介護職を1日、1週間で辞めた体験談、理由を集めました!

「介護業界は離職者が多い」「すぐ辞める」は本当か?

介護業界では離職する人が絶えないイメージをお持ちの方が多いと思います。

しかし、介護職員全体の離職率は他の業界と比較して際立って高いわけではありません。厚生労働省が発表した「介護労働の現状」という資料によれば、常勤労働者に関して、全産業における離職率は12.4%、介護職員の離職率は16.8%となっていてやや高い程度の水準です。他にも離職率が高い業界は複数あります。

参考 介護労働の現状厚生労働省

では、なぜ離職者が多いイメージがあるのでしょうか。

それは、1ヶ月など就職から短い期間で辞めてしまう、場合によっては1週間、1日で辞めてしまう方が一定数おり、そのインパクトが大きいからと言われています。

介護業界における転職の失敗全般については以下の記事でまとめています。

介護の転職で失敗しない・後悔しない秘訣を解説!体験談や事例も紹介
執筆者情報
株式会社スタルジーの代表の飯塚です。前職では介護業界の求人事業や人材紹介事業(どちらも業界トップクラスのシェア)を行っていた東証一部上場企業に務めておりましたので、介護業界の転職に関してはプロフェッショナルです。今までの経歴を活かして、介護職の方々のためになるこの記事を執筆しております。

1日で辞めてしまうケース

介護業界では、すぐに現場に配属され予想を上回る大変さを体験して、1日で辞めてしまうというケースも少なくありません。

勤務1日目でやることとは?

どのようなことを体験して辞めたくなってしまうのか、まずは介護士として就職して1日目には何をするのかご紹介します。

そもそも介護の仕事には、直接介護と生活援助があります。

直接介護とは、文字通り利用者を直接サポートする業務のことで、トイレやお風呂、食事の介助、立つ、寝る、移動するといった基本的な動作の援助が挙げられます。

生活介護とは、清掃、洗濯、食事作り、買い物など、身の周りのサポート業務のことです。

介護未経験の新人の場合は、1日目に直接介護を担当することは少なく、挨拶や施設のルールの説明、簡単な生活介護の業務で終わることが多いです。

しかし、前もって抱いていたイメージや面接の際に職場を覗いた時には分からなかった介護の現場を目の当たりにして想像以上に大変だと驚く人も多いのです。また募集要項に書いてあったこと以外にしなければならないことが多い職場でもあります。

実際に働いてみて分かる疲労感から、「これは続けられない」と見切りをつけてしまう方もいます。

介護職経験者の場合は、午前中に雑務を済ませた後はすぐに現場に入ることが一般的です。しかし、以前の職場とやり方や方針が違いすぎる、と感じて辞めてしまう方もいます。

また人間関係が原因で前職を退いた方は、前職と同じような違和感を覚えるとすぐに辞めてしまいがちです。

1日で辞めても大丈夫なのか

初日の勤務を終えて辞めたくなってしまった方は、「1日で辞めてしまってもいいのか」と悩むのではないでしょうか。

施設も採用費や時間をかけて採用したので1日で辞めてしまっては困りますが、止むを得ない理由がある場合は仕方ありませんし、モチベーションがないままダラダラ働き続けられるのは逆に迷惑です。

1日ですぐに辞めるということには悪いことばかりではありません。数日以内で辞める場合には、厚生年金や健康保険に加入していないため職歴になりません。

時間、職歴に関するロスを最小限に抑えることができるのです。

1日で辞めてしまった18歳女性Tさんの体験談

「自分にもできそう」と軽い気持ちで介護の仕事を始めようと思いましたが、完全に甘い考えでした。

高校卒業後なかなか就職先が決まらない中で、介護職の求人を見つけ応募することにしました。面接では職員の方も優しく、素敵な職場に見えたのでここでなら働けそうと思いました。職員の方にも、「Tさんの真面目な性格であれば、介護士も向いていると思うよ」と言っていただき採用していただきました。

やる気を持って出勤したのですが、先輩の仕事ぶりを見学させてもらうと「私には無理だ」と思ってしまいました。

排泄の介助など「ここまでやるのが介護士なんだ」という業務の連続で、帰宅後よく考えた結果辞めさせていただくことにしました。

両親に相談したところ、自分の甘い考えで応募しまったこと申し訳ないことを伝え、他の新人の方の士気が下がらないように上司の方だけに話しなさい、とアドバイスをもらいました。

翌日、支給されたユニフォームやロッカーの鍵を持って、辞意を伝えにいきました。

慣れない介護職の仕事はストレスが溜まる

就職ばかりの方はなれない介護職の仕事にストレスを感じているのではないでしょうか。

介護職は業務の大変さに加え、人間関係に悩んでいる人も多く、ストレスを溜め込んでいる人が多いと言われています。

こちらの記事では介護職のストレスについて解説しています。

介護職のストレスが限界!精神疾患、精神を病んだ方の体験談も紹介

1週間、1ヶ月で辞めてしまうケース

1週間〜1ヶ月など短期間働いて辞めてしまう方は、他の職員の方の対応や人間関係に問題があり辞めてしまう方が多いです。

前出の厚生労働省が発表した「介護労働の現状」によれば、もっとも多い離職理由は、「職場の人間関係に問題があったため」で、24.7%にもなります。

介護職を辞めたい理由は人間関係!体験談ではおばさんが悩みの種?

