末が146mg、コラーゲンが1,000mg、ヒアルロン酸1mgが配合されているサプリメントです。

コラーゲンなども一緒に摂りたいと考える人は、候補に入ると考えられます。

口コミ
・つや感があります
・変な味もないので良いです

ディアナチュラ
¥918 (2019/10/14 14:47:28時点 Amazon調べ-詳細)