相続・終活って難しい・・・。

けど、子どもは微力だけど無力じゃない。

私の父と父の兄は絶縁状態でした。

年賀状も送らず、電話もせず、言葉も交わせない

そんな状況が20年ありました。

父が70代を迎えたとき思いました。

このまま会話もできない目を合わせられない状態で

最期を迎えていいのだろうか?

父は東京、叔父は地方に住んでおりきっかけがありませんでした。

私の妻の実家がたまたま叔父の家から車で1時間のところだったんです。

顔を出し、少しずつ少しずつ僕と叔父の関係を作っていきました。

それから私が妻の実家に帰るたびに叔父のところに

握手している父と叔父を見たとき

それからおよそ5年かかりましたが、叔父の家を訪れ、

「少しだけ親孝行ができたな」と思えました。

父と叔父を絶縁状態にしたのは「相続」でした。

どちらが悪いということではなく、

それぞれがそれぞれからの視点で物事を捉えて

行動を起こした結果、お互いが信頼できない状態に

なってしまったようです。。。

相続問題とは本当に十人十色、十家十色の事情や

問題があるもので、その解決策は一通りではないものです。

私は上記の経験を経て、笑顔で相続がなされることに

貢献ができないか?と考えるようになりました。

そこで取得したのが「相続診断士」という資格です。

民間資格ではありますが、4万人以上の会員を持つ資格です。

「相続診断士」の基本理念は「笑顔相続に貢献する」です。

知らなかった、わからなかった、自分ではできないを

少しでもなくし笑顔で相続が行われる社会にしたい

と考えてこのサイトを立ち上げました。

このサイトですべてが解決されるとは思っていませんが、

このサイトを通じて解決の糸口を見つけられる方が

一人でも増えれば幸いです。

相続終活がわかる見つかる解決する

「ここある」をよろしくお願いいたします。

TOP