当サイトが行なったアンケートでも人間関係が退職理由の第3位となっています。アンケートの詳細については以下の記事をご覧ください。介護士の転職全般について解説していますので、「まだ就職したばかりだけれど辞めたい」と考えている方にも役立つ記事となっております。

やってられない介護職から転職した体験談!辞めたいが辞めてよかったに!

特に比較的短期間で辞めてしまう方は、右も左も分からない状況なのに何も教えてくれず、利用者からも信頼されず孤立してしまうパターンが少なくありません。

1週間で辞めてしまった26歳女性Kさんの体験談

他の業界で働いていたのですが専門学校に入り直し介護福祉士の資格をとって、ある介護施設にて働き始めました。

何より驚いたのは、勤務初日からほとんど何の指示もなく現場に配属されたことです。先輩社員から言われるのは「〇〇さんの入浴介助して」「〇〇さんが呼んでるから対応して」といった何をしてほしいかの指示だけです。

いくら学校で研修をしてきたといっても現場での介助は勝手が違いますし、利用者の名前や要介護度も分からなければ、施設の設備も分かりません。

職員の方は皆忙しそうで、何か聞いても丁寧に教えてくれません。もちろんオドオドした対応になってしまうので利用者の方にも信頼してもらえない始末です。

圧倒的に人手が足りていないようで、お昼休憩もなければ、初日から2時間のサービス残業です。

1週間経っても何も分からないままでしたので、辞めることにしました。現在は他の施設に移って働いており勤続3年目になります。

やはり最初の施設が異常だったようで、転職先では最初の2ヶ月は先輩職員が教育係についてくれましたし、雇用契約通りの勤務時間で働くことができています。

私のように運悪くひどい環境の施設に入ってしまった方は、自分が頑張るべき環境なのか、施設側に問題があるのか、しっかり見極めてほしいと思います。

転職を考えている介護職の方へ

転職をしたいと思っていても、「自信がなくて転職に踏み切れない」「どうすれば満足できる転職ができるのかわからない」という方は以下の記事を参考にしてください。

介護業界内での転職を考えている方には以下の記事がおすすめです。

介護職の転職理由、志望動機の伝え方、介護士の転職先の選び方を解説

異業種への転職を希望している方には以下の記事がおすすめです。

介護職・介護士を辞めて異業種に転職できた体験談を紹介!

すぐに辞めてしまう方の特徴

介護施設で働く人の意見を聞くと、すぐに辞めてしまう方には特徴があることが分かりました。特に言及されることが多かった3つの特徴を紹介します。

コミュニケーション能力がない

介護士は、同僚、利用者とも密にコミュニケーションを取る必要があります。

同僚とはチームワークと高めるために信頼関係を築く必要がありますし、利用者とはこの人にサポートしてもらいたいと思ってもらう必要があります。

体力がない

見た目以上にハードな介護の現場では、人並み以上の体力が必須になります。

短い期間で辞めてしまう方の中には、それぞれの業務をすることには問題がなくても、体力的に限界がきて体調を崩した後、そのまま職場に来なくなってしまうということが少なくありません。

覚えが悪い

十分な研修の時間が取れない施設も多いため、短期間ですぐに戦力になることが求められます。

どんな場合に危険な状況が発生するかを予測する危険察知能力を、少ない経験から学んでいくことも必要です。

覚えが悪い場合には、先輩社員の風当たりも強くなり、人間関係もうまくいかなくなる悪循環に陥りがちです。

介護施設側にも責任がある

前述したように、すぐに辞めてしまう方に原因があるケースもあるでしょう。

しかし、すぐに辞めてしまう職員を生んでしまう介護施設側にも責任があるのです。それは、離職率の低い施設も存在していることからも分かります。

新人への要求が高い

人手が足りない場合には、十分な教育をしていないのにも関わらず、新人に対する要求が高くなりがちです。

周りの新人と比較して遅れをとってしまうと、強く当たってしまうケースも多いです。

雇用契約が守られない

働き始めた当初から、サービス残業、雇用契約を超えた日数の夜勤が課される場合があります。

この場合、ブラックな労働環境が今後も続くことが予想されるため、転職を検討すべきと言えます。

就職から短期間で辞めたいと思っている方へ

逃げ癖がついてしまうのは問題ですが、即日辞職した後に就いた職場で何年も働いているという方は珍しくありません。たまたま職種や職場が自分に合っていないだけということは多いのです。

なぜ自分に合わない職場を選んでしまったのかということを振り返って、次の転職活動に活かすようにしましょう。